【どっちが速い?】GRスープラRZ・フェアレディZの加速性能比較

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、6気筒 3.0Lターボを搭載する

  • トヨタ GRスープラ
  • 日産 フェアレディZ

の加速性能について比較します。

スポンサーリンク

スペックの概要

GRスープラ RZ

直列エンジン6気筒 3.0L ツインスクロールターボ

  • 最高出力:285kW(387PS)/5800rpm
  • 最大トルク:500Nm(50.1kgf・m)/1800-5000rpm

ギア比

  • 1速:5.250
  • 2速:3.360
  • 3速:2.172
  • 4速:1.720
  • 5速:1.316
  • 6速:1.000
  • 7速:0.822
  • 8速:0.640
  • 最終:3.154

GRスープラのエンジンの特徴は、スポーツカーにしては珍しく、トルク重視なエンジンであること。

最高出力は控えめの387馬力な一方、トルクのピークを1800rpmの低回転から5.0Lエンジン相当の50.1kgf・m発揮しています。

1速のギア比も5.250とかなりのローギア設定で、出足はかなりいいでしょう。

加速性能評価の事前準備として、エンジン性能曲線をエクセルにプロットしました。

フェアレディZ

V型エンジン6気筒 3.0L ツインターボ

  • 最高出力:298kW(405PS)/6400rpm
  • 最大トルク:475Nm(48.4kgf・m)/1600-5600rpm

ギア比

  • 1速:5.425
  • 2速:3.263
  • 3速:2.249
  • 4速:1.649
  • 5速:1.221
  • 6速:1.000
  • 7速:0.861
  • 8速:0.713
  • 9速:0.596
  • 最終:3.133

フェアレディZのエンジンの特徴は、高回転馬力を狙っていることです。

今となっては珍しい、6000rpmオーバーで最高出力を発揮する高回転型エンジンであり、最高出力は405馬力になっています。

高回転型エンジンにした関係上、トルクのピークはスープラよりも控えめな48.4kgf・mとなっています。

しかし、1速のギア比がかなりのローギア設定であり、最終減速比と合わせて、

  • スープラ:5.250×3.154=16.59
  • フェアレディZ:5.425×3.133=17.00

となっており、スープラよりもさらにローギア設定です。

このローギア設定が、エンジンの出足のトルクの差を埋めることになるので、出足についても結構いい勝負になるでしょう。

加速性能評価の事前準備として、スープラ同様、エンジン性能曲線をエクセルにプロットしました。

フェアレディZのエンジン性能曲線は、日産公式より公開されていませんでした。

そのため、スカイライン 400Rのエンジン性能曲線を参考にした、推定値となります。

違いとしては、

  • フェアレディZ:最大トルク 475Nm(184kgf・m)/1600-5600rpm
  • スカイライン 400R:最大トルク 475Nm(184kgf・m)/1600-5200rpm

となっています。

そのため、スカイライン 400Rのフラットな最大トルクを5600rpmまで延長して、その後最高出力点が合うように、出力を線形に低下させる形で描いています。

参考に、スカイライン 400Rのエンジン性能曲線を掲載します。

ターボラグを考慮したエンジン性能曲線

ターボラグを考慮したエンジン性能曲線を考えます。

ターボラグを考慮したエンジン性能曲線の作成方法は、以下の記事をご覧ください。

ターボ車の発進加速性能の推定方法

GRスープラの場合

スープラの場合、

  • ターボの立ち上がり:$1800×1.25×\frac{2.0}{3.0}×\frac{500}{400}=1875$[rpm]
  • 本来の性能曲線に追従:$1800×2×\frac{2.0}{3.0}×\frac{500}{400}=3000$[rpm]

となります。

アイドリングから1800rpmまでは、3.0L自然吸気相当の性能となります。

そのため、V6 3.0Lエンジンの性能と近い、スカイライン ハイブリッドの3.5L NAエンジン相当の性能曲線になると仮定しましょう。

すると、スープラのターボラグを考慮したエンジン性能曲線は、下のグラフのようになります。

フェアレディZの場合

フェアレディZの場合、

  • ターボの立ち上がり:$1600×1.25×\frac{2.0}{3.0}×\frac{475}{400}=1583$[rpm]
  • 本来の性能曲線に追従:$1600×2×\frac{2.0}{3.0}×\frac{475}{400}=2533$[rpm]

となります。

アイドリングから1538rpmまでは、3.0L自然吸気相当の性能となります。

スープラと同様、V6 3.0Lエンジンの性能と近い、スカイライン ハイブリッドの3.5L NAエンジン相当の性能曲線になると仮定しましょう。

すると、フェアレディZのターボラグを考慮したエンジン性能曲線は、下のグラフのようになります。

加速性能曲線

加速性能はほぼ同じ

以上より、加速性能曲線が下の図になります。

  • :スープラ
  • :フェアレディZ

であり、順に1速、2速、・・・、8速、9速のグラフとなっています。

フル加速において、出力が最大となるギアを選択して加速するのが、最速加速となります。

見た感じですが、200km/h以降は、フェアレディZが圧倒的に速いです。

一方で、ゼロヨンとか考えるとどうでしょうか。

ゼロヨンで180km/h程度に達するとしても、180km/hだと

  • フェアレディZが上の領域
  • スープラが上の領域
  • ほぼ同じ領域

が存在しています。

そのため、ゼロヨン加速では、追いついたり追い越したりを微妙に繰り返しながら、ほぼ同時到着をしそうな感じです。

高出力のフェアレディZがスープラに勝ちきれないのは、フェアレディZのエンジン出力が、高回転域において急峻であるため、スープラより優れる回転数域が限定的であることが原因です。

最高出力点が尖っているフェアレディZは、最高出力の405馬力をほんの一瞬しか発揮できず、すぐに出力が減少します。

※そのため、フェアレディZは、他の400馬力程度の車と加速を比較すると、意外と遅れを取るといえます。

一方で、出力カーブがなめらかなスープラは、最高出力付近を維持することで、ほぼ384馬力の加速を実現しています。

エンジン性能曲線を重ね合わせるとわかりやすいです。

“ほぼ最高出力”と言ってしまって問題ない回転域が、スープラのほうが広いです。

その結果、フェアレディZが優位な回転域は、かなり狭くなっています。

フェアレディZは、この弱点を解消するために、9速ATの多段化を行っていると思われますが、それでも足りないのでしょう。

極端に言えば、CVTを搭載し、6400rpm一定に維持しなければ、実質的に405馬力相当の加速は厳しい状況です。

0-100加速を比較

では、加速性能の詳細を、0-100加速に絞ってみていきます。

グラフでは、1速、2速、3速のみを表示しています。

これ、かなり微妙ですよね・・・

下のグラフは、0-100加速のグラフに説明を書き加えたものです。

出足は若干フェアレディZが先行するでしょう。

しかし、その後40km/hまで、ほぼ同じような加速力で加速していきます。

その後、40km/h~50km/h程度でフェアレディZの出力が勝る形になります。

しかし、問題は赤く塗った約50km/h~70km/hhの領域です。

この領域で圧倒的にスープラのほうが、かなり加速がいいんです。

おそらくですが、この部分で出足で先行したフェアレディZを追い抜けるので、最終的な0-100加速タイムは僅差でスープラ優位じゃないかなと思います。

ただ、本当にわずかな差にはなると思うので、コンディションなどの影響も受けやすいでしょう。

実質的には、ほぼ同じと見ておいて問題ないです。

実際の運転で言えば、スープラのほうが2速の伸びがいいといった感覚になるでしょう。

まとめ

ここまで、

  • スープラ RZ 直6 30L ターボ
  • フェアレディZ V6 3.0L ターボ

の加速性能を比較してきました。

総合的な動力性能で有利なのは、スープラといえます。

結局、カタログスペック的にフェアレディZのほうが魅力的ですが、最高出力近傍の出力変化が急峻であり、”ほぼ最高出力”といえる回転域があまりに狭いです。

そのため、400馬力越えエンジンのイメージでいると、他の400馬力オーバーの車と比較して、意外とタイムが出ないなといった感じになるでしょう。

ただ、384馬力のスープラと比べるのであれば、ほぼ性能差はありません。

最終的には僅差になるので、デザインなど気に入ったほうを選んで問題ないといえます。

以上、スープラとフェアレディZの加速性能比較について、参考になれば幸いです。

管理人より

ツイッターのフォロー、YouTubeのチャンネル登録、よろしくお願いします!

ツイッターでは、「なう」なこと、をつぶやいてます!
YouTubeでは車、鉄道をメインの動画を(不定期に)アップしています!

スポンサーリンク

フォローする