★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

シビックタイプRとWRX STIの加速性能比較
(2.AT車の加速性能が馬力で決定される理由)

ホンダ渾身のシビックタイプRとスバルの象徴WRX STI。

320PSのハイパワーのFFと、308PSの安定性のAWD。

エンジン性能に着目して、加速性能を比較してみました。

今回はMT車ということで、A車にはないクラッチミートの瞬間までを考慮します。

内容が多く、かなり長編の傑作になりますが、少しずつ解明していきましょう。

訪問者数

シビックタイプRとWRX STIの加速性能比較

ホンダ渾身のシビックタイプRとスバルの象徴WRX STI。

320PSのハイパワーのFFと、308PSの安定性のAWD。

エンジン性能に着目して、加速性能を比較してみました。

今回はMT車ということで、A車にはないクラッチミートの瞬間までを考慮します。

内容が多く、かなり長編の傑作になりますが、少しずつ解明していきましょう。

今回は、なぜ「AT車」の加速性能が馬力で決定されれうのかについて、
また、「MT車」の場合には、なぜ馬力のみでは決定できないかについて考えます。

概要とMTの加速性能比較の難しさについては、

1.概要とMTの加速性能比較の難しさ

をご覧ください。

シビックタイプRとWRX STIの加速性能比較

スポンサーリンク

クラッチ部分伝達効率を無視すれば馬力で一意に決まる。

タイヤに伝わるトルクは、エンジン発生トルクがトランスミッションで増幅されて、
タイヤに伝わります。

シビックタイプRとWRX STIの加速性能比較

エンジンから始まり、トランスミッションを経てタイヤまで伝達されていくトルクは、次の式で表せます。

$ 伝達トルク=エンジン発生トルク×減速比 $

ここで、減速比は次の式で置き換えることができます。

$ 減速比=\frac{エンジン回転数}{トランスミッション出力回転数} $

そして、タイヤに伝達するまでの最終減速比まで考慮に入れると、
パワートレイン全体の減速比は、次の式で表すことができます。

$ 全体の減速比=\frac{エンジン回転数}{タイヤ回転数} $

したがって、タイヤに伝わるトルクは、次の式で表すことができます。

$ エンジン発生トルク×\frac{エンジン回転数}{タイヤ回転数} $

ここで、エンジン発生トルク×エンジン回転数は馬力であるため、タイヤへの伝達トルクは次の式で表すことができます。

$ タイヤへの伝達トルク=\frac{エンジン出力}{タイヤ回転数} $

タイヤ回転数は、車速により決定されるため、
最高出力を維持しながら加速することで、
その車速に応じた最大加速力で加速できることになります。
だからCVTは最高出力発生回転数一定で加速するのです。

この議論そのものは全く間違いじゃなんです。

シビックタイプRとWRX STIの加速性能比較

でも、MTの場合には、クラッチでの滑りまで状況に入ってくるのです。

0-100加速などは、エンジン回転数をレブリミットまで回してから、
強引に加速しますよね?

1速で、クリープぐらいの速度でクラッチが100%つながった状態で加速する人はいないでしょう。
この部分がややこしいのです。

逆に、ターボラグは考慮しなくても大丈夫ですね。
エンジンを振り回した状態でスタートするのですから、
AT車のようにターボラグなんてありません。

今回は、クラッチミートの瞬間までを考慮して、シビックタイプRとWRX STIの加速性能を比較します。

次回へ

次回は、エネルギー保存則から、
シビックタイプRとWRX STIの加速性能の比較を行っていきます。

→作成中です。

前の記事:1.概要とMTの加速性能比較の難しさ

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.