★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

カローラアクシオでドライブ!
(1.基本情報と加速性能)

レンタカーで、高速道路を341.9km走ってきました。
カローラの設計コンセプトが見えてきました。
燃費なども合わせて、まとめました。

訪問者数

カローラアクシオに乗りました!

カローラアクシオに乗りました。
高速道路を341.9km走ってきました。
これだけの距離を走ると、カローラの設計コンセプトがはっきりと見えてきました。
購入を検討中の方は、参考にしてください!

今回は基本情報と加速性能についてまとめます。

カローラアクシオ

スポンサーリンク

カローラアクシオ基本情報

トヨタレンタリースで借りたカローラの詳細です。

カローラアクシオ 1.3X
直列エンジン4気筒 1.3L
95PS/6000rpm
121Nm/4000rpm
駆動方式 FF
トランスミッションCVT
ブレーキ
 前:ベンチレーテッドディスク
 後:リーディングトレーリング式ドラム
サスペンション
 前:ストラット
 後:トーションビーム

カローラアクシオ

日常走行では快適な設計

借りたクルマはカローラ最少排気量の1.3Lエンジンでしたが、街乗りでは特に加速力に不足はありませんでした。
高速道路を70km/h〜100km/h程度で巡航している分には快適です。
エンジンも静かで、快適性にも不満はありませんでした。

カローラアクシオ

加速の伸びは悪い。

高速道路の合流が少々しんどいです。
アクセルを踏み込んでも加速力が頭打ちになり、
エンジンの振動も大きく、音もうるさいだけで、全然加速しません。
慣れれば上手く流れ込ませる様になりますが、
余裕で安心して合流できるほどの加速力は無かったです。
高速道路を100km/h以上のハイぺースで走ると、やはりエンジンの振動が大きくなってきます。
さらに、前のクルマが離れた時、アクセルを踏み込みますが、やはり合流の時と同じで、うるさく、エンジンの振動も大きくなるだけで、思う様な加速をしてくれません。

また、この日は雨でした。
高速道路走行中にアクセルを踏み込むと一瞬不安定になりました。

逆に言うと、一般道の走行や、高速道路で70〜100km/hで流す分には全く不満がありません。
音も静かで快適でした。
なので、カローラは、日本の道路事情に合わせて、無駄なく設計された車であることが分かると思います。

カローラアクシオ

次回はハンドリングとブレーキ性能について

次回はハンドリングとブレーキ性能についてまとめます!
2.ハンドリングとブレーキ性能

関連記事:試乗日記 記事一覧

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.