★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

スバルのハイブリッド車、スバル インプレッサハイブリッドに試乗!

スバルのハイブリッド車である、インプレッサハイブリッドに試乗してきました。

スバルの中では数少ないハイブリッド車であり、感じたことをすべてまとめましたので、十分参考になるかと思います。

かなり長い記事となりますが、ぜひ読んでいってください!

訪問者数

スバルのハイブリッド車、スバル インプレッサハイブリッドに試乗!

スバルのハイブリッド車である、インプレッサハイブリッドに試乗してきました。

スバルの中では数少ないハイブリッド車であり、感じたことをすべてまとめましたので、十分参考になるかと思います。

かなり長い記事となりますが、ぜひ読んでいってください!

インプレッサハイブリッド

基本情報

インプレッサハイブリッド 2.0i-S EyeSight
全長×全幅×全高 4420mm×1755mm×1490mm

水平対向4気筒 2.0L DOHC
150PS/6000rpm
196Nm/4200rpm
モータ最高出力 13.6PS
モータ最大トルク 65Nm
トランスミッション リニアトロニック

普通のハイブリッドカーは、燃費を最大重視するため、
ミラーサイクルなどを用いて、エンジン単体の出力が抑え、熱効率を重視するのですが、
スバルの場合は、
ガソリン仕様のエンジンとスペックに差はありません。
※ガソリン仕様のインプレッサのエンジンスペックは、
水平対向4気筒 2.0L DOHC
150PS/6200rpm
196Nm/4200rpm
となっています。
つまり、ガソリンエンジンにモータの性能がそのまま上乗せされた形になります。
走りを重視しているということですね。
この点から、ハイブリッドという性質上から、
燃費を最大に考えている方もおられるとは思いますが、
プリウスなどとは性格の違ったハイブリッドだと思ってください。

ハイブリッドシステム搭載でもシンメトリカルAWDが実現されています。

インプレッサハイブリッド

加速力

インプレッサハイブリッドのエンジンです。
インプレッサハイブリッド

加速力は十分です。
アイドリングストップ付きのレガシィなどでは、
エンジン再スタート→発進という流れに対し、
エンジン再始動のもたつきが気になりました。
インプレッサハイブリッドでは、アクセルを踏んだ瞬間からモータの加速力が発生するため、
エンジン再始動のモタモタがないのが良かったです。

ハイブリッド特有の、モータの蹴りだし感はないです。
その辺りは、モータ感を消すような制御がされている感じでした。
交差点とかで、ほんの少しアクセルを踏んだ時、
一瞬無反応ですが、じわじわモータが効いてくる。
ハイブリッド感を消し、あくまでもガソリン車としての自然さを追求している感じでした。

走行音としては、ハイブリッドでよくあるモータの「もわぁ~ん」って音ですね。
それと、走行中にアクセルを抜いたとき、「カラカラ」「サラサラ」という音がしました。
タイミング的に回生の音なのかな?

その他、ガソリン車と異なる点として、
大通りを流している時に、アクセルを抜いたときに、
「カックン」と揺れました。

ハンドリング

非の打ちどころがないですね。
爽快で完璧です。
愛車はレガシィDITですが、インプレッサのハンドリングが悪いとは感じませんでした。
現行モデル同士で比べるなら、レガシィよりもレヴォーグに近い感覚です。
現行レガシィは大型化し、ゆったり優雅に乗れる感覚。
レヴォーグとインプレッサは、グイグイ走っていける感じ。
スバルは全車共通することですが、
ハンドリングが素晴らしい。
これは水平対向エンジン+シンメトリカルAWDという低重心かつ左右対称のレイアウトが効いていると思われます。
この優れた基本骨格から来るハンドリング性能が、
レガシィからインプレッサまで、すべての車種に共通する点が素晴らしいです。
欠点としては、交差点の左折で歩行者待ちの後、ハンドル切った状態からアクセルを深めに踏んで加速するとき、
前輪が頑張ってるなぁと感じるときがありました。
モータの瞬発力のようなトルクを、
アクティブトルクスプリット(前60:後40)で受け止めるからでしょうか、
この様にFFを意識させる場面がありました。
ここがレガシィDITとの大きな違いですが、
大きく気にすることは無いでしょう。
この点が気になるなら、VTD-AWD(前45:後55)搭載のレヴォーグ2.0GT STI Sportが良いでしょう。

ブレーキ

十分効くので安心感があります。
ハイブリッド車なのに、比較的ダイレクト感のあるブレーキです。
踏んだら踏んだだけ効くと言う感じですが、
やはりモータの回生も含めた制動のため、
他のスバルのエンジン車よりもブレーキの切れ味には欠ける印象でした。
ブレーキがペダルではなくスイッチみたいな感じ。

インプレッサハイブリッド

運転席周り

まずは、エンジン始動&空吹かし動画をご覧ください。
※YouTubeで動画配信を開始しました!
YouTubeチャンネルは、
ブリュの公式ブログ

運転席周りの内装や室内空間は今乗ってるレガシィDITとほぼ変わりません。
足元空間も同じでした。
落ち着きのある、居心地のいい車内でした。
インプレッサは運転席にランバーサポートが付いていないので、完全にポジションが合わなかったのが残念です。

インパネです。
インプレッサハイブリッド

アルミペダルとパドルシフトが装備されます。

インプレッサハイブリッド

視認性・操作性

スピードメーターです。
青を主体としてグラデーションのかかったデザインで、
視認性は良好です。

インプレッサハイブリッド

サイドブレーキは引っ張るタイプ。
手前のスライド式のふたを開けるとカップホルダーが現れます。

インプレッサハイブリッド

後部座席

後部座席の写真です。

インプレッサハイブリッド

続いて、後部座席の足元空間の写真です。

インプレッサハイブリッド

荷室の写真です。
運転席はレガシィDITと同等ですが、荷室に関してはレガシィよりは狭いです。

インプレッサハイブリッド

後部座席を前に倒せばフラットな空間ができるので、
旅先での仮眠や車中泊は可能です。

インプレッサハイブリッド

荷室の下にも小物入れがあります。
インプレッサハイブリッド

おしゃれなエクステリアデザインについて

斜めから見たときの全体として塊感のあるデザインがかっこいいです。

インプレッサハイブリッド

後ろから見るとこんな感じです。

インプレッサハイブリッド

テールライトにブルーのポイントが入っていてオシャレでした。

インプレッサハイブリッド

エンブレムのアップ写真です。

インプレッサハイブリッド

まとめ

スバルの数少ないハイブリッド車の一つである、XVハイブリッドに試乗しました。

多少ハイブリッド車のクセが強いですが、ハンドリングなどはやはりスバル車で、優れたハンドリングが印象的でした。

カテゴリ:試乗日記


ブリュの公式ブログ トップページへ

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻

新着記事10選

2019年 5月 26日
JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 25日
阪急千里線 南千里駅唯一のホテル 南千里クリスタルホテルに宿泊しました!治安面で不安があります。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 20日
美々卯のうどんすきを食べてきました!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 19日
ホテル京阪 天満橋に宿泊しました!アクセスとお部屋の写真、アメニティなどを紹介します!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 13日
なぜアルテオンは売れないのか?不人気モデルのアルテオンの販売方法を評価してみた。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 12日
新型となる次期レヴォーグは1.8Lターボが登場し、2.4LのFA24"DIT"は搭載されないと思う理由/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 10日
南浦和の武州和牛のお店 焼肉マックスのおすすめとメニュー一覧/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 9日
レガシィ"DIT" 走行距離44444km 達成!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 8日
レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT "DIT" spec.B EyeSight 納車時の写真を見つけました。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 8日
関東圏専門の和食レストラン 華屋与兵衛のおすすめメニュー。天ぷら系がおいしいです。/★ブリュの公式ブログ★


サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.