★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

スバルの水平対向エンジン+シンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由

スバルの水平対向エンジン+シンメトリカルAWD。

低重心で高性能なのですが、いまいちその理由がわからないという方へ!

説明用の図をたくさん用意しましたので、ここで納得していってください。

もしもスバルファンの方が読んでくださっているのであれば、思いっきり拡散しちゃってください!

訪問者数

スバルの水平対向エンジン+シンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由

スバルの水平対向エンジン+シンメトリカルAWD。

低重心で高性能なのですが、いまいちその理由がわからないという方へ!

説明用の図をたくさん用意しましたので、ここで納得していってください。

もしもスバルファンの方が読んでくださっているのであれば、思いっきり拡散しちゃってください!

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

スバルのシンメトリカルAWDは低重心

スバルのシンメトリカルAWDは、全く無駄のない、研ぎ澄まされたレイアウトだって知っていましたか?

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

では、スバル車を横から見た透過図を描いてみました。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

フロントドライブシャフトの前方に、エンジンとトルクコンバーターがあります。

スバルの独特のレイアウトは、フロントドライブシャフトの前方、すなわちフロントオーバーハングにエンジンを搭載してることです。

水平対向エンジンの搭載の高さは、ほぼドライブシャフトの直上に中心が来る感じ。

これは、ドライブシャフトとの干渉を防ぐためで、実際にはトルクコンバーターからトランスミッションまでの伝達経路で、上のほうに軽く逃げている状態がわかると思います。

そのカット図がこちらです。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

この模型は、FA20"DIT"を搭載したスバル車のカット模型です。

東京スバル 恵比寿に展示しているので、近くの人は見に行ってみてください。

これだけではわかりにくいので、動力伝達の流れを描き加えると次のようになっています。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

ドライブシャフトとの干渉を防ぐために、トルコン出口で上に回避している構造がよくわかると思います。

つまり、エンジンは、フロントオーバーハングの構造上において限りなく低い位置に搭載されていることがわかりますね。

これで、スバル車は「低重心」であることがわかりましたね。

スバルのシンメトリカルAWDは無駄のない研ぎ澄まされたレイアウト

これは新世代BOXERエンジンとなる、FA20"DIT"の話になりますが、エンジン下の空間も有効活用することで重心を下げています。

同じ図ですが、もう一度見ていただければわかると思います。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

なお、WRX STIなどのEJ20ターボはエンジンの右上にターボチャージャーが乗っているのでこの話は除外されます。

また、稀にですが、エンジン下のターボレイアウトを見た場合に、重心が高いと勘違いされる方がいるようです。

エンジン下にターボがあるから、エンジンが高い位置に搭載されており、重心が高い、と感じるのだと思いますが、それは間違いです。

エンジン下の空間を有効活用してターボを配置したのであって、重心自体はターボをエンジン右上に搭載していた時よりも下がっています。

ターボの上にエンジンを置いたのではなく、エンジンの下にターボをぶら下げたイメージで良いでしょう。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

スバルのシンメトリカルAWDは走行性能が高い

最後に、スバルのAWDは走行性能が高いといわれていますよね。

AWD制御についてもいろいろあるのですが、詳しいことは置いておいて、これについてもシンメトリカルAWDのレイアウトの観点から見てみましょう。

スバルのシンメトリカルAWDを上から見ると、次のような図になります。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

ここで注目してほしいのが前輪の駆動力の伝達図です。

トランスミッションから、フロントドライブシャフトへ動力伝達をしていますが、この時にフロントドライブシャフトの中間点で動力伝達が行われていることに気づくでしょうか?

つまり、左右のフロントドライブシャフトの長さが同じです。

クルマの加速性能は、タイヤに伝わるトルクで決まりますが、それはドライブシャフへのトルクと同じです。

ドライブシャフトにトルクが加わると、当然ねじれが生じます。

ドライブシャフトの長さを左右で同じにすることで、ねじれが均一になり、左右の駆動力の伝達レスポンスも限りなく同じになります。

これはターボモデルなどのハイパワーモデルになるほど恩恵を受けやすい部分です。

あまり注目されていない部分ですが、左右のドライブシャフトの長さが同じであることは、スバルのシンメトリカルAWDの重要な部分といえるでしょう。

ちなみに、フロントドライブシャフトの左右の長さを同じにするAWDレイアウトは、フロントに水平対向エンジンを搭載しないと実現不可能な構造です。

直列エンジンは、フロントオーバーハングに縦置きするには高さと長さで不可能です。

全長が短いV型エンジンでも、高さがあるため、搭載することが難しいです。

スバルのシンメトリカルAWDのデメリット

ここまで、スバルのシンメトリカルAWDのメリットを書いてきましたが、デメリットも上げておきましょう。

一番のデメリットは、小回りが利かないことです。

もう一度、上から見たときの図を見てください。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

横幅の広い水平対向エンジンをフロントオーバーハングに搭載することで、タイヤの操舵角に制限があるのがわかるでしょうか。

水平対向エンジンが邪魔で、タイヤの操舵角を大きく取れないため、スバルのクルマは、同サイズの他の比べて小回りが利きません。

なお、最近のスバル車は車幅が大きくなっているため、タイヤの操舵角の制限もゆるくなり、小回りが利くようになってきています。

エンジンサイズがそのままで車幅が大きくなっているので、タイヤ周りに余裕ができることは、容易に想像できると思います。

車両サイズが大きくなっているほど小回りが利く、考えてみれば、なんだか不思議なクルマですね。

まとめ

ここまで、スバルのAWDの走行性能を、シンメトリカルAWDのレイアウトから紹介してきました。

スバルのシンメトリカルAWDが低重心で高性能な理由を説明します。

スバル車は、AWDの細かい方式を無視すれば、AWDでは全モデルでシンメトリカルAWDを採用しています。

どのクルマでも妥協のない作りこみを行うところこそ、スバルの良さなのかもしれません。

小回りが利かないデメリットもありますが、走行性能においてのデメリットは存在しないでしょう。

カテゴリ:クルマの性能評価


ブリュの公式ブログ トップページへ

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻

新着記事10選

2019年 5月 26日
JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 25日
阪急千里線 南千里駅唯一のホテル 南千里クリスタルホテルに宿泊しました!治安面で不安があります。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 20日
美々卯のうどんすきを食べてきました!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 19日
ホテル京阪 天満橋に宿泊しました!アクセスとお部屋の写真、アメニティなどを紹介します!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 13日
なぜアルテオンは売れないのか?不人気モデルのアルテオンの販売方法を評価してみた。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 12日
新型となる次期レヴォーグは1.8Lターボが登場し、2.4LのFA24"DIT"は搭載されないと思う理由/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 10日
南浦和の武州和牛のお店 焼肉マックスのおすすめとメニュー一覧/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 9日
レガシィ"DIT" 走行距離44444km 達成!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 8日
レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT "DIT" spec.B EyeSight 納車時の写真を見つけました。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 8日
関東圏専門の和食レストラン 華屋与兵衛のおすすめメニュー。天ぷら系がおいしいです。/★ブリュの公式ブログ★


サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.