道の駅 阿寒丹頂の里 赤いベレーで宿泊しました!

北海道の道の駅 阿寒丹頂の里に行ってきました。

丹頂の里温泉と、宿泊施設である阿寒丹頂の里サークルハウス赤いベレーを併設しています。

温泉に入れて、宿泊もできる。

道東自動車道 阿寒ICからのアクセスも良好です!

なお、この道の駅 阿寒丹頂の里は、強力な自家発電を備えており、2018年9月3日に発生した北海道胆振東部地震の当日も、通常通りの営業を行っていた数少ない道の駅の一つです。

停電している中、水も電気も自動販売機も使えました。

もしも今後北海道の旅行中に何かしらの災害が発生した場合、安全な避難場所として覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

道の駅へのアクセス

道東自動車道の終点、阿寒ICから近くの道の駅です。

川湯温泉、摩周湖方面位行く場合には通る道沿いになると思います。

駐車場も広く、車中泊用の駐車場も別に用意されているため、キャンピングカーなどもそれなりの台数が止まっていました。

道の駅の外観

近くにコンビニはありません。

フロントはこんな感じです。

お部屋の写真

では、早速お部屋の写真を紹介していきます!

ドアを開けました!

やっぱり和室は落ち着きますよね~

玄関側を見るとこんな感じです。

和室のお部屋の場合、トイレが共用なのが難点です。

※洋室のお部屋ならバストイレ付きです。

おやすみ~

丹頂の里温泉について

宿泊者なら無料で入ることができる丹頂の里温泉があります。

ですがこの温泉、かなり熱いです。

露天風呂はありません。

屋内の湯舟が大きく分けて2つあり、高温と低温になっています。

高温側は42℃の設定になっており、低温側は40℃の設定になっています。

しかし、その差は全く感じられず、どっちも熱いので、温泉につかってゆっくりすることはできないでしょう。

上がった後に乾燥する感じがありませんでしたので、温泉の成分に関しては十分なものと思います。

温泉の待合には大広間があります。

道の駅 阿寒丹頂の里のまとめ

温泉がかなり熱く、長時間は入れるものではありませんでしたが、総合的にみて宿泊はお勧めできます。

その理由は圧倒的な立地の良さです。

道東自動車道 阿寒SAの近くにあり、釧路方面へのアクセスもいいです。

紋別、網走方面への通過点にもなるでしょう。

また、帰り道に高速道路に乗る前に1泊して疲れをとっていくのもいいですね。

丹頂の里温泉にも無料で入れるので、北海道旅行の軸として利用できるホテルだといえます。

北海道旅行は、クルマによる長距離移動の連続ですが、通過点となる道の駅 阿寒丹頂の里での宿泊はおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする