★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

フォード マスタング 2015の性能評価(その1)

50年目を迎えた、フォード マスタング。
新開発の縦置き直4 2.3Lエコブースト。
これは高性能ではないかと思った。
それについて徹底解説する。
訪問者数

フォード マスタング2015(Ford MUSTANG)

高性能だと思えるマスタングを取り上げました。
その理由を書いていきます。
All New MUSTANG

スポンサーリンク

マスタング2015 基本情報

全長4790mm
全幅1920mm
全高1380mm

エンジン 直列エンジン4気筒2.3Lターボ(EcoBoost)
314PS/5500rpm
434Nm/3000rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション フロア6AT
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク(対向4ポッド)
リアブレーキ ベンチレーテッドディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リアサスペンション マルチリンク

All New MUSTANG

エンジンスペック

Webカタログにも書いてますが、
記載のエンジンスペックは、無鉛プレミアムガソリンを用いた場合です。
その上での議論です。

マスタングは直噴ターボ。
リッター出力は、
314÷2.3=136.52PS/L

All New MUSTANG

筆頭すべきは足回り

先代マスタングはソリッドアクスルでしたが、
今回は左右独立高架のマルチリンクになっています。
サーキットでのチューニングにはソリッドアクスルが適しているが、
欧州のアウトバーンなどでの高速走行での操縦安定性を確保するためにマルチリンクにしたそうです。

All New MUSTANG

主にエンジン性能について

次回は、国産ハイパワーターボエンジンと、
エンジン性能比較を行います。

マスタング 国産ターボと比較

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.