★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

アテンザとCX-5 最終減速比の考察
(1.概要と比較するグレード)

アテンザとCX-5。
アテンザとCX-5の最終減速比から、少しでもマツダのエンジニアの頭脳に迫ろう!

訪問者数

アテンザとCX-5 最終減速比の考察

アテンザとCX-5。
クリーンディーゼルテクノロジーで人気のあるアテンザとCX-5。
この2車種について、アテンザとCX-5の最終減速比の違いから、少しでもマツダのエンジニアの頭脳に迫ることを目的とした。

最終減速比の違いから、加速性能までを議論します。

フォレスター

スポンサーリンク

着目したのは最終減速比

なんでわざわざ最終減速比に注目したのか?
では、その理由から書いていきますね。

フォレスター

フォレスター

一般的な評価に疑問を持った。

何かで読んだ記憶があるのですが、
「アテンザはCX-5よりハイギア設定。ゆえに、アテンザの方がエンジン回転数が低いが、ディーゼルのトルクでそれすら感じさせない加速を行える。」
とのこと。

この部分に疑問を持ちました。
確かにディーゼルエンジンはトルクは太いですが、
あまりにも理由が単純すぎます。

フォレスター

マツダフラッグシップのアテンザに、こんな簡単な考え方が通用するのか???

フォレスター

選択したグレード

両車種で最高の条件で比較を行うために最軽量モデルを選択します。
CX-5と公平に比較を行うために、アテンザはワゴンを選択。
アテンザはディーゼルでは19インチが基本となっているため、CX-5も19インチ装着車にします。
さらに、CX-5の4WDは最終減速比が前後で異なりややこしいので、両車種FFで考えます。

まずはアテンザから。
スペックを見たところ、アテンザはディーゼルモデルでは、すべて車重が同じですね。
関係ないので、XD全体を通して、「アテンザのディーゼル車」と言うことにしておきます。
アテンザ ワゴン ディーゼル 19インチ 6AT 1540kg

フォレスター

次にCX-5です。
CX-5もディーゼル全体で車重は同じですね。
CX-5 ディーゼル 19インチ 6AT 1620kg

フォレスター

次回へ

次回は選択したグレードから、最終減速比の違いを考察し、加速性能の違いまで考えます。

タイヤサイズの差から考える

クルマの性能評価記事一覧

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.