★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

アウディA4 試乗!
(1.基本情報と加速性能)

新型アウディA4に試乗しました。
加速性能、ハンドリング、内外装についてまとめます!

訪問者数

アウディ A4 試乗

新型アウディA4に試乗しました。
加速性能、ハンドリング、内外装についてまとめます!

Audi A4

スポンサーリンク

Audi A4基本情報

Audi A4 1.4 TFSI
直列4気筒1.4L ターボ
最高出力:150PS/5000-6000rpm
最大トルク:250Nm/1500-3500rpm
トランスミッション:7速Sトロニック(DCT:デュアルクラッチトランスミッション)
駆動方式:FF(前輪駆動)

参考に、アウディA4には2.0Lターボエンジンも搭載されます。
直列4気筒2.0L ターボ
最高出力:190PS/4,200-6,000rpm
最大トルク:320Nm/1,450-4,200rpm

試乗車は店の前まで回してくれるスタイルだったのですが、
その時に短時間の路上駐車状態となるため、
状況的に試乗したAudi A4 1.4 TFSIは写真が撮れませんでした。
したがって、内外装の写真などは、展示車の
Audi A4 2.0TFSI quattro S line パッケージ
の写真を用います。

Audi A4

加速性能

特に不満のない加速でした。
今まで乗った車で最少排気量の1.4Lエンジンでしたが、全く違和感はなく、
ターボ感も全く感じなかったです。
街乗り試乗で体感的に言えばNA2.5L相当でしょうか?
同じダウンサイジングターボでも、レヴォーグ1.6Lターボで感じた違和感もありませんでした。

現在レガシィDITに乗っていて、同じくターボエンジンですが、特性は全く異なりました。
簡単に言えば、
パワーを求めたターボと、ダウンサイジングターボの違い
ですね。
レガシィの場合は、ターボラグが顕著にあり、ターボラグ後のどっかん加速で加速していきます。
一方でAudi A4は、1.4Lターボという小排気量ながらもターボラグが無く、NAの様な走りでした。
もちろん、全開加速で速いのはレガシィですが、
大排気量を小排気量ターボに置き換えるというダウンサイジングターボの基本的考え方に沿えば、
街乗りなどではAudi A4の方がクセが無く、
まさに大排気量NAのような乗り味で、扱いやすいエンジンとなります。

その他、Sトロニックが搭載されています。
一般的に言うDCT(デュアルクラッチトランスミッション)ですね。
偶数段と奇数段でクラッチを分け、走行中に使用していない側のギアがスタンバイしているので、電光石火の変速が可能になる装置ですね。
一般的には低速でのギクシャク感などが指摘されていますが、
全くそんなことは無かったです。
DCTだから乗りにくいということもなく、通常のATと変わらない運転感覚でした。

その他、演出がうまいと思ったのはアクセルに伝わる振動ですね。
信号待ちからの発進でアクセルを踏みます。
すると、エンジンが回って、アクセルに半クラッチのような?擦るような細かい振動が来るんですね。
その後アクセルの振動が収まりながら、エンジン回転数とともに加速していく感じです。
この一連の感覚が、発進後のほんの数秒の間に感じられます。
狙った演出なのかはわかりませんが、DCTの動作を連想させるような感覚は、メカ好きにはたまらないのではないでしょうか?

Audi A4

次回へ

次回はブレーキ性能、ハンドリングについて感想をまとめます。
2.ブレーキ性能とハンドリング

関連記事:試乗日記 記事一覧

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.