★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

フォード マスタング試乗
(1.概要と加速性能)

アメリカビッグ3のフォードの代名詞、
元祖アメリカンマッスルスポーツクーベのマスタングに試乗!
ワクワクが止まらない、感動的なクルマでした!

訪問者数

マスタング 試乗(概要と加速性能)

マスタングを試乗してきました!
元祖アメリカンマッスルスポーツクーペのマスタングです!
先に結論書きますね。
乗って分かりました!
これは素晴らしいクルマです。
マッスルカーというより、
高性能FRスポーツクーペですね!
マスタング

スポンサーリンク

マスタング 基本情報

MUSTANG 50 Years Edition
寸法
4790mm×1920mm×1380mm
車幅がすごく大きい・・・
左ハンドル

マスタング

直列エンジン4気筒2.3Lターボ(エコブースト)
エンジンスペック(ハイオク使用時)
314PS/5500rpm
434Nm/3000rpm
※レギュラーの給油も可能
トランスミッション6AT
1速4.17
2速:2.34
3速:1.52
4速:1.14
5速:0.87
6速:0.69
後退:3.40
最終:3.55

ブレーキ
前:ベンチレーテッドディスク(対向4ポッド)
後:ベンチレーテッドディスク(浮動式)
対向4ポッドディスクは、ブレンボなどの社外品ではなく、
フォードの自社開発品と言うことです。

加速力

マスタングの直4エンジンです。
可能な限りエンジンを後ろ寄りに配置し、フロントミッドシップに近づけているそうです。
今回試乗した直4ターボは、エンジン重量が軽いため、
軽快な加速とクイックなハンドリングが楽しめる。
一方、V8は豪快な加速が楽しめるとのことです。
マスタング

早速インプレです。
まずは、エンジンの特性です。
これね、信号待ちで先頭になって、
「ここで踏んでいいですよ。」って言われたから、
全開加速でシグナルダッシュしました(笑)

その時の印象ですが、
レガシィの加速からターボラグが消えたという表現が適切な感じ。
ピークパワー自体に差は感じられなかったけど、
ターボラグが無く、低回転からNAのように自然にパワー出る感じですね。
吹け上がりも良く、
非常に爽快な加速感でした。

次にトランスミッションですが、
全開加速で気になったのが、1速→2速への変速の遅さ。
1速でレブに当たってもなかなかシフトアップしない。
これはレガシィのS#の8段ステップ制御の方が反応が早いですね。 普通に走る分には特に不満はないトランスミッションです。

次回へ

次回はハンドリングとブレーキ性能などについてまとめます。

2.ハンドリングとブレーキ性能

試乗日記 記事一覧

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.