★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

新型インプレッサ2.0i-S EyeSight 試乗!
(2.ハンドリングとブレーキ性能)

新型インプレッサに試乗しました。
加速性能、ハンドリングやブレーキ、内外装など、気付いたことをまとめます。

試乗の際には要チェックです。

訪問者数

新型インプレッサ2.0i-S EyeSight 試乗!

新型インプレッサに試乗しました。

加速性能、ハンドリング、ブレーキ性能、内外装など、気づいたをまとめます。

試乗の際には、これらに注目して試乗してみてください。

今回は、ハンドリングとブレーキ性能についてです。

検索から来られた方は、
1.基本情報と加速性能
もご覧ください、

新型インプレッサ 試乗

スポンサーリンク

ハンドリング

ハンドルは若干重めです。

直進安定性がかなり高く、重めのハンドルを切るとスパッと曲がります。

ハンドリング性能をレヴォーグと比べてみます。
レヴォーグ最上級グレードのレヴォーグSTI Sportと比べれば、レヴォーグSTI Sportの方が優れますが、
通常のレヴォーグ(GTとGT-S)はハンドルがかなりフワフワしていたため、
インプレッサの方が信頼感のあるハンドリングでした。

その他、レガシィやレヴォーグと比較して気になった点としては、
波打ったような荒れた路面では、車体が路面に沿ってうねるような、跳ねるような感じがありました。
理由は分かりませんが、チェックポイントでしょう。

新型インプレッサ 試乗

ブレーキ性能

ブレーキはしっかり効くため安心感があります。
試乗したインプレッサG4 2.0i-S EyeSightのブレーキは、
前:16インチベンチレーテッドディスク(2ポット)
後:16インチベンチレーテッドディスク
となります。

インプレッサの車体に対して十分なブレーキスペックがあるのが安心感の理由でしょう。

しかし、2.0i-S EyeSight以外のモデルでは、
前:15インチベンチレーテッドディスク(2ポット)
後:16インチベンチレーテッドディスク
となります。
ブレーキスペックは2.0i-S EyeSightよりも劣るため、体感的にどの程度の差が出るか分かりませんが、
試乗時にはこれらのグレードのブレーキ性能も要チェックです。

※余談ですが、レガシィB4 Limitedでは、停車寸前の滑走感がありました。

また、このクラスでは珍しい4輪ベンチレーテッドディスクが採用されている点も高評価になります。

山岳路などで、長い下り坂でのブレーキでも、放熱性が高いため、ブレーキ過熱によるトラブルも防げます。 安定的なブレーキ性能は安心感につながります。

新型インプレッサ 試乗

次回へ

次回は運転席周りの装備について。

新型インプレッサ2.0i-S EyeSight 試乗!(3.運転席周りの装備について)

前の記事:新型インプレッサ2.0i-S EyeSight 試乗!(1.基本情報と加速性能)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.