★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

シボレー カマロLT-RS試乗
(2.ハンドリングとブレーキ性能)

新型カマロ2016が出る前に!
2014年カマロの試乗についてまとめます!
マスタングに試乗した後だったので、両車の違いがよく分かりました。

訪問者数

カマロLT-RS 試乗

カマロ LT-RSを試乗してきました!
カマロ2016への期待も込めて、カマロ2014のレポートをします。
カマロ2016を購入検討の方は、試乗した後このレビューと比べてみて、
どこがどう良くなったかを考える参考にしてください!

この記事は、前回からの続きです。
検索から来られた方は、
1.車体寸法と加速性能
をご覧ください。
シボレー カマロ試乗

スポンサーリンク

ハンドリング

カマロ、マスタング共通なのは、ドッシリと腰を据えた走りが楽しめること。
ハンドル切ったら大柄な感覚が分かります。
車重を感じる挙動と言うのでしょうか?

マスタングは、ドッシリとしてるのに、巨体が俊敏に曲がります。
かといってクイックすぎないという絶妙なセッティングです。

カマロの場合は、大柄で優雅な感覚です。
ハンドルを切ると、重い車体がゆっくりと強引に曲げられていく感じです。
アメリカンなハンドリングが楽しめるのは、カマロの魅力でしょう。

シボレー カマロ試乗

ブレーキ

ブレーキが非常に甘い。
滑走する感じがあり、少々不安な感じでした。
タイヤサイズが20インチってのも原因かもしれません。

シボレー カマロ試乗

次回へ

次回は車内空間についてまとめます。
車内空間と運転席周りの装備

前の記事:車体寸法と加速性能

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.