レガシィDIT ガナドールマフラー装着日記!(VRE-036)

レガシィDITにガナドールマフラーを装着しました!

品番はVRE-036

マフラー交換の時の作業風景を紹介します!

ガナドールマフラーを検討中の方、

また、マフラー交換作業を自分でやってみようかなと思っている方、必見です!

スポンサーリンク

選んだマフラー

ガナドール VRE-036 Vertex sports VRE-036

ブルーテール(テール部のみチタン製)

購入方法ですが、今回はディーラーで発注しました。

しかし、ネットで購入したものをディーラーに持ち込んでも取り付けてくれるということです。

ディーラーは基本的に社外品は値引きがなく、送料までかかってしまいます。

カスタム代を抑えたいなら、ネットショップで買えば、商品代を抑えることができ、
送料も無料になります。

ガナドールマフラーを選んだ理由

先に、ガナドールマフラーを選んだ理由を書いておきます。

ガナドールマフラーは、完全に車両専用設計になっています。

通常、レガシィ用の社外マフラーであれば、2.5GTとDITは共通のマフラーを売っています。

また、ツーリングワゴンとB4も同じマフラーを使います。

ガナドールの場合は、2.5GTとDITを別商品とするだけでなく、ツーリングワゴンとB4までも別商品で分けています。

さらに、2.5GT用を見ればわかりますが、5ATと6MTまでも設計が異なるようです。

その結果、レガシィツーリングワゴンDIT用のVRE-036では、17.4PSの馬力アップが実現できるようです。

また、マフラーはブルーテールを狙っていましたが、ガナドールの場合は、テール部分が本物のチタンです。

一般的なブルーテールマフラーは、ステンレスにチタン風の焼き色を付けたものですが、ガナドールでは本物のチタンを使っています。

あとはデザインです。

砲弾型マフラーを装着したいと思っていました。

マフラーの径も大きく、また、重厚なデザインが決め手です。

ガナドールマフラー取り付け後の写真

ガナドールマフラー取り付け後の写真を紹介します。

斜め後ろから。

少し下のアングルから。

真後ろから。

まとめ

ここまで、ガナドールマフラーの取り付けについて紹介してきました。

取り付け作業の風景についても、後日記事にします。

マフラー選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする