★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

レガシィDIT【BRG】のマイナス端子の外し方

電装系を触る時には、バッテリーのマイナス端子を外すことが大切ですが、
レガシィDIT【BRG】の場合のバッテリーのマイナス端子の外し方を解説します!

訪問者数

レガシィDIT【BRG】のバッテリーのマイナス端子の外し方

電装系を触る時には、バッテリーのマイナス端子を外すことが大切ですが、
レガシィDIT【BRG】の場合のバッテリーのマイナス端子の外し方を解説します!

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

スポンサーリンク

マイナス端子を外す理由

電装系を触る時には、ショート防止、感電防止のために電源を外すのは必要です。
また、配線はピラー内を通すのが一般的ですが、
最近のクルマでは、サイドエアバッグが搭載されており、ピラー内を触った時の刺激でエアバッグが誤作動しないという目的もあるようです。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

外すときは必ずマイナス端子を!

クルマの電気回路はボディをアースとしています。
乾電池で言えば、プラスがバッテリーのプラス端子、マイナスがボディになります。
つまり、クルマのバッテリーのマイナス端子はボディにつながっているのですね。

必ずマイナス端子を外す!

もし、プラス端子を外したらどうなるでしょうか?
もしも工具が車体に触れてしまったら・・・
工具を伝わって短絡電流が流れますね。
これが危険なのです。
バッテリーが燃えます。

クルマの電気回路のは次のような感じになっています。
レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

レガシィDIT【BRG】のマイナス端子

かならずマイナス端子を外しましょう!

まずはボンネットを開けます。
運転席下のレバーを引けば開くのはご存知かと思います。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

レガシィDITのバッテリーは、ボンネットを開けて右側にあります。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

マイナス端子はカバーのない方です。
赤いカバーのあるのがプラス端子です。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

カバーのついていない端子のナットを緩めます。
クルマの向かって右側に立って、右向きに回して緩めます。

ナットは全部外す必要はありません。
ある程度まで緩めたら外れます。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

外れた後は、絶縁物の上に置くか、テープなどでバッテリーに触れないように固定しておきましょう。

レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT spec.B EyeSight

他のDIY記事を見る

DIY記事を投稿していきます。

お楽しみに。


★ブリュの公式ブログからお願い

この記事が面白いと思ったら、拡散お願いします!

ブリュの公式ブログ トップページへ

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.