★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較(その2:常用域での加速特性)

トヨタを代表するセダン、
クラウンアスリート3.5L
マークX3.5L
トヨタのFRスポーツセダンの代表マークXと、
クラウンとしての高級感とスポーツ性能を併せ持つクラウンアスリート。
スポーツセダンという共通点を持つこの2車種。
どっちが速いか数値計算で決着をつけようじゃないか!

訪問者数

クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較

この記事では、
クラウンとマークXの加速特性比較
を行います。

まずは常用時の特性を比較しましょう!

検索から来られた方は、
クラウンとマークXの加速特性(概要)
もご覧ください!

最近は色とりどりなクラウンが登場しました。
おススメは空色です。
写真は茜色です。
フォレスター

スポンサーリンク

スペック見えるキャラクター

常用時の加速特性は、数値計算を行わなくても、おおよそ見当が付きます。

アスリート3.5Lのエンジン性能曲線。
フォレスター

マークX 3.5Lのエンジン性能曲線。
フォレスター

まず、エンジン性能に関して、クラウンアスリートの方がトルクがフラットです。
なので、伸びやかな爽快な加速が期待できるでしょう。
また、1速のギア比が大きいことで強力な瞬発力が得られるし、
8速のギア比が小さいことで、高速走行時のエンジン回転数を下げることで、
静かに、そして低燃費に走ることが可能になります。

まとめれば、
クラウンは、エンジンはリニアで扱いやすく、
そしてトランスミッションのギア比により、
発進時の強力な瞬発力と高速走行時の静かで低燃費な低回転走行

を実現していると言えます。

一方、マークXはトルク曲線がいびつですが、
エンジン本体のパワフル度で言えばクラウンより上です。

極端に言えば、
マークXは、少々扱いにくくても、エンジンが最大限のパワーを発揮できるセッティングになっている。

つまり、よりスポーツエンジンなのはマークX。
車重もマークXが80kg軽い。
軽くてパワフルだから速い。

本当に知りたいこと

しかし、本当に知りたいのは、
結局どっちが速いのか?
と言うことですよね?
フィーリングなんて関係なし。
真に速いクルマが欲しい。
ガチンコ勝負でどっちが速いか?が知りたいはず。

エンジン性能、車重はマークX有利。
しかし、アスリートは瞬発力を実現する8AT。
この8ATには、1速の減速比が非常に大きく、強力な瞬発力が予測されます。
したがって、
パッと見ただけではどちらが速いかは予測がつきません。
※例えば、0-100はどっちが速い?と聞かれて、スペックだけの情報から理由を添えて即答できますか?

マークX ここで、加速特性を、
「数値計算」で白黒はっきりつけようじゃないか!
ってことですね。

次回へ

次回はエンジン性能曲線のプロットです。

車速に対する馬力特性

前の記事:クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較(その1:概要)

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.