やっちゃいました。鍛造ホイールのガリ傷・・・修理するか・・・それとも?

やってしまいました・・・!

鍛造ホイールにガリ傷がぁ・・・

RAYS VOLKRACING G25・・・

修理するか、それとも・・・

スポンサーリンク

原因:縁石が見えなかった

きっかけなんですけど、車を寄せて止めようと思ったんですよ。

路肩には花壇があって、それを目印に寄せたら・・・

ガリガリゴリってすごい音が・・・

バンパー当てたのかと思って絶望しながら降りたら、一段下の低い縁石にホイールをガリってました・・・

左前です。

バンパー、車体を擦らなかったのが御の字ですね。

ホイールだけなら、まだ立ち直れる・・・はず?

しかし、どうするか・・・

RAYSの修理サービスに依頼する

RAYSには、ガリ傷の修理サービスがあります。

そこに依頼すると、ホイール強度が落ちない範囲できれいに直してくれます。

デメリットとしては、修理期間中はスタッドレス・・・

真夏のスタッドレスって、かなり危険なんですよ。

スタッドレスは、ブリザック VRXなのですが、
ハンドルを切るとヨレヨレします。

さらに、300馬力、AWDの車がアクセル踏み込むと、ドライ路面でも普通にスピンします。

さらにさらに、摩耗も早いです(笑)

買いなおす

買いなおしたら新品が来ますね。

一番確実な方法ではあります。

結局、買いなおすことにします。

迷いましたが、このまま乗って、しばらくしたら買いなおす方向で考えています。

ガリ傷の部分が、ダイヤモンドカットの部分なんです。

アルミむき出しの、ギラギラした部分がざらざらになってます。

これを修理するってなると、復元はできないのでおそらく研磨ですよね?

RAYSの鍛造って、軽量化のためにもともとそぎ落としているんで、強度が心配なこと。

それと、鋳造と違って、鍛造ホイールはアルミを鍛えて、鍛流線が強さの元だったりします。

どんな修理をするかわかりませんが、なんかバランスが崩れそうな気がしませんか?

鍛造ホイールは、全体が鍛造だからバランスがいいわけで、部分的に違うとちょっと・・・

RAYSのページにも、ダイヤモンドカットの修理はできない可能性があると書いています。

タイヤの交換時期とも重なる

今回のガリ傷、幸いタイヤにはダメージがないようです。

来年あたりタイヤを変えようと思っていたので、その時にでも買いなおすことにします。

これ、もしタイヤがダメになってたらもっとやばかったんですよ。

AWDって、4本のタイヤの同時交換が推奨されているので、1本ダメになると4本交換が必要だったんです。

ちなみに、次のタイヤはミシュランがいいかな~なんて考えています。

まとめ

しばらくこのまま走って、タイヤ交換の時についでに買い替え。

これがベストかなぁ・・という感じです。

みなさんも、縁石には注意してください(笑)

縁石との「ご縁」はないほうがいいですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする