ドライブレコーダー用MicroSDの選び方【class10と動作温度に注意。高耐久がベスト!】

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、ドライブレコーダー用のMicroSDカードの選び方について紹介します。

Amazonを見ているとたくさんのMicroSDがありますが、すべてがドライブレコーダーに対応しているわけではありません。

一般的にドライブレコーダーは過酷な環境下で使用されることが多く、書き込み速度と動作温度が異なれば、当然ながら不具合も生じます。

そこで、ドライブレコーダー用のMicroSDの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

class10と動作温度に注意!

ドライブレコーダー用のMicroSDを選ぶには、class10と動作温度に注意してください。

class10とは?

class10とは、MicroSDの読み書き時の速度が最低10MB以上を保証する規格のことです。

classによって分類されているので、下の表にまとめてみました。

規格 最低速度
class2 2MB/sec
class4 4MB/sec
class6 6MB/sec
class10 10MB/sec

ドライブレコーダーの純正装着のMicroSDはclass10なので、追加で購入する場合には市販品のclass10を購入すれば速度的な問題は生じません。

class10に満たない性能のMicroSDカードを購入した場合、読み書き能力が間に合わず、正常に録画ができない可能性があるので、購入は控えましょう。

class10は必須であると覚えておいてください。

動作温度とは?

動作温度とは、MicroSDの動作が保証される温度のことです。

動作温度を著しく超えると、読み書きが行われなくなり、正常な録画ができません。

ドライブレコーダーは直射日光が当たる場所で動くため、高温にはシビアです。

特に駐車録画モードがあれば、夏にエアコンを停止した状態で炎天下で録画が行われるので、より過酷な環境になります。

温度が低すぎるのも問題です。

例えば、冬の北海道で使用した場合、動作温度の下限値を下回ることもあるでしょう。

MicroSDの動作温度は、より適応範囲の広いものを選ぶようにしたほうがいいです。

なお、著しく動作温度を超える環境下になった場合でも、セーターの損失はありません。

動作温度を超えている機関、MicroSDが反応しなくなるだけであり、温度が適温に戻れば元に戻ります。

私の購入したMicroSDカード

この条件を基に、私が選んだMicroSDカードは、Radius RP-MSU64XJです。

急にMicroSDが必要になり、せっかくなら用が済んだらドライブレコーダーに流用できるものをと思い、家電量販店でチョイスいました。

本当はamazonで吟味した方のですが、あまりにも時間が無くて・・・(笑)

裏面はこのようになっています。

このMicroSDの基本性能は、下の表のようになっています。

項目 性能
容量 64GB
速度規格 class10
読み出し速度 40MB/sec
動作温度 -25℃~85℃
(ただし、結露しないこと。)
電源電圧 2.7~3.6V

class10と動作温度は重要なので、裏面の使用も確認して購入するようにしてくださいね!

容量的には64GBあれば十分でしょう。

セルスター CSD-670FHを利用しており、フルハイビジョン録画で使用した場合、

  • 16GB:101分
  • 32GB:202分
  • 64GB:404分

なので、これぐらいでも十分かと。

もちろん、大きければ大きいほうが便利で、正直16GB程度では使い物になりません。

ただ、このMicroSDカードはネット検索しても出てこないんですよね。

もしかしたら、家電量販店向けの製品なのかもしれません。

メーカー公式ページ

Amazon上でドライブレコーダー対応のMicroSDカードを探してみた

結局はメーカーの違いがあっても、規格として決まっているものなので、どのメーカー製のMicroSDカードを購入しても大丈夫です。

Amazonなどのネット通販の方が一覧で比較できますし、多くの商品の中から価格面と性能でチョイスできる上に、お買い得なことが多いのでいいですよね。

気を付けないと駄目なのが、信頼性の必要なドライブレコーダー向けなので、あまり安価な製品は選ばないことです。

例えばよくわからないメーカーや中国製品などは避けるとして、性能と価格面でいい感じの商品を紹介します。

キングストンテクノロジー(コスパ最強)

キングストンテクノロジーのMicroSDです。

コスパ最強で、商品の質問欄にはメーカー公式の回答があるなど、かなり信頼できます。

カスタマーQ&Aの項目を見ると、キングストンテクノロジーの公式より、仕様が合えばドライブレコーダーに使用可能と書かれているので、一般的には利用できるとみて問題ないです。

このMicroSDカードのいいところは低価格なところ。

コストパフォーマンス最強です。

キングストンテクノロジーとは、アメリカのメモリ製造メーカーであり、自社製造品をそのまま商品化するから安いのでしょう。

なんと64GBで1375円です(2020/2/16現在)。

私の購入したRadiusの64GBは4300円でしたよ・・・

動作温度も-25℃~85℃なので、ドライブレコーダーに使っても安心です。

キングストン microSDカード Class 10 64GB UHS-I 【Nintendo Switch 動作確認済】 アダプタ付 Canvas Select SDCS/64GB
アメリカ キングストンテクノロジーのMicroSDカードです。
Amazon内のメーカーコメントで、ドライブレコーダーに使用可能である旨が記載されています。

サンディスク(ドライブレコーダー対応と明記アリ)

サンディスクのドライブレコーダー対応の高耐久MicroSDです。

class10はもちろん、ドライブレコーダー対応と明記されているのが安心ですね。

ドライブレコーダー対応と明記されているのは高耐久だからです。

ドライブレコーダーは書き込み回数があまりにも多いので、普通よりも耐久性の高いMicroSDを用います。

動作温度についてはaamazon上では記載されていないのですが、まぁ大丈夫なのでしょう。

サンディスクというメーカーは、アメリカのメモリ製造会社で、東芝メモリと関係を持っていた会社です。

現在ではアメリカのウエスタンディジタルに買収されています。

ウエスタンディジタルと(かつての)東芝メモリといえば、世界最高レベルのメモリを製造する会社ですから、サンディスクはメーカー的にも十分信頼できるものです。

なお、サンディスクには、日本正規品と海外版があります。

念のため、高価ではありますが、国内正規品を購入されることをお勧めします。

【 サンディスク 正規品 】 2年保証 ドライブレコーダー対応 microSDカード 64GB UHS-I Class10 U3 V30対応 SDSQQNR-064G-GHEIA エコパッケージ
【国内向け正規品】ドライブレコーダー対応MicroSDカードです。
AmazonではAmazon.co.jp専用商品が販売されているので、一般流通品と商品番号が若干異なります。

スペック最強のシリコンパワー

シリコンパワーは台湾の会社です。

このMicroSDカードはドライブレコーダー用の高耐久をウリにしています。

動作温度も-25℃~85℃であり、厳しい環境下でも動作。

そして、防水、対衝撃、耐静電気に加え、X線の影響もうけないという過剰スペックになっています。

正直ここまでのスペックは不必要に感じますが、安心感はあると思います。

その分価格は上記の2つよりも高めです。

まとめ

ここまで、ドライブレコーダーに使えるMicroSDカードについて紹介をしてきました。

選ぶポイントは、

  • class10であること
  • 動作温度の範囲が広いこと

を基準にして、より安心感を得たいのであれば、ドライブレコーダー対応品と書かれている高耐久モデルを選べば問題ないです。

メーカーによって様々なMicroSDカードが販売されていますが、規格によって性能が決められている以上、大手メーカーであれば基本的に品質面では安心できます。

異様に低価格なMicroSDカードもあるようですが、ドライブレコーダーという信頼性が重要なデータの記録において、無名メーカーの商品は選ばないほうがいいでしょう。

本記事で紹介した以外にも様々なメーカーがドライブレコーダー用のMicroSDを販売していますから、いろいろ比較してみてください。

以上、ドライブレコーダー向けMicroSDカードの選び方について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする