JRタワーホテル日航札幌に宿泊しました。駅直結、夜景、豊富なアメニティが魅力です!

JR札幌駅直上にある、JRタワーホテル日航札幌に宿泊しました。

駅直結のため、雨の日でも傘不要で電車に乗れます。

昼には札幌ドームや札幌岳、恵庭岳をはじめとする山々、
夜にはすすきのの夜景が楽しめます。

豊富なアメニティも、ひとつひとつ紹介していきます!

スポンサーリンク

JRタワーホテル日航札幌へのアクセスと駐車場

JRタワーホテル日航札幌は、JR札幌駅直結です。

道順としては、JR札幌駅の東口改札を出て、南に行きます。

一度駅の門を出ると、すぐ左手にJRタワーホテル日航札幌の入り口があります。

札幌駅を出たところから、下の写真のような巨大な案内板があるので、これに従って歩いていけば着きます。

札幌駅直結のホテルですが、念のためGoogleMapを添付します。

車寄せを直進し、左折すると駐車場になります。

駐車場の入り口です。

自走式立体駐車場のようです。

今回は電車で訪れたので、駐車場は利用していません。

記念に撮影した、JR北海道 スーパーおおぞらの写真です。

JRタワーホテル日航札幌の館内の写真

フロントです。

絵画を飾っています。

なぜかフロントにWAONステーションがあります。

エレベーターホールの写真です。

フロントで借りることができる傘にも、JR tower hotel nikko sapporoの文字がありました。

JRタワーホテル日航札幌のお部屋の写真

では、お部屋の写真を紹介します。

今回宿泊したのは、エグゼクティブダブル。

33階の南向きのお部屋となります。

お部屋の雰囲気です。

窓が大きく、夜景の綺麗なお部屋です。

ダブルベッドの大きさも十分です。

ベッド自体は柔らかくもなく、硬くもなく、ちょうどいい感じのベッドです。

ベッドの横のボタンが高機能で、すべてをこのボタンで操作できます。

室内の電気の点灯、消灯はもちろん、連泊時の清掃について、「起こさないでください」という表示も、すべてこのボタンで行えます。

ソファーとテーブルです。

こちらのテーブルではパソコン作業もできます。

室内から入り口側を見た写真です。

お茶関係です。

洗面台はこんな感じ。

バスルームと洗面台&トイレの間は、ガラスの板で仕切られています。

バスルームは結構広いです。

シャワーが2種類あります。

お湯を溜めると青っぽく見えます。

クローゼットです。

収納も一応ありますが、ちょっと少ないかなぁという感じでした。

JRタワーホテル日航札幌のアメニティ

次に、JRタワーホテル日航札幌のアメニティについて紹介していきます。

まずはスリッパです。

このスリッパ、ふわふわで履き心地が素晴らしいです(笑)

洗面台には数多くのアメニティがありました。

内訳を紹介します。

歯ブラシです。

ヘアブラシ、ヘアバンド、シャワーキャップ、櫛です。

スキンケアシートです。

入浴剤です。

ラベンダーと緑茶です。

ポケットティッシュと綿棒です。

ボディスポンジと石鹸です。

なお、このボディスポンジとは別に、タオルも設置されています。

最後がこちら。

左から順に、コンディショナー、シャンプー、ボディソープ、ボディクリームです。

まとめ

今回は、JRタワーホテル日航札幌について紹介しました。

札幌駅直上でアクセスも良く、夜景がきれいでアメニティも豊富です。

北海道は、さっぽろ雪まつりに代表されるように、雪で覆われた冬の景色が綺麗なのだろうと思います。

3月に訪れたのですが、例年は雪が積もっているはずが、ことしは暖冬で雪はほぼとけていました。

札幌の雪景色を目当てにする場合には、今年の札幌の雪の状況に関して、しっかりと調べてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする