★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

スバル フォレスター VS マツダ CX-5走行性能を徹底比較
(3.高回転時の加速特性)

スバルのSUV フォレスター
マツダのSUV CX-5
スバル、マツダそれぞれが独自のこだわりを持って作り上げたSUVで、
比較対象として悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
ブリュの公式ブログでは、「走行性能」に主眼を置いて比較してみました。
訪問者数

フォレスター VS CX-5

スバルフォレスター
マツダCX-5
これら2車種で迷っている方は多いのではないでしょうか?
エンジン性能から予想される走行性能差に主眼を置き、
両車の特徴などをまとめていきたいと思います。

この記事は前の記事の続きです。
検索から来られた方は、前回の記事である、
フォレスターとCX-5の走行性能徹底比較
(1.概要)

フォレスターとCX-5の走行性能徹底比較
(2.日常域での加速性能)

もご覧ください。

フォレスター

CX-5

スポンサーリンク

状況2:高速道路の合流
(エンジンの回転数が高い場合)

高速の合流では、流れの速い時などは特にパワーが欲しいです。
先ほど、加速は馬力で決まると書きました。
いくら街乗りではCX-5 XDが力強くても、エンジンが発揮できる「最大の」馬力は175PSです。
一方、フォレスターXTは、高回転まで回せば280PSまで発揮できます。
105PSも差があるので、これはフォレスターに軍配が上がります。
結論2:高速の合流など、絶対的なパワーが欲しい時はフォレスター。
280PSという3.5L車並みの加速を発揮してくれます。
高回転まで途切れることのない伸びやかな加速は、フォレスターの魅力。
フォレスター

燃料の差を考える。

これまでの話から、エンジン回転数が低い領域、
つまり街乗りや高速巡航時においては、フォレスターXTもCX-5も走行性能は変わりません。
むしろCX-5の方がフォレスターよりも低回転で走れます。

フォレスターとCX-5の違いとして、
燃料がフォレスターXTはハイオクで、CX-5は軽油となります。
ここでひとつわかるのが、CX-5の最大のメリットは、
街乗りでフォレスターと同等の走りが出来つつ、
燃料が軽油で走れるという部分にあると言えます。
CX-5

ここまでのまとめ

高速の合流や追い越しなど、エンジンパワーを最大限に発揮できる状態では、
280馬力を発揮するフォレスターが圧倒的に速くなります。
最高出力発生回転数の5700rpmまで、伸びやかな加速が味わえます。
フォレスター

街乗りや高速巡航で力強さを感じれるのはCX-5となります。
さらに燃料が軽油であり、ハイオク仕様のフォレスターと同等以上の走りが実現できる点が最大のメリットになります。

また、性能評価を離れて、現実的な視点で見てみます。
CX-5は最高出力175馬力であり、
これは、ガソリン車の2.5L相当になります。
なので、フォレスターの280馬力よりは遅いですが、
街中を走るクルマと比較すれば決して遅いクルマではなく、
比較的速いクルマになります。
普通に乗れば、パワーはまだまだ余るはずです。
CX-5は、燃料が軽油であることも含めて、
実用領域に対して最適化されたスペックであると言えます。
CX-5

つづく

次回は、NAの比較を行います。
NA車の比較

前の記事:フォレスターとCX-5の走行性能徹底比較(2.日常域での加速特性)

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.