★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

カローラアクシオでドライブ!
(3.運転席周りの装備と車内空間)

レンタカーで、高速道路を341.9km走ってきました。
カローラの設計コンセプトが見えてきました。
燃費なども合わせて、まとめました。

訪問者数

カローラアクシオに乗りました!

カローラアクシオに乗りました。
高速道路を347.1km走ってきました。
これだけの距離を走ると、カローラの設計コンセプトがはっきりと見えてきました。
購入を検討中の方は、参考にしてください!

今回は運転席周りの装備と車内空間についてまとめます!

検索から来られた方は、
1.基本情報と加速性能
2.ハンドリングとブレーキ性能

もご覧ください!

カローラアクシオ

スポンサーリンク

車内空間について

シート形状は、日本人の体形に合っていると思います。
やはり日本の事情に合わせて設計されているなぁと言う感じ。

カローラアクシオ

運転席でシートを倒して仮眠した時、
足元空間はそこそこ広いです。

カローラアクシオ

FFなので、後席の床にプロペラシャフトのトンネルがありません。
※4WD仕様の場合は不明。

カローラアクシオ

5ナンバーサイズと言う限られた空間を有効活用しているクルマだと思いました。

カローラアクシオ

欠点も挙げておきます。
ドライビングポジションが完全に合わなかった。
座面がもっと下がればよかったのですが、
人によっては問題にならないとは思います。
それと、センターコンソールのアームレストが、ドライビングポジションによっては使えなくなってしまいます。

カローラアクシオ

機能について

セレクトレバーはフロアにあります。
ゲート式で、
P→R→N→D→S→B
となっています、
Sはスポーツモードではなく、普通のエンジンブレーキがかかります。 サイドブレーキはガリガリ引っ張るやつです。

カローラアクシオ

オートライトは装備していてほしかった。
高速巡航は非常に快適なのに、トンネルの度にライトをつけたり消したりするのが面倒でした。
オプション設定があるならおススメです。

メータはシンプル。
1.5Gにはタコメータが装備されます。
カローラアクシオ

次回は燃費と総評です。

次回は燃費と総評についてまとめます!
4.燃費と総評

前の記事:カローラアクシオでドライブ!(2.ハンドリングとブレーキ性能)

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.