無料朝食付きの東横イン函館駅前朝市に宿泊しました!珍しく平面駐車場完備です!

函館朝市の隣にある、東横イン函館駅前朝市に宿泊しました!

東横インは函館に2つあり、函館朝市と函館大門があります。

函館朝市に行く場合には、東横イン函館駅前朝市に宿泊しないと遠いです。

また、函館駅に近いのも東横イン函館駅前朝市ですが、もっと近いホテルがルートインになります。

多くのホテルが函館駅に近いことをアピールしていますが、実際には意外と遠いので、Mapでしっかりと確認してから予約しましょう。

スポンサーリンク

東横イン函館駅前朝市までのアクセス

東横イン函館駅前朝市の最寄り駅はJR函館駅です。

東北新幹線、北海道新幹線で新函館北斗までしか行きません。

新函館北斗から函館までは、新幹線と連絡しているはこだてライナーに乗り30分ほどで到着します。

東横イン函館駅前朝市の外観と駐車場、エントランス

外観はこのようになっています。

1階にQBハウスがあります。

フロントです。

ロビー兼朝食会場です。

駐車場は、東横インとしては珍しい平面駐車場です。

東横インは機械式立体駐車場が多いのですが、函館駅前朝市では平面駐車場なので、機械式立体駐車場が嫌いな方でも安心です!

東横イン函館駅前朝市のお部屋の写真

今回宿泊したのは、2階の222号室でした。

2階の廊下です。

お部屋に入ります。

東横インは全国のホテルに共通するのですが、お部屋がそれなりに広くて清潔感があるのが魅力です。

それなのに宿泊料金は普通のビジネスホテル並みなので、コストパフォーマンスに優れています。

ベッドも十分な大きさです。

入り口側を見るとこんな感じ。

トイレとバスルームです。

東横イン函館駅前朝市の朝食

次に、東横イン函館駅前朝市の朝食を紹介します。

朝食はバイキング形式になります。

ごはんはおにぎりになっています。

普通の白米はありません。

あとはサラダとか、納豆などの定番メニューです。

みそ汁コーナー。

具材はとろろ昆布でした。

食パンも用意されており、各自で焼きます。

東横イン函館駅前朝市の周辺の観光スポット

次に、東横イン函館駅前朝市周辺の観光スポットを紹介します。

ホテルの名の通り、函館朝市の隣にあります。

北海道名産のタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニや、珍しい花咲ガニも販売されています。

今回は、タラバガニを購入しました!

函館朝市の詳細は、
函館朝市に行ってきました!をご覧ください。

東横イン函館駅前朝市周辺の飲食店

函館駅周辺には飲食店がたくさんあります。

その中で、今回ははこ民食堂を利用しました!

名物は活いかの刺身なのですが、夏限定メニューであり、取り扱いがありませんでした。

こちらがいかの刺身です。

〆てあるイカで、活いかではありません。

半身で800円ぐらい。

こちらは活けボタンエビです!

水槽から出したばかりのエビの刺身です。

分かる人も多いと思いますが、この写真のエビも含めて、一般に流通しているボタンエビはトヤマエビであることをお忘れなく~

最後にキンキの煮つけです。

このキンキは3800円します・・・(笑)

その他のメニューについては、はこ民食堂のメニューをご覧ください。

まとめ

ここまで東横イン函館駅前朝市と、その周辺の観光スポットや飲食店について紹介しました。

北海道新幹線の開通で、東京都近くなった函館は、豊富な海の幸がたくさんあります。

プチ旅行にお勧めな立地と味覚ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする