★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

レヴォーグ1.6GT-S EyeSight 試乗
(加速性能)

レヴォーグ1.6GT-S EyeSightに試乗しました!

レガシィ後継車種のリアルスポーツツアラー レヴォーグ。
どのあたりが進化したのか、
現レガシィDIT乗りが豊富な写真で紹介します!

訪問者数

レヴォーグ1.6GT-S EyeSight 試乗

レヴォーグ1.6GT-S EyeSightに試乗しました。

レガシィの後継車種、レヴォーグ。
レガシィと比べてどのあたりが進化したのか、
豊富な写真で紹介します!

まずは第1話!
議論の焦点を走りに絞りましょう!
レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

スポンサーリンク

基本情報

水平対向4気筒DOHC 1.6L 直噴ターボ"DIT"
最高出力:170PS/4800-5600rpm
最大トルク:250Nm/1800-4800rpm

寸法は、
全長4690mm
全幅1780mm
全高1490mm
5代目レガシィより全長が100mm短くなっています。
フォレスター エクセルプロット

加速力

レヴォーグの1.6L DTIのエンジンです。
フォレスター エクセルプロット

良かった点としては、走りだしてしまえば、大通りで追加加速するときなど、現愛車のレガシィDITとそん色ない加速を披露してくれます。
燃料がレギュラーなのに通常の速度域で同等の加速をしてくれるのは良い点です。

しかし、レガシィDITにはない不自然な挙動がありました。
加速力そのものに不満はないのですが、
レヴォーグ自体が車体サイズだけなら2.5L級のところを、
ダウンサイジングターボの1.6Lで走るので、
アクセルを踏んだ時、力を貯めるというか、
パワーが出るのがワンテンポ遅い感じがありました。
それと、排気量が小さい分、発進時などはエンジンが過敏に回る印象がありました。

※馬力の似ているレガシィB4 Limited(水平対向4気筒 2.5L NA 175PS)だと、全く不自然ことはありませんでした。
レガシィB4 Limited 試乗

また大通りでの加速で、レガシィDITと同等の加速をすると書きましたが、
アクセルを深く踏み込んだ時の頭打ちを感じました。
普段乗りでは差は感じられないと思いますが、
高速の合流などでアクセルを踏み込んだ時に、
普段の加速から想像していたほどの加速はないという印象を持つかもしれません。

この頭打ちを感じる原因としては、
ターボ車には必ずターボラグがありますが、
レガシィDITの場合は微妙な加速の後にどっかんと強烈な加速が来て、ターボラグを補うだけの加速をしてくれますが、
レヴォーグ1.6GTの場合には、ターボが効いた後の馬力が2.5L相当の175PSまでしかないので、
どっかん後の加速力にパンチがないのが頭打ちを感じる原因かもしれません。

次回へ

次回は運転席周りの装備について。
数多くの先進装備が装備されていました。
運転席周りの装備について

試乗日記TopPage

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.