堺浜楽天温泉 祥福の湯に行ってきました。源泉かけ流しとファミリータイプのレストランが魅力です。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、堺浜楽天温泉 祥福の湯について紹介します。

大阪周辺において珍しい(一部)源泉かけ流しの温泉と、ファミリータイプのレストランが魅力。

駅からは遠いですが、地下鉄 四ツ橋線 住之江公園駅からの無料送迎バスや駐車場も3100台駐車可能で、アクセスに優れた郊外のスーパー銭湯です。

メモ

堺浜楽天温泉 祥福の湯について、簡単に感想をまとめるのであれば、

  • 残念なのが(公式サイトでアピールしているにも関わらず)全てが源泉かけ流しではなかった
  • それ以外はOK
  • 総合的には、リピートしたい温泉

って感じですね。

ただね、公式サイトの説明文では、100%源泉かけ流しであると誤解を招くと思います。

これは最初ガッカリしました・・・

スポンサーリンク

堺浜楽天温泉 祥福の湯のアクセス

無料駐車場は3100台

無料駐車場は3100台あります。

全て平面になっています。

この祥福の湯があるのは、堺浜シーサイドステージという場所。

堺浜シーサイドステージの一部が、祥福の湯になっています。

堺浜シーサイドステージには、

  • ガスト
  • 屋内遊園地
  • ボーリング
  • スーパー銭湯

があり、一日中遊べる施設になっています。

地下鉄住之江公園から無料送迎バス

祥福の湯へは、地下鉄住之江公園駅から無料送迎バスがあります。

詳細は公式ホームページを参考にしていただきたいのですが、住之江公園駅には大阪シティバスのバスターミナルがあります。

そのバスターミナルから、無雨量送迎バスが発車しているようです。

堺浜楽天温泉 祥福の湯 公式サイト

堺浜楽天温泉 祥福の湯の温泉の感想

堺浜楽天温泉 祥福の湯に行って分かったことは、

  • 100%源泉かけ流しではない
  • 天然温泉+高濃度炭酸泉が特徴
  • 主成分は塩化物イオンの弱アルカリ性単純温泉

ということです。

公式サイト上ではわかりにくいのですが、源泉かけ流しは一か所だけで、それ以外は循環です。

100%源泉かけ流しではない(源泉かけ流しは一部だけ)

これが残念なポイント。

実は、源泉かけ流しの温泉もあるだけで、全てが源泉かけ流しではないんですよね。

公式サイトにも、『「源泉かけ流しの湯」などがご利用いただけます。』と書いていますが、これは「源泉かけ流しの湯」だけが源泉かけ流しで、それ以外は循環という意味です。

気づいたのが、壺湯があるのですが、この壺湯が塩素臭かったんです。

で、源泉かけ流し名のに?と思って温泉内の表示を見ていると、源泉かけ流しは一部だけ。

それ以外は循環式となっていました。

(当然)男性用しか知りませんが、脱衣所から入って真正面の露天風呂だけが源泉かけ流し。

それ以外は循環です。

ここは残念なポイントでしたね・・・

天然温泉+高濃度炭酸泉の組み合わせ

祥福の湯のメインの温泉として、天然温泉に高濃度炭酸泉を含んだものがあります。

この炭酸泉が内湯の大部分を占めていました。

炭酸の濃度は行った日で1050ppmでした。

※表示が固定ではなかったので、日によって表示が異なるかもしれません。

温度も低めで39℃代でした。

ゆっくり温もることができるので、いいですよ。

※なお、再度書きますが、ここは循環式・・・

主成分は塩化物イオンの弱アルカリ性単純温泉

堺浜楽天温泉の泉質は弱アルカリ性の単純温泉です。

詳細な成分は控えてないのですが、塩化物イオンが主成分となっていました。

すぐ横が大阪湾なので、こうした成分になるのでしょうか。

源泉かけ流しとなっている露天風呂のお湯を観察したところ、

  • 温泉は少し黄色っぽい
  • 若干のヌメリ、とろみがある

感じでした。

匂いは特にないです。

この辺りは温泉の専門家の方の方が詳しいと思います。

堺浜楽天温泉 祥福の湯の写真

さて、堺浜楽天温泉 祥福の湯の写真を紹介していきます。

ここが入ってすぐのロビーのところ。

正面に見えるのが岩盤浴ですね。

館内の案内図です。

1階がレストランと岩盤浴、2階がフード&テラスと温泉です。

2階には寝転び座敷という休憩所があるのですが、狭いので使い物になりません。

入館時にもらうシューズロッカーのキーが、館内での財布代わりになります。

バーコードを当てると、食事や商品を購入できます。

レストラン お食事処 祥楽

こちらは1階にあるファミリータイプのレストランです。

和食中心ですが、一般的なメニューは何でもそろっています。

座敷もあるので、ファミリーでも入りやすいお店だと思います。

また、タッチパネル式で、フルサービスなのも魅力的でした。

枝豆

まずは枝豆。

ピリ辛手羽先炙り焼き

これおいしいですよ。

手羽先関係の料理はどのお店でもハズレは少ないです。

多分、味付けとかじゃなくて、手羽先がおいしいんですよね。

するめの天ぷら

これもお気に入りです。

やっぱりスルメイカがおいしいんですよ。

油っこくなかったので良かったです。

マヨネーズ無しでも十分おいしいです。

鶏ももガーリックポン酢

ガーリックが効きすぎていて残りそうなので、翌日にお仕事や学校があるなら、注文しないほうがいいと思います。

天ぷらそば

少し甘めのお出汁。

そば(麺)は、

  • 田舎そば
  • 更科そば
  • うどん

から選べます。

下の写真は、田舎そばです。

天せいろそば

こちらもおいしかったです。

天ぷらそばと同じく、

  • 田舎そば
  • 更科そば
  • うどん

が選べます。

下の写真は更科そばです。

メニュー一覧

1階お食事処 祥福のメニューを紹介します。

2階 フード&テラス

2階のフード&テラスは、ホットプレートに盛った料理が多い印象。

アルコールメニューが充実しており、どちらかというと、大人向けな印象です。

今回は利用していませんが、次回利用して、写真をアップしようと思います。

メニューはこちらです。

鉄板に盛ってる系の料理が多いです。

アルコール類の種類が多いので、大人向けでしょうね。

まとめ

ここまで、堺浜楽天温泉 祥福の湯について紹介してきました。

残念だったのは、公式サイトで源泉かけ流しと書きながらも、100%源泉かけ流しではなかったことです。

というか、全てが源泉かけ流しと勘違いするような表現が残念でした。

実際に温泉に行くと、一部の浴槽のみが源泉かけ流しであり、その他は循環でした。

したがって、源泉かけ流しに価値を感じる方には、ガッカリする結果になるのではと思います。

一方で、温泉施設としてみるといい場所でした。

やはり堺の浜手の郊外の立地ということで、敷地に余裕があり、窮屈さを感じません。

露天風呂では潮風が吹いている他、内湯の高濃度炭酸泉もなかなか良かったです。

よって、総合的にいい温泉施設なのですが、源泉かけ流しについては過度に期待しないでください。

そんな感じで、堺浜楽天温泉 祥福の湯について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする