★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

レヴォーグ1.6GT-S EyeSight 試乗
(ハンドリングとブレーキ性能)

レヴォーグ1.6GT-S EyeSightに試乗しました!

レガシィ後継車種のリアルスポーツツアラー レヴォーグ。
どのあたりが進化したのか、
現レガシィDIT乗りが豊富な写真で紹介します!

訪問者数

レヴォーグ1.6GT-S EyeSight 試乗

レヴォーグ1.6GT-S EyeSightに試乗しました。

レガシィの後継車種、レヴォーグ。
レガシィと比べてどのあたりが進化したのか、
豊富な写真で紹介します!

今回はハンドリングとブレーキ性能です。

検索から来られた方は、
加速性能
運転席周りの先進装備
もご覧ください!
レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

スポンサーリンク

ハンドリング

ちょっとハンドルは軽いです。
フワフワしてました。
基本的に街乗り試乗なので、旋回性を正確に判断するのは難しいですが、、
スバルの水平対向エンジン+シンメトリカルAWDであり、
WRX STIのベース車両であることを考えると、5代目レガシィと同等以上の旋回性能だと思います。
ただしハンドルがかなりフワフワなのがどう感じるかだと思います。
ここは試乗をして、好みに合うか確認してください。
フォレスター エクセルプロット

スバル車全般について、ハンドリング全般の印象を付け加えると、
今のスバルは大きく分けてフワフワなハンドルとどっしりしたハンドルに分かれていると思います。
どっしりした重みのあるハンドルは、
・レガシィB4/アウトバック
・フォレスター
フワフワしたハンドルは、
・レヴォーグ
・クロスオーバー7
ですね。

また、同じレヴォーグでも、2.0GT STI Sportはしっかり接地感を感じれました。

車種によってハンドリングの印象が異なるので、購入検討の際は様々な車種に試乗することをお勧めします。

それと、レヴォーグのハンドルはすべすべで滑りやすいです。
手になじむ感じはありません。
のちに試乗したレヴォーグSTI Sportは手になじむハンドルでした。
↓↓↓STI Sportです。↓↓↓ レヴォーグSTI Sport

ブレーキ

全く問題なくリニアによく効きます。
レガシィB4 Limitedや、フォレスターXTよりも効き具合はいいです。
B4と同じで、止まる寸前に「コー」という高音が聞こえます。
別で試乗したフォレスターでも聞こえました。
フォレスター エクセルプロット

次回へ

次回はシ―ト形状と乗り心地について。
乗り心地とシート形状・後部座席とカーゴルームについて

前の記事:運転席周りの先進装備について

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.