日産 GT-Rを見てきました!(@銀座のNISSAN CROSSING)

銀座にあるNISSAN CROSSINGで、GT-Rを見てきました!

ちょっと気になっ手たことも聞いたので、そのあたりもまとめていきます!

スポンサーリンク

GT-R基本情報

GT-Rの主要なスペックについてです。

V型エンジン6気筒 3.8L ツインターボ
最高出力:419kW(570PS)/6800rpm
最大トルク:637Nm(65.0kgf・m)/3300-5800rpm

トランスミッション:6速デュアルクラッチ

GT-R NISMOの場合には次のスペックになります。

V型エンジン6気筒 3.8L ツインターボ
最高出力:441kW(600PS)/6800rpm
最大トルク:652Nm(66.5kgf・m)/3600-5600rpm

トランスミッション:6速デュアルクラッチ

今回展示されていたのは、普通のGT-Rの方でした。

GT-Rのエクステリアデザイン

まずは、GT-Rのエクステリアデザインを見ていきましょう。

まずはフロントからです。

デイライトのLEDの位置が若干高いのがおしゃれだと思うんですよね。

しっかりとアクセントになっています。

リアです。

一目でGT-Rってわかります。

当然足回りはゴツイです。

マフラーは出口は太いですが、奥のほうでは絞っていますね。

GT-Rのインテリアデザイン

まずは、GT-Rのインテリアデザインを見ていきましょう。

早速運転席に乗り込みましょう!

運転席を横から。

スピードメーターはこんな感じになっています。

モニターで車両の情報がわかります。

セレクトレバーのパターンです。

後ろの視界はこんな感じ。
リアウィングも視界の妨げになりません。

ベダルはこんな感じ。

パワーシートは、このレバーひとつで動かします。
回したり引っ張ったりして調節します。

リアシートです。

リアシートに乗るのは難しいかな・・・?

足元空間は皆無です。

フロアマットにもGT-Rのエンブレム。

インフィニティブランドに昇格しないの?

トヨタも、スーパースポーツのLFAとかは、トヨタではなくレクサスに所属しています。

ホンダ NSXも、海外では高級車ブランドのアキュラに所属しています。

その点、GT-Rは全世界で日産の所属であり、インフィニティになっていません。

この点、なぜインフィニティに所属させないのか聞いてみました。

すると、「GT-Rは、あくまで「日産」の象徴的クルマであり、インフィニティにはしない」ということでした。

立ち位置はコルベットに近い?

GT-Rと似た例で、コルベットはシボレーであり、キャデラックではないですよね?

GMの中では、コルベットはアメリカ最強の走りは目指すが、内装の高級感はキャデラックに任せる
といった意味があるようです。

その点について、インフィニティとGT-Rの関係についても聞いてみました。

答えとしては、日産ではGT-Rとインフィニティにおいても明確な関係はなく、GT-R NISMOであれば、内装の素材もインフィニティをはるかに超えいるそうです。

GT-Rでは、あくまでも日産の象徴であり、コルベットとキャデラックの関係性でもないようです。

そのほかに知ったこと

現行GT-Rは10年間販売されていて、その間に8回のマイナーチェンジが行われています。

毎回のマイナーチェンジでは、ボディの空力性能を上げるために、mm単位でボディの曲線に変更が加えられているということでした。

また、乗っている乗員の数によって、車両の姿勢が変化しますが、GT-Rでは、その姿勢変化をサスペンションで補正するようです。

それと、ドアハンドルは、空力性能を重視するため、「押して引く」という独特な形をしていました。

まとめ

銀座にあるNISSAN CROSSINGでGT-Rを見てきました。

以前からちょっと気になっていたことを聞くことができて、すっきりしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする