群馬県 草津温泉の旅館 HANAYADOベルツに宿泊しました!

群馬県 草津温泉の旅館 HANAYADO ベルツに宿泊しました。

HANAYADO ベルツは、草津温泉の主力となる6源泉のうち、万代鉱源泉を使用しています。

草津温泉の中心部からは少し離れていますが、車で行く場合には、落ち着いた静かな立地のため、ゆっくりとくつろぐことができます!

スポンサーリンク

草津温泉には4つの源泉がある!

一括りに草津温泉と言っても、旅館によって、源泉は6種類に分けられます。

HANAYADO ベルツの紹介の前に、簡単に草津温泉の案内を書いておきます。

湯畑源泉

草津温泉で最も有名な源泉らしいです。
湯の花が多いから湯畑というそうな。
草津温泉の中心部に湯畑があるので、草津温泉ではかなり有名な源泉のようです。

▼夜の湯畑▼

白旗源泉

硫黄分が多く、湯の花も多いらしいです。
硫黄系の温泉は個人的に好きなのですが、皆さんはどうですか・・・?

地蔵源泉

湯量としては一番少ないらしい。
眼病に効くとか。

西の河原源泉

西の河原公園内の源泉の総称で、大小50もの源泉があるとか。
草津温泉の日帰り温泉では、「草津温泉 西の河原露天風呂」がよさそうですね。
※行ってないので詳細は分かりません。

煮川源泉

かなり熱いそうです。
源泉を外気に触れさせず、各温泉施設に配るそうです。

万代鉱源泉

今回利用したのがこの温泉。
一番湯量が多いから、多くの旅館で使っている源泉だそうです。

はじめての草津温泉なので特に源泉は気にしませんでしたが、
頻繁に通える方は、それぞれの源泉を利用してみて、好みに合う源泉を探すのも面白いでしょう。

とにかく、草津温泉にはこのような6つの温泉があります!

草津温泉は、なかなか奥が深いです。

外観と駐車場

さて、旅館の紹介です。

外観はこんな感じです。

駐車場は舗装があれていますが、それなりに広いです。

フロントの写真です。

お部屋の写真

では、お部屋の写真を紹介していきましょう!

ドアを開けるとこんな感じです。

ベッドです。

広いベッドなので快適でした。

テレビ付きです。

玄関のほうを見るとこんな感じです。

浴衣です。

草津温泉は硫黄分が多く、服の繊維を切ることで服を傷めるようです。

したがって、入浴後には浴衣の着用を勧めていました。

テーブルもあるのでパソコン作業も出来ます。

バスルームとトイレです。

このバスルームは水道水です。

大浴場の温泉を使うので、お部屋のバスルームはまず使いません。

温泉について

温泉は、ぬめりのある温泉でした。

温度はかなり熱かったですが、あえて冷やさずに浸かるのが草津温泉流の入浴法らしいです。

北海道 川湯温泉と泉質が似ているそうです。

草津温泉のほかの源泉を使ったことがないのですが、今回の万代鉱源泉と比較すると、北海道 川湯温泉のほうが好きです。

まとめ

今回は、群馬県 草津温泉の万代鉱源泉を使う旅館、HANAYADOベルツについて紹介してきました。

草津温泉には6つの源泉があるので、旅館めぐりもいいかもしれませんね。

草津温泉を訪れるときの参考にしてください!

スポンサーリンク

フォローする