★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

WRX STIにFA20"DIT"が搭載されない理由
(2.EJ20ターボとFA20"DIT"、それぞれのエンジン特徴)

WRX STIに搭載されると言われ続けながらなかなか搭載されないFA20"DIT"。
なぜWRX STIには搭載されないのか?。
エンジン特性から、その理由を考えていきます。

訪問者数

WRX STIにFA20"DIT"が搭載されない理由

スバルの新世代BOXERエンジンFA20"DIT"エンジン。
レガシに搭載され、その後レヴォーグ、WRX S4にまで搭載されたFA20"DIT"エンジン。
2.0Lながら300PSを発揮するエンジンは、スバリストの中では有名でしょう。

しかし、WRX STIには、いまだにEJ20型が搭載されています。

WRX STIに搭載されると言われ続けながらなかなか搭載されないFA20"DIT"。
なぜWRX STIには搭載されないのか?。
エンジン特性から、その理由を考えていきます。

今回は、EJ20ターボと、FA20"DIT"のエンジン性能曲線を比べ、
相対的にどういった特徴があるのかを書いていきます。

この記事は、前回からの続きです。
検索から来られた方は、
WRX STIにFA20"DIT"が搭載されない理由(1.概要)
もご覧ください。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

スポンサーリンク

FA20"DITの特徴"

では、FA20"DIT"の特徴から見ていきます。
FA20"DIT"はWRX S4とレヴォーグに搭載されます。
エンジンスペックは、
221kW(300PS)/5600rpm
400Nm(40.8kgf・m)/2000-4800rpm
です。

エンジン性能曲線は、次のようになります。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

特徴としては、
たったの2000rpmで400Nmを発揮する。
その後4800rpmまで400Nmをフラットに発揮し続け、
たったの5600rpmで300PSを発揮することになります。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

EJ20の特徴"

次にEJ20の特徴を見て行きます。

227kW(308PS)/6400rpm
422Nm(43.0kgf・m)/4400rpm
となります。

エンジン性能曲線は次のようになります。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

特徴としては、2500rpm程度から最大トルクを発揮して、
4500rpmまでフラットなトルク。
その後徐々にトルクが落ちて、6400rpmで最高出力の308PSを発揮します。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

FA20"DIT"とEJ20を比較する

2つのエンジンを比較すると、相対的にFA20"DIT"は低回転型エンジン。
EJ20は高回転型エンジンであることが分かります。

出力はトルクとエンジン回転数の積で決定されるため、
トルクから高出力を得るエンジンと、
エンジン回転数から高出力を得るエンジンがあります。

FA20"DIT"は、低回転型エンジンで、吸気量と圧縮比を高めることでトルクを絞り出し、
トルクの太さで馬力を稼ぐエンジンになっています。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

一方で、EJ20は、エンジン回転数が上がりターボが効いてから本領を発揮し、高回転まで続くトルクで馬力を出しています。
したがって、エンジン回転数を主体として馬力を稼ぐエンジンになっています。

WRX STIにFA20が搭載されない理由

次回へ

では、このエンジン特性の違いが走りにどう影響してくるのか?

次回は、WRX STIの6MTにFA20"DIT"を組み合わせた時の走りの特性を見ていきます。

WRX STIにFA20が搭載されない理由(3.WRX STIにFA20"DIT"を搭載した場合)

前の記事;WRX STIにFA20が搭載されない理由(1.概要)

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.