PL花火芸術2019に行ってきました!穴場は藤沢台小学校前!(藤沢台公園・藤沢台動物病院前)

大阪 夏の風物詩 PL花火芸術 2019に行ってきました。

光丘カントリー倶楽部で行われる日本有数の花火大会です。

本来は富田林に本庁のあるPL教の教祖を祭る式典としての意味がありますが、打ち上げられる花火の数や規模の大きさから注目を浴び、いまでは夏の風物詩としての意味合いが強いです。

超大型スターマインをフィナーレにするPL花火芸術の穴場も紹介します!

スポンサーリンク

PL花火芸術の開催場所

PL花火芸術

開催場所:光丘カントリー倶楽部

住所:大阪府富田林市大字新堂2258-1

GoogleMapも掲載します。

ちょうど高校野球で有名になったPL学園のそばです。

もちろんですが、PL花火芸術は、あくまでもPL教における式典の一部分です。

一般の方は開催場所には入ることはできませんので、遠目から見ることになります。

近鉄 富田林より南海 大阪狭山市駅がおすすめ

才ほど紹介したように、PL花火芸術は、富田林市の光丘カントリー倶楽部で行われます。

最寄り駅は近鉄 富田林駅なのですが、日本有数の花火大会ということもあり、当日はかなりの混雑をします。

しかし、近年は有料の観覧席の廃止などもあり、花火打ち上げ近くまで近づくことができなくなっています。

さらに、かなり規模の大きい花火が打ち上げられるので、あまり近いと花火全体が見えないなどの問題もあるため、程よい位置を探すことが大事となります。

そこでおすすめなのが、南海高野線 大阪狭山市駅です。

PL花火芸術の開催時間は20:00からで、開始30分前の19:30ごろの南海高野線 大阪狭山市駅の様子がこんな感じ。

混んではいますが歩けます。

こちらは帰りの写真ですが、大阪狭山市駅に急行 なんば行きが停車しています。

普通は急行は大阪狭山市駅を通過するのですが、何回も近鉄と同じように、臨時ダイヤが組まれているようです。

なお、南海電車 大阪狭山市駅からでも花火は見えるのですが、立ち止まることは禁止されています。

列車往来の妨げにもなるので、ホームでの花火の観覧は辞めましょう。

規制のコーンも置かれています。

南海高野線 大阪狭山市駅に行くには

なお、南海高野線への乗り換えには、

  • JR関西線「JR難波」、地下鉄御堂筋線・千日前線「なんば」、近鉄大阪線・阪神なんば線「大阪難波」
  • JR大阪環状線・関西線「新今宮」、地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」
  • 地下鉄堺筋線「天下茶屋」
  • JR阪和線「三国ヶ丘」
  • 地下鉄御堂筋線「なかもず」

で乗り換えが可能です。

新幹線からは御堂筋線(中百舌鳥または動物園前乗り換え)、奈良方面からはJR関西線(新今宮乗り換え)、神戸方面からは阪神線(大阪難波乗り換え)が便利です。

また、大阪狭山市駅は、通常は各停と準急しか停車しません。

今回のように臨時ダイヤで急行が停車する可能性はありますが、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

PL花火芸術の穴場スポットは藤沢台小学校前

穴場探しは地名がヒント

今回はPL花火芸術2019に行く前に、撮影場所探しでGoogleMapを眺めていました。

多くのサイト様で紹介されているのが、狭山池公園、金剛山の山頂などです。

しかし、狭山池公園は人が多く、また打ち上げ場所から離れているためにあまり迫力はないとのこと。

金剛山については、ロープウェイが強度不足が見つかり当面運転取りやめとのことで、断念しました。

あとは、あべの橋にある日本最高のビル「あべのハルカス」の展望台からも見えるようですが、あまりにも遠すぎて、ただ見えているだけで迫力はなさそう。

そこで、ふと目に止まったのが藤沢台公園。

藤沢【台】ですから高台でしょうし、打ち上げ場所の光丘カントリー倶楽部から藤沢台公園までの直線を見てみると、向陽台という場所がありましたが、GoogleMapにて藤沢台小学校から光丘カントリー倶楽部までの徒歩経路を調べると、平たんな経路となりました。

もしや、、、穴場では・・・?と思い、実際に行ってみました。

穴場はズバリ「藤沢台小学校の前」です!

PL花火芸術を見る穴場は、ズバリ「藤沢台小学校の前」です。

GoogleMapを添付します!

近隣には藤沢台公園があります。

また、「藤沢台動物病院」も目印になります。

初めはGoogleMapで見た、藤沢台公園の歩道橋で見ようと思っていたのですが、すでに人でいっぱい。

結局、藤沢台小学校の前の押しボタン信号機のところに行ったのですが、これが偶然にもベストなポイントでした。

地元の方のお話では、「小学校前」という名前で、地元では隠れスポットとして有名なようです。

撮影場所は、まさにこの押しボタン信号機の根本の部分です。

帰りも、ほぼ一番乗りで南海高野線 大阪狭山市駅にたどり着けるので、座って帰ることができました!

PL花火芸術の動画

藤沢台小学校前から撮影した、PL花火芸術の動画です。

あの花火の迫力は動画では伝わりきりません!

フィナーレ 超大型スターマイン

一番の見どころは、フィナーレの超大型スターマインです。

動画ではただの大爆発にしか見えないのですが、実際に見ると、上空で一つの花火が小さい花火に分裂し、個々の小さい花火が連続的に爆発している様子が見えます。

連続して爆発した個々の花火の光が重なって、また残った光の中で別の色の花火が続けて爆発し、連続的に華が開く演出はかなりの迫力でした。

動画内で爆発音が連続的に聞こえると思いますが、この爆発音の数だけ花火が打ち上げられていると考えると、かなりの数です。

PL花火芸術 2019 その1

PL花火芸術 2019 その2

PL花火芸術 2019 その3

PL花火芸術 2019 その4

PL花火芸術 2019 その5

PL花火芸術の画像

では、藤沢台小学校前から撮影した、PL花火芸術 2019のベストショットを紹介します。

まとめ

ここまで、PL花火芸術 2019について紹介してきました。

PL 花火芸術は日本でも有数の規模を誇る花火大会ですから、最寄り駅となる近鉄 富田林駅は大混雑で、入場制限が行われます。

そうしたことを考えると、南海高野線 大阪狭山市駅を利用し、花火打ち上げ場所の西側から観覧するのが最適ではないでしょうか?

その一例として、藤沢台小学校前を紹介しました。

低い花火は見えませんが、花火の爆発音などもしっかり聞こえるので臨場感もあり、混雑を避けたい場合にはお勧めできるスポットです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする