★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

タイヤが破裂寸前!?(前編)

偶然なのですが、タイヤのふくらみを発見しました。
これはタイヤが破裂(バースト)寸前!
早く交換しないとダメだけど・・・
訪問者数

タイヤが破裂寸前!?

緊急!
タイヤ破裂寸前。。。

昨日、タイヤの側面が膨らんでるのを発見しました。
ホント偶然でした。
たまたま街灯の下に止めて、
クルマを眺めてる時に発見しました。
フォレスター

インチアップでホイールやタイヤ選びをしている時に、
「タイヤの側面の1部分が膨らんでいる場合、バーストの恐れがあるため、早急に交換が必要です。」
という文を見ました。
それが頭に残っていたのです!

スポンサーリンク

タイヤをすべて交換!?

翌日、スバルに行って見てもらったら、確かに交換が必要とのこと。
純正で履いているタイヤは、
BRIDGESTONE POTENZA RE050A
サイズ:225/45R18

AWD車は、本来ならすべてのタイヤを交換がベストらしいです。
普通なら交換するのですが、
そういう訳でもなかったのです。

インチアップまであと2ヶ月なのに・・・

そうです。
インチアップ計画があり、
RAYS VOLK RACING G25
サイズ:19 8J 5-100 45
BRIDGESTONE POTENZA S001
サイズ:225/40R19

を発注しています。
その納期が、おおよそ1〜2ヶ月先のことです。 フォレスター
画像はRAYS G25ウェブカタログより。

つまりは、1〜2ヶ月先には、
履き替えたばかりの新品の18インチPOTENZA RE050Aがゴミになってしまう。。。
これはもったいない・・・

※純正18インチはスタッドレスにする予定です。。。

選択肢

選択肢は、
@1輪だけの交換

A格安タイヤを4本履く

Bスペアタイヤを履く

C(季節外れの)スタッドレスタイヤの購入

結局どうしたのか?

次回に続きます→続きはこちら

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.