JR北海道 函館駅の紹介と駅前イルミネーションについて

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、JR北海道 函館駅と駅前イルミネーションについて紹介します。

イルミネーションは冬限定だったと思います。

函館駅の雰囲気を紹介するために、イルミネーションの風景も少し紹介します。

そして、JR北海道 函館駅は、駅構内にヤマト運輸があるので、荷物を預けることができます。

旅行の荷物を減らすことができるので、計画的に利用するとなかなか便利な駅だなと感じました。

スポンサーリンク

函館駅前のイルミネーション

函館駅前でイルミネーションのイベントがあったので紹介します。

駅前だけなので雰囲気だけ簡単に紹介します。

夕暮れ時にはこのような感じです。

まだイルミネーションが点灯する前の様子ですね。

こちらがイルミネーションが点灯した時の様子です。

駅側から見るとこの通り。

綺麗ですが寒いです。

すっごい冷えます・・・

地面もカチカチに凍ってます。

函館駅の紹介

函館駅についても紹介します。

駅構内

こちらは函館駅の前にある、急函館駅所在地の目印。

函館本線0マイル地点記念ということです。

函館本線は、函館を起点とし、

  • 函館
  • 長万部
  • 小樽
  • 札幌
  • 旭川

を結ぶ423km、および、

  • 大沼
  • 鹿部

の分岐35kmの、かなり長い路線です。

その起点が、この場所ということですね。

函館駅の入り口全体は御覧の通り。

「ようこそ函館へ!!」と書かれたイカをモチーフにした郵便ポストがあります。

JR函館駅では交通系ICカードが使用できないので、券売機で切符を購入します。

  • 五稜郭
  • 新函館北斗

といった主要駅が大きく表示されるので、迷わずに購入できます。

2回から函館駅の入り口を見てみました。

北海道新幹線の幕があります。

駅2階にもイカがいます。

駅の正面にも北海道新幹線のイラストが。

函館周辺の観光スポットの案内もありました。

展望デッキ(冬季閉鎖)

冬季は閉鎖されていますが、展望デッキがあります。

展望デッキはこのような感じ。

函館駅のホームが見えます。

ヤマト運輸

函館駅の2階にはヤマト運輸があります。

  • 旅行の荷物の受け取り
  • 旅行先で増えた荷物の送付

などもできますので、行き道、帰り道の荷物を減らすことができます。

キハ40系

函館駅には、国鉄時代の気動車であるキハ40系が発着します。

キハ40系はこんな列車です。

キハ40系の詳細は、別の記事でまとめています。

JR北海道 函館本線 キハ40系の紹介

キハ40系に乗車するには、時刻表の「普通」に乗車すればOKです。

一部の列車は新函館北斗を経由しないのでご注意ください。

函館本線は、

  • 七飯~大沼
  • 大沼~森

の間で分岐します。

下の写真の場合では、

  • 17:00発は新函館北斗を経由します。
  • 17:35発は新函館北斗にはいきません。

はこだてライナーは確実に新函館北斗に到着しますが、モーターで動く電車なので、気動車に乗りたいならイマイチです。

キハ40系に乗車したい場合には、事前に乗換案内サイトなどで調べておいたほうがいいでしょう。

まとめ

ここまで、JR北海道 函館駅について紹介してきました。

駅構内にヤマト運輸があるのは便利ですね。

使っている方は少ないようですが、事前に荷物を運んでおけば、手ぶらで北海道に来れるので、なかなかいいと思います。

以上、JR北海道 函館駅と駅前イルミネーションについて、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする