★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

レガシィDIT ガナドールマフラー装着日記!(VRE-036)
(2.ガナドールP.B.Sを観察!)

レガシィDITにガナドールマフラーを装着しました!
品番はVRE-036
マフラー交換の時の作業風景を紹介します!
ガナドールマフラーを検討中の方、
また、マフラー交換作業を自分でやってみようかなと思っている方、
必見です!

訪問者数

ガナドール VRE-036装着日記

レガシィDITにガナドールマフラーを装着しました!
品番はVRE-036
マフラー交換の時の作業風景を紹介します!
ガナドールマフラーを検討中の方、
また、マフラー交換作業を自分でやってみようかなと思っている方、
必見です!

今回はガナドールマフラーのP.B.Sの構造を観察します!

この記事は前回からの続きです。
検索から来られた方は、
1.選んだ理由と梱包状態
もご覧ください!

レガシィ ガナドールVRE-036

スポンサーリンク

マフラーの観察

せっかくなので、マフラーの中ものぞいてみましょう。
まず、ガナドールのマフラーには、P.B.S(Power Boost SYstem)が搭載されます。
ホームページを見ても詳細情報が書いていないので、多分企業秘密なのでしょう。

大雑把に言うと、排気ガスを制御して、排気を促進し、パワーを出す装置のことです。
マフラーの流入部、サイレンサー部、テール部で合計3つに分かれたシステムの様です。

テールからのぞくと見えるのがガナドールの「P.B.S(Power Boost System)」のフィンです。
中にあるフィンで排気ガスの圧力変化を生み出して、排気を促進するパーツです。
サイレンサーの構造はフィンが邪魔で見えません。

レガシィDIT ガナドールVRE-036

少し角度を変えてみました。
それでも見えにくいですが、パイプに穴が開いていることが分かります。 レガシィDIT ガナドールVRE-036

参考に、レヴォーグにHKSの砲弾型マフラーを装着しているクルマを見せてもらいました。
暗くて見えにくいですね・・・

レガシィDIT ガナドールVRE-036

流入部には特に細工はないような気が・・・
この排気管のアールが良いらしいです。

レガシィDIT ガナドールVRE-036

外側からみるとこのような曲線になっています。
かなり急カーブですね。
これによって、純正エキゾーストとの接続部分での長さ面でのロスを小さくして、
砲弾型サイレンサーを長くすることができます。

レガシィDIT ガナドールVRE-036

別角度から。
レガシィDIT ガナドールVRE-036

次回はガナドールマフラーのこだわりについて

ガナドールマフラーのこだわりについてまとめます。

3.ガナドールマフラーのこだわり

前の記事:レガシィDIT ガナドールマフラー装着日記!(VRE-036)(1.選んだ理由と梱包状態)

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.