レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT “DIT” spec.B EyeSight 5年目車検の見積額!

愛車のレガシィ ツーリングワゴン 2.0GT “DIT” spec.B EyeSightが、5年目の車検を迎えました。

車検前無料見積もりの段階で、点検パックのおかげか、まだまだ綺麗ということでしたので、特に特別な交換パーツは発生していません。

追加で2年の点検パック付き車検を行いますので、その見積額を紹介します。

また、一番気になっていた下回りの状態ですが、何の問題もないということでした。

冬のドライブ時に郊外の高速道路で融雪剤がまかれている場所も走ったのですが、これぐらいでは特に問題がないようです。

スキーに毎年行く方などは、そろそろ下回りを気にしたほうがいい時期であるとのことでした。

スポンサーリンク

気になる下回りの状態

薄々気になっていた下回りの状態。

車検前無料見積もりの際にリフトアップするということで、ついでに見せてもらいました。

なお、日常的な車の保管状況ですが、屋内保管としています。

雨の日でも気にせず走っているので、おおよその参考としてご覧ください。

まずは全体像なのですが、錆は見当たりません。

一番さびやすいと言われているマフラーも、ちょっとくすんでいる程度で、特に問題はないとのことでした。

なお、純正マフラーはさびやすいらしいので、もしも純正マフラーが錆て限界に達したら、柿本改などで販売されているステンレス製のセンターパイプへの交換も視野に入れています。

恐らく、マフラー自体は社外のステンレス製の方が長持ちするはずです。

中央部分のアップ写真です。

マフラーは若干くすんだ色になっています。

レガシィは意外とアンダーカバーが多いので、水が直接下回りに触れにくくなっており、錆にくいのでしょうか。

マフラー以外では、リアデフだけ錆がありました。

これも特に問題ないとのこと。

基本的にボディを構成するフレームに錆がなければ、強度面での問題はないということです。

足回りも、写真のようにまだまだ綺麗です。

5年目の車検の際には、多くの方が下回りの防錆塗装を勧められるそうです。

しかし、この状態では防錆塗装は不要ということで、今回施行は行いませんでした。

車検の見積額

総額169,376円

車検の見積額は、ズバリ169,376円となっていました。

法定費用 59,830円+点検パック 78,445円+整備費 31,101円=169,376円です。

法定費用については、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代などとなっており、車検の際の必須となる金額です。

では、点検パックの78,445円と、整備料31,101円について、詳細を見ていきましょう。

点検パックの作業内容

車検付き点検パックに加入した

今回は、車検+2年間の点検パックとなるプランに加入しました。

今回の車検と、2年後の車検前無料見積もりまでがセットになったプランであり、この価格が78,445円となります。

点検パックがどの程度お得なのかというと、車検代+1年点検の料金で、実質的に無料で半年点検が2回ついてくるプランです。

整備代の前払いをすることで、ちょっとだけお得になります。

正直不要な気もしましたが、
・特に損することはないこと
・ディーラーとの関係を保つこと
この2点で、加入することにしました。

損しないなら、別に加入してもいいかな・・・という感じです。

点検パックの作業内容

・車検整備 点検パック

・車検更新手数料

・検査・機器使用料

・ホイールアライメント 点検・調整

・ヘッドライト焦点 点検・調整

・スチームクリーニング

→下回り洗車のことです。
洗浄することで、オイル漏れの有無をチェックするらしい。
ちょうど下回り洗車を行いたいと思ってたので、ちょうどいいタイミングでした。
なお、下回り洗車単品の場合、1,500円とのことです。

・点検パック・オイル交換 交換

・及びフィルター交換 交換

・ガスケット

・オイルエレメント

・SUBARU SN 0W20/5W30

・エアクリーナー 点検

・Vベルト 点検

・スパークプラグ 点検

・クーラント液 点検

・バッテリー液 点検

・ウォッシャー液 点検

・ブレーキフルード 交換

・ブレーキフルード

→ブレーキフルードの交換作業と、ブレーキフルード本体の部品代という意味です。

・全ブレーキ 分解・清掃・給油

・ブレーキクリーナー&グリス

・Fブレーキ残量 mm

・Rブレーキ残量 mm

・Fタイヤ溝残量 mm

・Rタイヤ溝残量 mm

・タイヤローテーション

・下廻り各部 点検 締付

この合計額が、78,445円となります。

これ以外に、2年後の車検前無料見積もりまで、ちょうど車検の手前までに、半年に一回の整備がセットになります。

追加整備の作業内容

次に、追加整備となる31,101円の内容を見ていきます。

下廻り防錆塗装

技術料:4,320円

部品代(スリーラスター):5,143円

先ほども書きましたが、不要な整備なのでキャンセルしています。

ワイパーラバー交換

技術料(フロント2カ所,リア1カ所の合計3カ所):1,296円

部品代
ラバーアセンブリ,ウインドシール:1,134円
ラバーアセンブリ,ウインドシール:1,004円
ラバーアセンブリ,リヤワイバ:713円

これは、ワイパーのゴム交換のみとなり、アームは交換しません。

ワイパーのふき取りの悪さは感じませんでしたが、おすすめということで交換することにしました。

EyeSight診断

EueSightの診断です。

車検時に行うもので、無料です。

フロントデフオイル交換

技術料:2,529円

部品代
Fデフオイル:1,296円
ガスケット:173円

デフオイルの交換は、4万kmごとが推奨されているので、交換することになりました。

リアデフオイル交換

技術料:2,529円

部品代
AWDオイル:967円
ガスケット:583円

エアコン消臭・抗菌パック

クリーンエアフィルター 交換

技術料:1,728円

部品代(CLEAN AIR FILTER1009):3,240円

クリーンエアフィルターは、1年または1万2000kmでの交換が推奨されています。

前回の交換が2年前の車検時だったので、交換することにしました。

エアーリフレッシュ

技術料:1728円
部品代(エアーリフレッシュPRO):2,592円

エアーリフレッシュは、エアコンの配管を洗剤で洗浄するものです。

エアコンから匂いは無かったので、今回はキャンセルしています。

不要な整備

上記でも書いていますが、念のため不要と判断し、キャンセルした整備内容について再度紹介します。

下廻り防錆塗装

こちらは実際に下廻りを確認し、整備の方に直接聞いたら不要とのことでした。

下廻り防錆塗装は、施工した場合1年に一回の上塗りが必要になるものでしたので、キャンセルしました。

上塗りうんぬんよりも、不必要な整備は行いたくないのです。

エアーリフレッシュ

クリーンエアフィルターkの交換と同時に、エアコンの配管を洗剤で洗浄することを勧められました。

ただ、エアコンを洗剤で洗浄して、洗剤成分が残った場合、エアコンの吹き出し口から排出されるわけですよね。

エアコンのにおいもないことから、今回はキャンセルしました。

エアコンから匂いが出たときに、施行を考えようと思います。

まとめ

ここまで、レガシィの車検の見積について紹介してきました。

一部不要な整備も抱き合わせてきているので、要らないものは要らないとはっきりと断らせていただきました。

基本的に、過剰整備はコストがかかるだけではなく、分解・組み立てなどによって見えない部分で車に負荷が生じます。

順調なうちはオイル交換だけで走らせて、ダメになった部品だけを順次取り換えていく。

これが、車を長く乗るためにはベストな選択だと思っています。

皆様の車検の見積額と比較して、いろいろ吟味してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする