★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

フォレスター280馬力の理由〜性能評価〜(前編)

フォレスターXTは280馬力,レガシィDITは300馬力
同じエンジンなのに何が違うか?
加速力,燃費などを評価する。

訪問者数

フォレスター280PSの理由(前編)

フォレスターの性能について。
レガシィは300馬力,フォレスターは280馬力。
同じエンジンなのに何で差があるの?
加速力は?燃費は?
では、レガシィに対して、フォレスターの性能評価をしましょう。

フォレスター

スポンサーリンク

1.エンジン性能の差

フォレスターを購入検討の方で、レガシィと同じエンジンなのに、
レガシィは300馬力,フォレスターは280馬力・・・
なんでだろう?って気になる人もいるはず。
280馬力は十分な出力です。
でも、300馬力出るのに280PSに絞ってる?
なんだかスッキリしませんよね・・・
では、いっしょに考えていきましょう。
直噴ターボDIT

2.エンジン性能の比較

まずは、レガシィとフォレスターのエンジン性能を比較しましょう!
エンジン性能曲線も載せます!
※馬力=PSです。

レガシィ 400Nm/2000-4800rpm,300PS/5600rpm
フォレスター 350Nm/2000-5600rpm,280PS/5700rpm

エンジン性能曲線も載せます!
まずはレガシィDIT!!!
レガシィのエンジン性能

次にフォレスターXT!!!
フォレスターのエンジン性能


う〜ん。。。やっぱり損した気分ですね。

3.トランスミッションを眺める。

トランスミッションはどちらも同じ「高トルク対応リニアトロニック」です。
そこで減速比(=ギア比とも)を眺めます。
レガシィDIT:3.105〜0.482  最終減速比4.111
フォレスター:3.505〜0.544 最終減速比4.111

減速比って何なの!?
それは後で説明するとして、
とりあえず、最終減速比は同じ。
でもリニアトロニックでの減速比が違う。
レガシィを基準にすれば、フォレスターは減速比がちょうど1.129倍になってます。
これは、フォレスターに、エンジンからのトルクがリニアトロニックに入力される前に、減速が入っているから。

ところで、この減速比(=ギア比)が大きいと何が変わるか?
エンジンはトルクを発生すると、ギアで回転数が下げられて(=減速されて)タイヤに伝わります。
その減速される割合が変速比で、「1/変速比」倍になります。
例えば、レガシィの場合、発進時には、
リニアトロニックで3.105
最終減速比で4.111
よって3.105×4.111=12.764655
つまり、エンジン回転数が、1/12.764655されてタイヤに伝わります。

何がメリットなのか?
「トルクは減速された分だけ増強される。」
→「エンジン発生トルクの減速比倍される!!!」
レガシィは、発進時はエンジンのトルクが12.764655倍されてタイヤに伝わります!!!

これが分かれば、あとは数値計算と、計算結果からの考察です!

4.瞬発力と許容トルクの影響

結論は、「発進時の瞬発力を上げるため」です。
でもその前に、リニアトロニックの許容トルクの問題もあります。
順番に見ていきましょう。

スバルに依れば、リニアトロニックのの最大許容トルクが400Nmです。
フォレスターの最大トルクは350Nm
フォレスターは、CVT入力前に1.129の減速をすれば、入力される最大トルクは
350Nm×1.129=395.15Nmとなりますね。
トルクは減速比倍されるからです。
これで許容トルクパツパツなんです。

つまり、減速したことによって、リニアトロニックの許容トルクを超えないように最大トルクを350Nmに絞った。
トルクが決まれば馬力が決まります。
その結果、馬力は280PSにダウンした。
こういう事実が分かりますね!

まだ疑問は残ります。
なぜ馬力が落ちてるのに瞬発力があるの?
馬力のある方が、加速が良いはずですよね?

次回へ

フォレスター280PSの理由(後編)

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.