ブリュの公式ブログ

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

フォード マスタング試乗

アメリカビッグ3のフォードの代名詞、元祖アメリカンマッスルスポーツクーベのマスタングに試乗!

アメリカンマッスルカーというよりは高性能クーペの域に達していました。

ワクワクが止まらない、感動的なクルマでした!

訪問者数

フォード マスタング試乗

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます!

この記事の目次です。




マスタング 基本情報

MUSTANG 50 Years Edition

ボディサイズ:4790mm×1920mm×1380mm

※車幅がかなり大きいので注意してください。

ハンドル:左ハンドル

エンジン:直列エンジン4気筒2.3Lターボ(エコブースト)

エンジンスペック(ハイオク使用時)

最高出力:314PS/5500rpm(ハイオク使用時)

最大トルク:434Nm/3000rpm(ハイオク使用時)

※マスタング2.3L EcoBoostではレギュラーの給油も可能です。

トランスミッション:6AT

1速:4.17

2速:2.34

3速:1.52

4速:1.14

5速:0.87

6速:0.69

後退:3.40

最終:3.55

ブレーキ(前):ベンチレーテッドディスク(対向4ポッド)

ブレーキ(後):ベンチレーテッドディスク(浮動式)

対向4ポッドディスクは、ブレンボなどの社外品ではなく、フォードの自社開発品と言うことです。

加速力

マスタングのエンジンは、可能な限りエンジンを後ろ寄りに配置し、フロントミッドシップに近づけているそうです。

今回試乗した直4ターボは、エンジン重量が軽いため、軽快な加速とクイックなハンドリングが楽しめる。

一方、V8は豪快な加速が楽しめるとのことです。

エンジンについては、ターボラグを全く感じませんでした。

本当に大排気量車に乗っている感覚です。

その時の印象ですが、レガシィの加速からターボラグが消えたという表現が適切な感じです。

ピークパワー自体に差は感じられなかったけど、ターボラグが無く、低回転からNAのように自然にパワー出る感じです。

吹け上がりも良く、非常に爽快な加速感でした。

次にトランスミッションですが、全開加速で気になったのが、1速→2速への変速の遅さ。

フル加速を行ったのですが、1速でレブに当たってもなかなかシフトアップしない。

これはレガシィのS#の8段ステップ制御の方が反応が早いですね。

普通に走る分には特に不満はないトランスミッションです。

ハンドリング

次に、マスタングのハンドリングについて紹介します。

マスタングのハンドリングは、驚くべきことにこの巨体が俊敏に曲がります。

話によると、車体の高剛性化に取り組み、車体の中心部に構成の低いパーツを配置してねじれを逃すのがポイントなんだとか。

また、先代モデルに対して車幅を広げたのは、旋回中の踏ん張りを上げるためと、側面強度を上げるためらしいです。

特にストラットの受けの部分は、鉄板を2重にしているとのこと。

車庫入れ体験もしましたが、小回りも効きますし、なかなかいいですよ。

それ以上のことは、市街地メインの走行なので分かりません。

ブレーキ

フロントに対向4ポッドキャリパー、リアにシングルポッドの浮動式キャリパーを装備しています。

限定車となる50th Editionは、アメリカでのベースグレードより、ブレーキが1インチ大きいらしいです。

効き具合ですが、レガシィ比べると変わらない気がします。

ブレンボと同等の性能を誇るとのことでしたが、本家ブレンボ搭載のSTIの方が強力です。

タイヤはピレリ P ZERO 255/40R19です。

運転席周り

メーターは260km/hまで。

その他、スポーツセダン,クーペでは必須と言えるパドルシフトも装備。

この点は大きいですね!

車内空間など

運転席空間は、レガシィと変わらないです。

マスタングの車幅は非常に広いですが、車幅の大半はフェンダーで占められています。

真ん中のパネルでエアコン,シ―トヒーター&シ―トクーラー,走行モードなどを操作できます。

エアコンなど、とっさに必要となるようなものは、パネル下の操作盤からも直接調節できる。

レトロな感じを演出してるらしい。

後部座席については、本当にお目毛程度と考えるのがいいでしょう。

クーペでは、当たり前ですが後部座席はかなり狭いです。

いざという時には4人乗れるぐらいで考えたほうが良いかな・・・

静粛性など

室内は静かでかなり快適です。

スポーツクーペから連想する硬い乗り心地とは違い、良い感じに衝撃を吸収していました。

聞こえるのは、遠くから「ボロボロボロ・・・」という小さな排気音だけ。

アイドリング時の振動もないです。

トランクは常識的な開口部があって普通に使えそう。

総評

ここまで、フォード マスタング 50 Years Editionの試乗時の感想について紹介してきました。

アメリカンスポーツカーのマスタング。

直4とV8どっちがいいかという話。

もちろん、アメ車ならV8だ!というのなら迷わずV8でいいと思います。

性能的な話をすれば、直4 2.3Lターボでの十分でした。

今のレガシィDITと変わらないぐらいの加速力。

エンジンの立ち上がりのトルクが太くなり、ターボラグを感じない分加速はマスタングが良いかと。

ディーラーでは、旋回性を求めるなら直4ターボがおススメらしいです。

ノーズが軽い分、ワインディングではアグレッシブな走りが出来るとのこと。

確かにV8の過剰なパワーははっきり言えば日本では不要なので、必要十分なパワーに抑えて旋回性を得るのもありかなぁと思います。

でも、高速とかではV8で加速を楽しむのもアリですね。

いろいろ書きましたが、基本性能が高いクルマなので、直4でもV8でも、楽しめるクルマだと思います。

この独特なワクワク感は乗らなきゃわからないと思います!

カテゴリ:試乗日記

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻



Copyright c 2015-2019 brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.