★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

レガシィの加速特性(フォレスターと比較)

フォレスターXTは280馬力,レガシィDITは300馬力
同じエンジンなのに何が違うか?
加速力,燃費などを評価する。

訪問者数

レガシィの加速特性(フォレスターと比較)

前回まではフォレスターの加速特性を検証してきましたが、最後にレガシィの加速特性(フォレスターとの比較)を書いておきます。
検索から来られた方は、
フォレスター280馬力の理由(前編)
フォレスター280馬力の理由(後編)
フォレスター280馬力の理由(考察編その1)
フォレスター280馬力の理由(考察編その2)
もご覧ください。 フォレスター エクセルプロット

スポンサーリンク

レガシィの優れる点(フォレスターと比較)

大きくは2つです。
これらはスペックから明らかなので、簡単に説明します。
@中速以上からの加速特性
A走りの余裕

@中速以上からの加速について

キックダウンで、十分回転数があげれるような速度域からの全開加速では、
20馬力の差でレガシィの加速が良いです。
どちらも最高出力発生回転数を維持して加速するから当たり前のことですよね。

経験上、具体的に「キックダウンで、十分回転数があげれるような速度域」とは、
40km/hは微妙、
60km/hなら多分大丈夫、
80km/hならS#の1速で6100rpmであるので完璧です。
フォレスター エクセルプロット

A走りの余裕について

今までの議論では、アクセル全開と言う、エンジンを振り回す状況を考えていましたが、
今度は実際の走行状態を考えます。

スペックから、ターボがしっかり効いた状態では、レガシィの方がトルクが太いので、
低回転でも十分な馬力が発揮できていると言えます。

運転中のあるあるですが、
信号の手前で、歩行者用信号が点滅した!
この信号を渡りたい!
よし!アクセルを踏もう!
・・・こんな時どうでしょうか?
また、走行中なので、どちらもターボは同程度に十分効いている状態とします。
レガシィもフォレスターも必要とされる馬力は同じです。
このとき、よりトルクの太いレガシィの方が、回転数上昇が少なく、それはすなわちアクセル開度も少なくて済みます。
極端な話、フォレスターでは「ぶぉぉぉぉぉん」のはずが、
レガシィでは「ぶ・・・ん」で済むわけです。
これが、「走りの余裕」と言えるわけです。

9.燃費はどうか?

基本的に変わらないです。
定速走行時は、フォレスターはリニアトロニックを1.129だけ重いギアにすれば、
1.129の減速比を打ち消せます。
つまり、レガシィと条件が揃うわけです。
代車でフォレスターにも乗りましたが、燃費は悪くなかったです。
高速道路で16.4km/L出たこともあります。
平均燃費も9km/L代ですね。

フォレスター エクセルプロット

まとめ

ネットで検索すれば、実データでは、「フォレスターの方が0-100が速い」という結果が得られますが、
エンジンスペックが劣るフォレスターが、なぜ0-100が勝るのか?
その理由を説明した記事はほぼゼロでしょう。

一般に加速性能は、「パワーウェイトレシオ」という言葉で評価されます。
ですが、それは最高出力回転数付近の加速力が大半を占める、
つまり、アクセル全開状態が長時間続く場合にのみ有効になります。
したがって、ゼロヨンの予測などでは、「パワーウェイトレシオ」の評価でほぼ十分ですが、
0-100など、エンジンの立ち上がり部分が大きく効いてくる場合には、今回の様な「エンジンの立ち上がりの特性」に関する真面目な議論が必要になります。

最後に、レガシィDITは生産終了されていますが、
今でもレヴォーグ,WRX S4と同じ議論ができます。
これら2車種は、レガシィとは5600rpm以降の性能曲線が若干変わってます。
ですが、5600rpmまでの性能が同じなので、議論の内容は変わりません。

お知らせ

他車種の性能評価
S660軽自動車最速の証明
もどうぞ!

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.