リレーアタック対策 LIBO 電波遮断スマートキーケースのレビュー【スキミング防止にも】

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、最近の車上荒らしのニュースで見るリレーアタック対策のグッズについて紹介します。

このグッズは、スマートキーを装備している車に対してです。

スマートキー搭載車両とは、キーを操作せずに車の施錠・開錠やエンジンの始動ができる車のことであり、

  • 車のドアのボタンを押して施錠
  • ドアノブに触れて開錠
  • プッシュボタンでエンジン始動

などができる車は、スマートキー搭載車両です。

こうした車には常にリレーアタックの危険性があるので、対策グッズを購入しておいても問題ないでしょう。

スポンサーリンク

リレーアタックとは

リレーアタックとは、スマートキーおよび車から発信されている微弱電波を悪用した車上荒らしの手法です。

最悪の場合には、車の盗難にもつながる可能性があります。

以下、本記事での説明はスマートキー側に着目した簡単なイメージですので、リレーアタック自体の詳細はYouTubeなどでもご確認ください。

参考に、ドイツ自動車連盟の動画を紹介しておきます。

冒頭の10秒程度がリレーアタックの手口になります。

リレーアタックの説明動画

車の持ち主(スマートキー所有者)を特定する

まずは車の持ち主を特定します。

コインパーキングやファミリーレストランなどでは遠くから誰かが見ている可能性が高いようです。

また自宅駐車場の場合には、自宅内にスマートキーがありますから、24時間365日、盗難の危険に晒されているといえます。

※自宅駐車場の方で玄関にスマートキーを置いている方は要注意です。

スマートキーの微弱電波をキャッチする

スマートキーからは微弱な電波が出ています。

この微弱な電波は1mほど届くのですが、犯行グループが受信機を使ってこの電波をキャッチします。

電波増幅して犯行グループの別の人に送信

犯行グループの一人がスマートキーの電波を受信すると、電波を増幅し送信します。

開錠できる

車の近くの犯行グループの一人は、受け取ったスマートキーの電波を利用して、ドアノブに触れるなどして、スマートに車を開錠できます。

そのまま盗難を行う

スマートキーと車の間では認証されている状態ですから、プッシュスタートでエンジンも始動できます。

最悪はそのまま乗っていき、車両盗難事件に発展します。

リレーアタックを防ぐためには

このリレーアタックを防ぐには、スマートキーから発信されている微弱電波を遮断する必要があります。

電波を遮断するにはアルミホイルなどで覆ってしまうというのもいいのですが、出先のコインパーキングでアルミホイルに巻くのもスマートではありません。

そこで、アクセサリーにもなるスマートキーケースを選ぶといいでしょう。

今回は、国内メーカーのLIBOというメーカーのスマートキーケースをレビューします。

LIBO 「国内メーカー」リレーアタック防止用スマートキーケース 電波遮断ポーチ スキミング防止 高級 PUレザー (レッド)
・安心の国内メーカー
・質感の高さも魅力(製品に丁寧さが感じられる)
・アクセサリーにも使える豊富なカラーバリエーション
・リレーアタック防止におすすめ!

LIBO 電波遮断スマートキーケースのレビュー

LIBOというブランド、多くの方が聞いたこともないと思いますが、「株式会社ミラフ」というスマートフォン向けのアクセサリーメーカーで、大阪の守口市に本社があります。

安心の日本国内メーカーですので、電波遮断機能も確かなものだと思い、購入しました。

パッケージも高級感のあるデザインで、車関係のお友達とかに、贈り物にも使えると思います。

裏面はこんな感じ。

今回はAmazonで購入しました。

あくまでも購入時点(2021年3月16日現在)ですが、Amazonのマーケットプレイスにメーカーが直接出品していますので、ほかの通販サイトよりも安く購入できました。

※Amazonで「dezicazi」という名前で出品されています。

開封しました。

箱の質感も本当にいいですよ。

スマートキーケースの本体がこちら。

表面はフェイクレザーとなっています。

キーホルダー的な感覚で使えるデザインです。

カラーは、

  • ネイビー
  • ブラウン
  • ブラック
  • レッド

の4色です。

ネイビーと迷ったんですけど、鮮やかなレッドにしました。

いい感じのレッドです。

スマートキーケースの裏面です。

細かいところまで丁寧に作られていて、ガッチリした感触。

耐久性もよさそうです。

スマートキーケースのふたの部分は、マジックテープになっています。

ポケットは2個に分かれています。

手前側のポケットは、電波遮断機能がありません。

駐車券とか、ちょっとした交通系ICとかを入れるのに使えます。

あとはスマートキーの電波を遮断したくない状況で使うのもいいでしょう。

奥側にもポケットがありこちらが電波遮断のポケットになっています。

ポケットの内側がシルバーになっているので、一目でわかると思います。

スマートキーにて施錠後、車を離れる前にこの電波遮断ポケットにスマートキーを入れてください。

そうすることで、リレーアタックによる車両盗難を防ぐことができます。

面倒だけど防犯のために

スマートキー、本来は荷物で手がふさがっている時とか、雨の日とか、そういう時にサッと車を開錠できることで、便利な鍵です。

電波遮断を行うということは、毎回スマートキーを出す必要があり、面倒です。

もはや、何のためのスマートキーであるのかさえも分からなくなってきます。

先進技術の創造の裏では、破壊しようとする人がいることも事実です。

「自分は関係ない」と思うのではなく、できるセキュリティはご自身で対策をしていきましょう。

まとめ

ここまで、リレーアタックの手法と、LIBO 電波遮断スマートキーケースについて紹介してきました。

LIBO 「国内メーカー」リレーアタック防止用スマートキーケース 電波遮断ポーチ スキミング防止 高級 PUレザー (レッド)
・安心の国内メーカー
・質感の高さも魅力(製品に丁寧さが感じられる)
・アクセサリーにも使える豊富なカラーバリエーション
・リレーアタック防止におすすめ!

スマートキーケース自体は商品にもよりますが、比較的手ごろな価格で販売されています。

今回購入したLIBOのキーケースは、価格的には2000円~3000円程度のものです。

一番手軽で、そしてデザインにもこだわっているスタイリッシュなキーケースですから、カバンなどのアクセサリーの代わりとして、購入してみてもいいのではないでしょうか。

以上、リレーアタックの手法と、LIBO 電波遮断スマートキーケースについて、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする