★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 東京発 新大阪行に乗車しました。

N700Aに狙いを定めて、ラージAとスモールAのどちらが来るかと思ったら、なんとラージAが登場しました。

ラージAは製造時からのN700A車両であり、東海道新幹線において最新の車両となります。

訪問者数

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

投稿日:2019年5月26日

みなさん、こんにちは!

いつも、ブリュの公式ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は以下の流れで、東海道新幹線 N700A G32編成について紹介します。

1.ラージAとスモールAの違い
2.東海道新幹線N700A G32編成の外観
3.東海道新幹線N700A G32編成の車内
4.東海道新幹線の雑学
5.まとめ

そろそろN700Sが登場するので、最新車両とも言えなくなってくるN700A。

いずれはN700Sへの置き換えで引退する車両ですから、今のうちにレポートしておきます。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

ラージAとスモールAの違い

東海道新幹線を走るN700Aには、ラージAとスモールAがあることをご存知でしょうか?

ラージAはN700A(Aが大文字)、スモールAはN700a(aが小文字)と表記されることもあります。

スモールAは、N700 typeAと書かれることもあります。

実はこれ、新造されたN700Aなのか、N700系車両を性能面においてのみN700Aと同等になるように改造された車両かの違いがあります。

正真正銘のN700Aは、ラージA(N700A)、N700系の内装に性能だけをN700Aと同等にした車両がスモールA(N700a)と言うことになります。

車内や乗り心地に差もあるので、N700AにおけるラージAとスモールAの見分け方を紹介しておきます。

★ロゴの大きさの違い

誰が見てもわかる違いは、車両横のロゴです。

まずはN700A(ラージA)のロゴです。

Aという大きな文字の中に、N700と書かれています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

次にN700 typeA(スモールA)のロゴです。

N700と大きく書かれ、小さくAと書き加えられています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

ロゴデザインから、スモールA、ラージAの愛称の由来がご理解いただけると思います。

★ヘッドライト形状の違い

ヘッドライトの造形も異なります。

N700A ラージAでは、ヘッドライトの後端が鋭角になっています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

N700A スモールAでは、ヘッドライトの後端が直角になっています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

★帯の長さの違い

運転席横の青い帯の位置も異なります。

N700A ラージAでは、運転席の下まで青色の帯があります。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

N700A スモールAでは、運転席の後方までしか青色の帯がありません。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

違いと言えばこれぐらいです。

基本的にN700AはN700系ベースの新幹線なので、デザインは大きく変更されていません。

★東海地震を想定した制動距離の短縮

JR東海がN700Aを導入した一番の大きな理由は、東海地震を想定して、地震発生時の緊急ブレーキ時に制動距離を短縮することが狙いです。

大地震発生時に新幹線が脱線すれば被害が拡大することは目に見えてわかっていることなので、JR東海が次々と新型車を導入し、技術面における安全輸送を追求する姿勢には本当に感心するものがあります。

N700Aの性能は、非常ブレーキ時に700系比で20%、N700系比で10%にまで短縮しており、より安全性が増している車両と言えます。

N700Aの性能は、既存のN700系よりも性能は良いので、本来であればN700系車両をすべて新車のN700Aに置き換えることも可能でした。

しかし、コスト面なのか、既存のN700系を改造して、N700A相当の制動距離を有する状態にすることで、N700Aモドキとして走っているのがスモールAと言うことになります。

したがいまして、N700Aであれば、ラージAでもスモールAでも緊急時の安全性能は同じです。

しかし、車体傾斜装置などの細かい部分においては、やはり新車でN700Aとして登場したラージAの方が優れているようです。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

★ラージAとスモールAを選ぶことはできない

残念ながら、ラージAとスモールAは一体運用をされており、切符を購入する時点で選ぶことはできません。

普通に考えれば、車内の設備に差はありませんし、新幹線の移動中に細かい部分を気にするのはマニアぐらいです。

鉄道を移動手段と考えるのであれば、非常に合理的な運用です。

ただ、私の場合はブログにアップしたいということもあり、ラージAの登場を心待ちにしていました。

新幹線ホームに上がると、そこに待っていたのは紛れもないラージAでした・・・!

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

東海道新幹線 N700A G32編成の外観

のぞみ417号 新大阪行としてホームに停車していたのは、JR東海所属のN700A G32編成です。

正面からの写真です。

運転席の上部に「G32」と書いているのが見えるでしょうか?

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

ラージAであるJR東海所属 N700A G32編成は、臨時のぞみ417号として運転されます。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

真横から見た写真です。

画像の左下にオレンジ色のJRのロゴがあり、JR東海所属車両であることがわかります。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

テールライトです。

ライトの造形がくっきりと見え、見る人が見ればラージAであると一目でわかります。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

東海道新幹線 N700A G32編成の車内

では、東海道新幹線 N700A G32編成の車内を紹介していきます。

車内全体の写真です。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

車両後方から撮影してみました。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

今回予約した席は、11号車の13A席です。

A席は3列シート側の席ですが、車いす対応車両なので、13列と12列は2列シートになっています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

真横から見るとこんな感じであり、直角なイスです。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

リクライニングを全開に倒すと、それなりにゆったりします。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

真横から見るとリクライニングの角度が分かりやすいでしょう。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

N700Aでは、窓側の全席にコンセントが装備されます。

スマートフォンの充電や、パソコン作業に便利です。

なお、N700Sでは、通路側の席にもコンセントが設置されることになるようです。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

N700Aでは、新幹線フリーWiFiを利用できます。

まだ東海道新幹線に少しだけ残っている700系ではフリーWiFiを利用できないので注意してください。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

11号車は車いす対応車両なので、デッキも広めになっています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

手洗いの写真です。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

トイレのドアは電動ドアになっており、ボタンで開閉できます。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

トイレはウォッシュレット付きです。

700系新幹線にはウォッシュレットは装備されていなかったので、N700Aの近代的な車両である側面が垣間見える瞬間です。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

公衆電話も設置されています。

公衆電話の横にはテレフォンカードの販売機もありました。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

東海道新幹線の雑学

東海道新幹線の雑学について紹介します。

この雑学は、のぞみ●●●号に関するものなのですが、ある規則性に基づいて番号が与えられています。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

★のぞみ2桁番台は東海道・山陽新幹線直通車両

のぞみの2桁番台、つまり「のぞみ64号」などは、東京~博多間の東海道・山陽新幹線の直通電車になります。

この2桁番台ののぞみは指定席予約が難しいです。

私の場合、東京~新大阪で予約することが多いのですが、2桁番台ののぞみは、名古屋、京都から乗車される方が多いのか、結構席が埋まっている印象です。

また、新大阪から東京に行く際には、あえて山陽新幹線から来たのぞみは避けます。

直前まで誰かが利用していたことになりますから、同じ乗るなら新大阪始発のほうが気持ちいいですよね。

というわけで、東京~新大阪のみを利用する場合、2桁番台ののぞみは避けて、100番台以外の3桁番台ののぞみを利用するほうがおすすめです。

★100番台ののぞみは博多まで行かない直通列車

のぞみの100番台は、東京~岡山、広島など、博多まで直通しないのぞみを示します。

特に新大阪発で東京に行く場合においては、2桁番台ののぞみと同じく、直前まで誰から使っていた席の可能性があります。

★200番台ののぞみは東海道区間のみ

200番台となるのぞみは、東京~新大阪の東海道新幹線のみを走行するのぞみ号になります。

したがって、新大阪から東京に向かう場合には、100%新大阪始発になります。

基本的に新大阪~東京を利用するなら、200番台、300番台、400番台がお勧めです。

この内の200番台は定期列車であり、毎日運転される定番のダイヤになります。

★300番台、400番台は、東海道区間のぞみの臨時列車

300番台、400番台ののぞみ号は、東京~新大阪間の東海道新幹線区間のみを走る臨時列車を示します。

つまり、毎日走っているダイヤではなく、休日前などで乗客数が増えるときに、200番台で運転される通常ダイヤに加えて、増発している列車ということになります。

新大阪から東京に向かう場合、200番台ののぞみと同じく、新大阪駅が始発駅となる電車になります。

この臨時列車であっても、みどりの窓口でも普通に切符を購入できる列車なのですが、どうも空席が多いような感じです。

希望の指定席を選べなかったら、300番台、400番台の臨時ののぞみを狙うと、意外と席が空いているかもしれません。

ということで、東海道新幹線のみを利用する場合には、200番台、300番台、400番台がお勧めで、特に300番台と400番台ののぞみの臨時列車においては、指定席を確保しやすい傾向があるので、とくにおすすめなのぞみ号となります。

まとめ

ここまで、東海道新幹線 N700A G32編成について紹介してきました。

また、東海道新幹線の雑学についても紹介してきました。

JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記

新幹線車両に関しては、どれも同じ列車に見えても、在来線とは違い、しっかりと編成番号が書かれていたりと、識別しやすくなっています。

頻繁に新幹線を利用する場合、新幹線に乗る前に編成番号を見ておけば、何度かに一度は同じ編成に乗っていることがあるかもしれません。

同じN700Aであっても、特定の編成を見つけると愛着が沸く。

これも、新幹線の楽しみ方の一つと言えるでしょう。

関連記事:試乗日記 記事一覧


ブリュの公式ブログ トップページへ

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻

新着記事10選

2019年 6月 10日
西名阪 香芝SA 下りのたこ焼きと天ぷらそばが美味のグルメなサービスエリア/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 10日
レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT "DIT" spec.B EyeSight 5年目車検の見積額!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 8日
東名阪 御在所SA 下り 吉平ラーメンの半チャンセット/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 8日
新東名 駿河湾沼津SA下り名古屋方面 さかい庵の桜海老と野菜のかき揚げうどん/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 4日
都シティホテル大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)に宿泊しました!少し古さの目立つホテルでした。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 4日
名阪国道 大阪方面の道の駅 いが の天ぷらそば/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 29日
寝台特急 サンライズ瀬戸/サンライズ出雲の寝台料金と個室とシャワールーム・自動販売機などの共用設備の紹介/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 27日
東横イン 大阪船場東に宿泊しました!連泊エコプランがお得です!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 26日
JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 25日
阪急千里線 南千里駅唯一のホテル 南千里クリスタルホテルに宿泊しました!治安面で不安があります。/★ブリュの公式ブログ★


サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.