東横イン 新横浜駅前 新館に宿泊しました。難点の多いホテルでした・・・。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、東横イン 新横浜駅前 新館について紹介します。

東横イングループは全国チェーンのビジネスホテルであり、クオリティや価格の妥当性において信頼感のあるホテルです。

しかし、東横イン 新横浜駅前 新館については、正直おすすめできません。

あまりにも他の東横イングループとクオリティの差が大きすぎたので、連泊を検討していましたが、途中でホテルを変更しました。

キツイ表現ですけど、あまりにもお話にならないレベルです。

先に書いておきますが、ほぼ同価格のコートホテル新横浜の方が快適です。

コートホテル新横浜 コンフォートツインの紹介

では、東横イン 新横浜駅前 新館の難点も含めて紹介します。

スポンサーリンク

東横イン 新横浜駅前 本館と新館の違い

さて、東横イン 新横浜駅前には、本館と新館の2つのホテルがあります。

この違いは、無料朝食サービスの時間帯と、駐車場の有無です。

なお、後述しますが、新館は宿泊するには難点が多すぎますので、本館の予約をお勧めします。

本館の方が多少はマシだと思います・・・。

本館は出発が早い方向け

本館は、無料朝食サービスが、朝6:30~9:00です。

また、駐車場はありません。

新館は出発がゆっくりの方向け

新館は、無料う朝食サービスが、朝7:00~9:30です。

駐車場は機械式立体で19台駐車できます(1泊1000円)。

東横イン 新横浜駅前 新館の難点

さて、先に書いておきますが、東横イン 新横浜駅前 新館の難点は、

  • 煩い(風の音&車の音)
  • 部屋が傾いている
  • 客室内への立ち入り工事(先に言っといてよ・・・)
  • 朝食がしょぼい

です。

とにかく煩い

★車の音

煩さに関しては、環状2号という幹線道路に面している関係上、夜中もしっかりと車の音が聞こえます。

特に新館は環状2号に面しているので特にうるさいのでしょう。

★風の音

音が気になるなら本館の方がいいと思いますが、それでも幹線道路に近いので、多少の騒音は覚悟したほうがいいかもしれません。

そして、宿泊したのは角部屋だったのですが、非常階段から聞こえる「カンカンカン」という金属音がひどいです。

風が強い日だった影響もあるのですが、到底寝れるレベルではないです。

ヒューヒューという隙間風の音ならば、(価格面も含めて)ホテルの経年劣化で納得できないわけでもないですが、風で揺れる金属の当たる音ぐらいは、対処しておいてほしいですよね。

部屋が傾いている

これはホテルとして致命的なのですが、このホテルは部屋が傾いています。

南側が低くなるように、床自体が傾いており、足を擦りながら歩くと、床の購買の変化が体感できるレベルでした。

部屋で過ごしていると、体調が悪くなります。

下の写真で、右が低くなるように傾いています。

客室内への立ち入り工事(先に言っておいてよ・・・)

客室内への立ち入り工事があるとの張り紙が。

予約の際に注意書きもありませんでしたし、チェックインの際に説明されませんでした。

チェックイン後、エレベーター内に貼ってあるのですから、正直ひどいと思いました。

土日も含めて連泊して、日中に作業することも含めて予定を立てていたのに、客室内に工事関係者が入るなんて、たまったものじゃありません。

朝食がしょぼい

朝食がしょぼいです。

東横インでは無料朝食が提供されるのですが、無料といっても、宿泊料金の基本料金には加味されているでしょう。

半ば強制の朝食付きプランということになります。

ここまで不満が溜まっていた関係もあり、特にしょぼさを感じました。

次は宿泊しませんね・・・

同時に、東横インだから安心という常識も崩れたと思います。

東横イン 新横浜駅前 新館のアクセス

東横イン 新横浜駅前 新館

神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-14

電車で行く場合

東海道新幹線・JR横浜線 新横浜駅北口から徒歩4分

横浜市営地下鉄新横浜駅1番出口から徒歩5分

JR新横浜駅からはエスカレーター付きの歩道橋になっており、信号を待たずにアクセスできます。

横浜市営地下鉄の場合には、環状2号の下をくぐるように進むと行くことができます。

車で行く場合

首都高速7号 横浜北線 新横浜ICが最寄りになります。

GoogleMapを添付します!

東横イン 新横浜駅前 新館の外観と共用部分

東横イン 新横浜駅前 新館の外観と共用部分を紹介します。

東横イン 新横浜駅前 新館の外観

東横イン 新横浜駅前 新館の外観です。

東横イン 新横浜駅前 新館のフロントなど

東横イン 新横浜駅前 新館のフロントです。

エレベーターホールです。

エレベーターは2台用意されています。

客室フロアの廊下です。

普通の東横インです。

東横イン 新横浜駅前 新館のツインルームの写真

東横イン 新横浜駅前 新館のお部屋の写真を紹介します。

今回はツインルームに宿泊しました。

923号室です。

ドアを開けるとこのような感じ。

普通の東横インと同じです。

ツインルームなのでベッドは2台。

十分なサイズです。

入り口側を見てみました。

簡素ながらもゆとりのある空間が魅力のお部屋です。

ベッドのライトを点灯。

テーブルは少し小さいです。

ノートパソコンを使うとほぼ占領されるぐらいの大きさ。

もう少し大きさが欲しいですね。

ハンガーもあります。

スリッパです。

冷蔵庫です。

2Lのペットボトルは入りません。

バスルームです。

写真ではわかりにくいですが、床がかなり傾いています。

東横イン 新横浜駅前 新館のアメニティ

東横イン 新横浜駅前 新館のアメニティを紹介します。

客室内のアメニティは、バスルームにあります。

アメニティといっても、歯ブラシしかないです。

他のアメニティは、フロントの横でもらいます。

  • カミソリ
  • クシ
  • 石鹸
  • シャワーキャップ(だったかな?)

です。

東横イン 新横浜駅前 新館の館内施設

次に、東横イン 新横浜駅前 新館の館内施設を紹介します。

まずはコインランドリーです。

1階にあります。

プリンターは無料で利用できます。

ロビーにあります。

東横イン 新横浜駅前 新館の無料朝食

東横イン 新横浜駅前 新館の無料朝食を紹介します。

東横インはバイキング形式の無料朝食地なるのですが、新型コロナウイルスの関係で、配給制になっていました。

冒頭でも紹介しましたが、他の東横インと比較しても相当しょぼい朝食です。

配給制といっても・・・

内容がちょっとひどいんじゃないかな・・・と

パンもあります。

まとめ

ここまで、東横イン 新横浜駅前 新館について紹介してきました。

正直、お勧めできるホテルではありません。

新横浜駅周辺は、ホテルの激戦区になっており、ビジネスホテルチェーンをはじめ、様々なホテルが乱立しています。

近隣に、ほぼ同価格で宿泊できるコートホテル新横浜があるので、そちらを利用した方がいいでしょう。

コートホテル新横浜 コンフォートツインの紹介

以上、東横イン 新横浜駅前 新館について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする