シボレー カマロLT-RSに試乗!

新型カマロ2016が出る前に!

2014年カマロの試乗についてまとめます!

マスタングに試乗した後だったので、両車の違いがよく分かりました。

スポンサーリンク

カマロ LT-RSのスペック

エンジン:V6 3.6L DOHC

最高出力:324PS/6800rpm

最大トルク:377Nm/4800rpm

使用燃料:レギュラー

車体寸法:4840mm×1915mm×1380mm

加速力

街乗りでの感想です。

かなりの高回転型エンジンのため、低速域でのアクセルレスポンスの悪さが目立ちます。

アクセルを踏んでもエンジンが空回りするような、滑るような、スカるような感覚。

ライバルのマスタングも乗りましたが、マスタングにはダイレクト感がありました。

高回転まで回すと324PS/377Nmと十分なスペックを発揮できますが、街乗りだと加速はイマイチです。

これは高回転型エンジンの宿命といえます。

混んでる道だったので、あまり踏めなかったけど、スキを狙って踏み込んでみた。

すると、アクセル踏んだ瞬間エンジンが空回りして加速しない。

ぶぉぉぉ~んって一呼吸の空回り音の後にタイヤに駆動力が掛かって、ドン!と音がして加速する。

エンジン音は結構大きいです。

ちょっと甲高い音でした。

アイドリング時からウンウンウン・・・とうなるような音があります。

走り出すと、エンジン回転数と一緒に音も大きくなる。と言う感じ。

ハンドリング

カマロ、マスタング共通なのは、ドッシリと腰を据えた走りが楽しめること。

ハンドル切ったら大柄な感覚が分かります。

車重を感じる挙動と言うのでしょうか?

マスタングは、ドッシリとしてるのに、巨体が俊敏に曲がります。

かといってクイックすぎないという絶妙なセッティングです。

カマロの場合は、大柄で優雅な感覚です。

ハンドルを切ると、重い車体がゆっくりと強引に曲げられていく感じです。

アメリカンなハンドリングが楽しめるのは、カマロの魅力でしょう。

ブレーキ

ブレーキが非常に甘い。

滑走する感じがあり、少々不安な感じでした。

タイヤサイズが20インチってのも原因かもしれません。

車内空間など

マスタングより広い。

新型マスタングと外寸は同じでも、マスタングはフェンダーの張り出しで寸法が大きくなっています。

カマロはフェンダーはあまり張り出しておらず、室内空間に生きています。

トランクの入り口は、車両剛性を上げるために狭くなっています。

容量は十分あるようです。

※店舗情報が含まれているため、一部画像を加工しています。

室内の広さを選ぶならカマロですね。

メーター類

↓視認性はいいです。

↓水温系など。運転中には見えない位置にあります。

運転のしやすさ

意外とカマロは運転しやすいです。

カマロはフェンダーの張り出しが少なく、車内空間の感覚がそのまま車両感覚に直結するので、横幅の車両の両端が把握しやすいです。

だから1915mmという巨大な寸法でも、思ったよりも余裕な感じで運転できます。

交差点左折時も、クーペはサイドウインドウが大きいので、歩行者の把握も容易です。

ただし、左ハンドル車の共通事項として、左折時の進行方向がピラーが邪魔で見えにくいというのはありました。

右折のシーンが無かったから、そこはよくわかりません。

気になる点としては、右斜め後ろの死角はかなり大きいですが、サイドミラーがかなり大きいため、慎重に走ればミラーだけで十分確認できます。

後方視界はかなり悪いです。

後方視界が悪すぎて、後続にクルマが来ても気配を感じません。

↓リアの視界。

↓右斜め後ろの死角。

まとめ

走行性能重視のクーペというよりも、まさにアメリカンなカマロです。

ハンドルはドッシリしていて、豪快な乗り心地。

加速性能に関しては、サウンドがその気にさせてくれます。

ブレーキが若干甘いのが気になりますが、慣れれば特に問題はないレベルで、マスタングにはない「大柄な乗り味」が楽しめました。

カマロもマスタングもかなり個性的な乗り味でしたので、購入検討の際は必ず両車とも試乗することをお勧めします。

まもなく日本にも導入される新型カマロは、直4 2.0Lターボの搭載や、キャデラックATSのシャーシを使うなど、大幅な改良が施されています。

試乗した2014年型カマロよりも、性能面で優れることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする