【フォグLED化】フォグをハロゲンからLEDに交換する時のバルブの選び方(IPF製E104HFBW極黄を購入しました!)

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、レガシィ(BR)のフォグランプをLED化しようと思い、IPFのLEDフォグバルブを購入しました。

型番はE104HFBWで、色温度は2600K、明るさは4000lmです。

先に商品レビューをしていきます。

スポンサーリンク

動画で紹介

LEDフォグバルブを選ぶときの注意点

バルブ規格に注意

フォグランプのバルブには規格が存在するので注意しましょう。

LEDへの交換する際に、規格の違うLEDバルブは取り付けできません。

購入を間違うともったいないので、必ずチェックしておいてください。

例えば、5代目レガシィであればマイナーチェンジの前後でフォルランぷの規格が異なります。

バルブ規格 5代目レガシィ(BR/BM)の場合
H3
HB4 前期型(A型、B型、C型)
H8
H9
H11
H16 後期型(D型、E型)

他にも取り付け部の形状とかによって規格が決まっているので、愛車のバルブ規格を調べて、それに合うバルブを選ぶようにしてください。

LEDはドライバーユニット一体型が良い

フォグがハロゲンの車をLEDに交換する場合、イメージ的にはポン付けできることをイメージすると思います。

しかし、LEDは単体ではランプとして機能せず、抵抗を含め制御回路が必要になります。

※制御回路のことをIPFはドライバーユニット、PIAAはコントローラーと呼んでいます。

このドライバーユニットが、本来は外付けになっていて、真っ黒の電源ボックスみたいなのが付属するので、取り回しに難があります。

ドライバー回路自体も、車のどこかに両面テープで貼り付ける必要があり、思うほどポン付けにはなりません。

そこで、このIPFのドライバーユニット一体型を選びました。

ピンクのゴムの後ろのところに、ドライバー回路が内蔵されています。

このE104HFBWは、純正フォグからポン付けで交換できます。

IPF LEDフォグ E104HFBWのレビュー

では、E104HFBWのレビューをしていきます。

フォグランプでの使用であれば、車検適合です。

なお、消費電力は25Wで、ハロゲンフォグは19Wなので、省エネ効果はイマイチなようです。

注意書きなど。

ハロゲンからLEDに交換することで、発熱が小さくなるため、雪が溶けにくくなるなどのデメリットはあります。

開封するとこんな感じです。

  • バルブ2個
  • レンチ1個
  • 取扱説明書
  • IPFのステッカー

が入っています。

結構がっちりした筐体になっています。

この中にドライバーユニットが入っています。

ここが発光部分です。

純正ハロゲンフォグとの比較

純正ハロゲンフォグと並べて比較してみました。

こちらがスバル純正のハロゲンフォグです。

6年目の1年点検の時に純正フォグを交換しています。

差し込む電球部分のサイズは変わりませんが、後方のサイズが大きいです。

ドライバーユニットが内蔵されているので、その分サイズが大きくなっているのでしょう。

コネクターはこの通り。

左がLEDフォグ、右が純正ハロゲンフォグです。

省エネ効果はイマイチ

先にも紹介しましたが、省エネ効果はイマイチです。

ハロゲンフォグの消費電力は19Wに対し、LEDの消費電力は25Wになっています。

あとはLEDの耐久性に期待したいところです。

まとめ

ここまで、IPFのLEDフォグである、E104HFBWのレビューをしてきました。

取り付け後の写真は別記事をアップします。

以上、LEDフォグの選び方について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする