★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

REBOOTの効果をレビューします!(ウォータースポット・雨染み・スケール・黒ずみ除去剤)
(4.REBOOT施工時の補足事項)

愛車レガシィDITの悩みだったボンネットの雨染み。

専門業者に聞くと、研磨しかないと言われ、
再コーティングを促されました。

固着した雨染みなら研磨ですが、
数か月程度で急激に付着した雨染み
さらに屋根付き保管で太陽からの焼き付きもほぼ無い状態で、
塗装に負担のかかる研磨を選択する必要があるのか?

その結果見つけたのがGANBASS REBOOTです!

化学の力は素晴らしい!

レビューをお届けします!

訪問者数

レガシィDIT 30000km達成!

愛車レガシィDITの悩みだったボンネットの雨染み。

専門業者に聞くと、研磨しかないと言われ、
再コーティングを促されました。

固着した雨染みなら研磨ですが、
数か月程度で急激に付着した雨染み
さらに屋根付き保管で太陽からの焼き付きもほぼ無い状態で、
塗装に負担のかかる研磨を選択する必要があるのか?

その結果見つけたのがGANBASS REBOOTです!

化学の力は素晴らしい!

レビューをお届けします!

今回はREBOOT使用時の注意事項についてまとめました。

購入した商品について知りたい方は、
1.REBOOTの概要と購入した商品の紹介
REBOOTの施工前と後の塗装の比較を知りたい方は、
2.REBOOTの施工結果
REBOOTの使い方を知りたい方は、
2.REBOOTの効果的な使用方法
をご覧ください。

REBOOT(雨染み・ウォータースポット・スケール・黒ずみ除去剤)

スポンサーリンク

REBOOTの補足事項

1.車体へのダメージについて

使い方のところで、
「長時間車体にREBOOTを放置すると負担があり、1分以内には拭き取ってください。」と書きましたが、
体感的には素早く水洗いをしなくても、すぐに拭き取れば害はないようです。
塗って拭き取るを繰り返して、全面施工後に水で洗い流しましたが、ケミカル焼けはしませんでした。
他のケミカルでは分かりませんが、REBOOTは車体へのダメージを最小限に抑える設計がされているようで、
めちゃめちゃ神経質になるほどではないようです。

2.REBOOTの使用量について

マイクロファイバーにREBOOTを(節約せずに)タップリと浸みこませます。
最初は車体への負荷を考えて少量でやってましたが、
逆に擦らないと取れないため洗車傷が入ります。
マイクロファイバーからケミカルが垂れない程度にビチョビチョになるぐらいにすれば、さっと拭くだけで面白いぐらいに汚れが取れます。

3.高温での使用は禁止

高温は絶対ダメです。
高温だとケミカルが効きすぎてケミカル焼けが発生します。 夏場の炎天下は絶対ダメ。
それ以外の季節でも施工は夜が良いでしょう。
実際、洗車場に着いたとき、ボンネットがかなり熱かったです。
冷えるのを待ってから施工しましたが、エアインテークの部分はまだ熱が残っていました。
ケミカル焼けは起こりませんでしたが、エアインテークの部分だけ妙に雨染みの除去が早かったです。
結果的には良く取れてよかったのですが、
考察すれば、温度が高いとケミカルがよく効くのは確実で、もしあまりにも高温だと塗装にダメージが発生します。

4.REBOOTで取れてる感じがしない場合

REBOOTをに塗ると、汚れが白く浮き上がって取れるのですが、
REBOOTを塗って、白くなって拭いてを繰り返しても、見た感じでは取れてない場合があります。
この場合、強く擦らないでください。
僕の場合、施工中には雨染みが取れ切れていない感じでしたが、
最後、水洗車をすると一気に取れました。
万一、水洗車後もシミが残っているなら複数回に分けて施工してください。

5.経年車は要注意

経年車はケミカル焼けが起こりやすいらしいので、注意してください。
細かい傷や塗装の劣化にはケミカルのダメージが大きいらしいです。
経年車に限らずケミカルの使用法の基礎として、どのクルマも、「まずは見えない部分で試す」ことをお勧めしています。

参考に、
今回の坊ちゃん(レガシィDIT)の場合、3年でしたが大丈夫でした。
普段の管理法としては屋根付き駐車場で日を(ほぼ完全に)避けて保管しているので、
走行中以外は太陽光を浴びていません。
同じ3年でも青空駐車場保管のクルマとは塗装状態が異なると思うので注意してください。

REBOOT(雨染み・ウォータースポット・スケール・黒ずみ除去剤)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

REBOOTは、雨じみ、ウォータースポット、スケール、黒ずみ除去において最強のケミカルだと思います。
取れない雨染みで悩んでいるなら、研磨の前に一度REBOOTを試してみて下さい。
使い方さえ守れば塗装へのダメージはほとんどなく、
研磨して再コーティングという塗装にとって最悪の負担を掛けずに済みます。

関連記事:愛車紹介

前の記事:REBOOTの効果的な使用方法

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク
目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.