★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

IS350とIS200tの加速性能比較
(1.概要)

純粋な大排気量エンジンを積むIS350。
対して、2.0Lエンジンを過給し、3.5L相当にまで高められた低速トルクを発揮する話題のダウンサイジングターボ、IS200t。
ターボラグを考慮することにより、どちらがどれだけ速く、どのような点で優れているのかを可視化する。

訪問者数

IS350とIS200tの加速性能を比較評価

レクサスが導入したダウンサイジングターボ。
ネット上では2.0Lターボで3.5L級の加速が得られると書かれていますが、果たしどうだろうか?

IS200tとIS350どっちが速いか?
ターボとNAの特性の違いを、エンジン性能曲線を用いて考えていきましょう。

レクサス IS350とIS200t

スポンサーリンク

IS350とIS200tのエンジンスペック

IS350
V6 3.5L
234kW(318PS)/6400rpm
380Nm(38.7kgfm)/4800rpm

レクサス IS350とIS200t

IS200t
直4 2.0Lターボ
180kW(245PS)/5800rpm
350Nm(35.7kgfm)/1650-4400rpm

レクサス IS350とIS200t

まずはエンジン性能曲線を作成

エンジン性能曲線を作製します。
先にトルク曲線から作成しましょう。
まずはIS350
代表点を決めますが、
スペックから 234kW/6400rpm
380Nm/4800rpm
は決定します。
6400rpmのトルクは、出力234kWから逆演算します。
その他エンジン性能曲線を眺めると、
260Nm/1000rpm
350Nm/2000-4800rpm
380Nm/4800rpm
330Nm/6600rpm
が読み取れます。
これらの点を直線で結びます。

最後に、トルク曲線から出力曲線を導けば終わりですね。
完成したIS350のエンジン性能曲線がこちら↓
レクサス IS350とIS200t

次にIS200tです。
スペックから、
245PS/5800rpm
350Nm/1650-4400rpm
が決定です。
次にエンジン性能曲線から、
270Nm/1000rpm
275Nm/6200rpm
が分かり、これらを直線で結びます。

最後に、トルク曲線から出力曲線を導けば終わりですね。
完成したIS200tのエンジン性能曲線がこちら↓
レクサス IS350とIS200t

一般的に、ターボ車が低速トルクが太いと言われるのは、
低回転域でトルクが3.5L車より上回っているからですね。
これは過給能力が最大限に発揮された状態のエンジンスペックであって、
0-100を測る時などはターボラグまで考慮しなければなりません。

次回へ

次回はターボラグを考慮したエンジン性能曲線を作成します。
2.IS200tのターボラグを考慮したエンジン性能曲線

クルマの性能評価TopPage

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.