★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

S660に秘められた真の性能を評価〜普通車と対決!〜

ホンダの「軽スポーツ」として世に送り出した新型車S660。
秘められた能力の可視化と、同時に最速シフトアップタイミングについて考察する。

訪問者数

S660に秘められた真の性能を評価〜普通車と対決!〜

前回まででS660の性能は分かりました。
第1話
美しき性能曲線
今回は普通乗用車と比較します。

S660

スポンサーリンク

S660対普通乗用

S660のパワ−ウェイトレシオは12.96875[kg/PS]
そして、解析結果から、
このパワ−ウェイトレシオを維持したまま加速できるMT車である。
では、軽自動車で実現しうる最高パフォーマンスを持つS660で、普通乗用車に挑みましょう!

ヴィッツRS 5MT

ヴィッツRS 5MT
まずはヴィッツRSです。
ヴィッツRSは、トヨタのコンパクトスポーツカーとしてヴィッツRS G'sのベース車両となっている。
隠れたホットハッチと言えるモデルでしょう。
フォレスター エクセルプロット
直列エンジン4気筒1.5L
109PS/6000rpm
138Nm/4400rpm
1295kg(最軽量モデル)
5MT
パワーウェイトレシオは、12.5728[kg/PS]
パワーウェイトレシオでは、僅差でヴィッツRSが上回ります。
エンジン性能曲線が公開されていないので分かりませんが、
もし、馬力曲線が山なりになっていれば、
このパワーウェイトレシオを実現できるのは、6000rpmである一瞬のみ。
そうなれば、加速力自体はS660の方が優れることになります。
実質的に加速力自体はS660の方が良いと推測できます。

旋回性は、
S660 MR 830kg
ヴィッツRS FF 1295kg
エンジン単体の重心高は、どちらも直列エンジンなので、変わらない。
となると、
軽量なのはS660。
前後重量配分が良いのはMRのS660。
前輪の負担は、前輪に駆動力が掛からないS660の方少ない。
これらより、S660の方が、旋回性はよいと思われます。

→ドライバーの力量が同じなら、S660の方が速い。

さらに言えるのが、トヨタの1.5Lエンジンを積んでるクルマと比較しても、速いということ。
例えばアリオンやプレミオも1.5Lエンジンはありますが、
ヴィッツと比較して、エンジンそのまま車体が大きくなり車重が増える、
そして車幅は同じなため、踏ん張りも変わらない。
つまり、走行性能はアリオンやプレミオよりヴィッツの方が優れます。
ということは、ヴィッツより速いS660は、これら2車種より速いということも導けますね。

スイフトXG 5MT

スイフトXG 5MT
おなじみのスイフトスポーツのベース車両。
ただし、今回の比較対象は1.3Lモデル。
フォレスター エクセルプロット
直列エンジン4気筒1.3L
91PS/6000rpm
118Nm/4800rpm
960kg(最軽量モデル)
5MT
パワ−ウェイトレシオは、10.5495[kg/PS]

こちらもエンジン性能曲線が公開されていません。
パワーウェイトレシオでは、スイフトが優れます。
試料が少なすぎて断言は出来ませんが、直線加速ではいい勝負じゃないかと思います。
旋回性は、
S660 MR 830kg
スイフトXG FF 960kg
130kg軽量で、駆動方式もMRとFFの差があるので、
完全にS660が有利と言えるでしょう。
たかが130kgかも知れませんが、元の車重が軽いので、
130/960×100=13[%]軽量と言うことになります。
かなりの差ですね。

→トータルで見ればかなりいい勝負!?

ここで面白いことが分かりました。

んっ!?
もしかしたら、ヴィッツRS 1.5Lより、スイフトXG 1.3Lの方が速いのか!?

サイト内リンク

トップページ
---愛車紹介トップ
---クルマの性能評価
---旅ブログ
---更新履歴

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.