★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

プリウスE-Fourで雪道を長距離ドライブ!安定感のある走りでした。

プリウスE-Fourで雪道を長距離ドライブしてきました。

冬の北海道 釧路でドライブ。

総距離は120kmになりました。

プリウスE-Fourの雪道での走行安定性と、燃費について紹介します。

訪問者数

プリウスE-Fourで雪道を長距離ドライブ!安定感のある走りでした。

いつもブリュの公式ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は以下の流れで、プリウスE-Fourの雪道での走行安定性と燃費について紹介します。

1.プリウスE-Fourのスペック
2.プリウスE-Fourの雪道での走行安定性能
3.プリウスE-Fourの運転のしやすさ
4.プリウスE-Fourの加速性能
5.プリウスE-Fourのブレーキ性能
6.プリウスE-Fourのエクステリアデザイン
7.プリウスE-Fourのインテリアデザイン
8.プリウスE-Fourで感じた不具合について
9.おまけ:摩周湖に行ってきた
10.まとめ

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourのスペック

はじめに、プリウスE-Fourのスペックについて紹介します。

プリウス E-Four

直列エンジン4気筒 1.8L ハイブリッド

エンジン最高出力:72kW(98PS)/5200rpm
エンジン最大トルク:142Nm(14.5kgf・m)/3600rpm

モーター最高出力;53kW(72PS)
モーター最大トルク163Nm(14.6kgf・m)

トランスミッション:電気式無段変速機

駆動方式:電気式四輪駆動(E-Four)

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスの四輪駆動は、機械的な四輪駆動ではなく、電気的な四輪駆動となります。

フロントは、FFモデルと同様、エンジンとモーターにより駆動します。

E-Fourモデルでは、これに加えてリアをモーターで駆動します。

一般的には、機械的な四輪駆動よりも、電気式四輪駆動は限界的な性能で劣るとされていますが、日常的な雪道程度では何も問題がないようです。

スタッドレスタイヤは、GOODYEARのICE NAVI6です。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourの雪道での走行安定性能

プリウスで雪道を走り始めて感じたのが、想像以上に安定感があったことです。

氷の張った部分になっても、特に不安定になることもなく、何もなかったように走れました。

一番過酷と思われる凍結路面での発進の際も、滑ることなく自然に走り出しました。

したがって、プリウスE-Fourの四輪駆動システムは、雪道および凍結路面においても十分な性能であるといえます。

ただし、やはりシャーベット状になって盛り上がった雪の部分では、横に流れたり、空転感がある場面がありました。

プリウスE-Fourの場合には、凍結路面よりも、こうしたシャーベット状の路面でスタックするような状態になると、一気に不安定になるのかもしれません。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourの運転のしやすさ

次に、プリウスE-Fourの運転のしやすさについてです。

ここでは、車両サイズや視界に重点を置いて書いていきます。

プリウスの一番の魅力は、後方の視界が非常にいいことです。

リアウィンドウの大きさがそのメリットを生み出しています。

私のドライビングポジションからルームミラーを映した時の後方視界です。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

写真のように、後方視界は非常にいいです。

プリウスの外見的なデザインからは想像もつかない後方視界の広さとなっています。

ここまで広い後方視界があれば、運転中の後方の死角も小さくなるので、安全に走れると思います。

次に前方視界についてです。

セダンタイプの車に乗る上で一番気になるのが、ボンネットの長さでしょう。

プリウスの場合、ボンネット自体は短い方なのですが、上の写真からもわかるように、運転席からはボンネットがほぼ見えません。

そのため、慣れるまでは運転しにくいかもしれませんね。

車両の横幅については、慣れれば特に問題ないでしょう。

プリウスE-Fourの加速性能

次に、プリウスE-Fourの加速性能について書いていきます。

まず感じたのが、アクセルペダルが重いことです。

自然とアクセルを踏む量が少なくなり、低燃費を促すためでしょうか。

走っていて一番気になったのが、エンジンの空転感です。

以前に1000ccのヴィッツでドライブしたこともあるのですが、その時と同じような空転感がありました。

エンジン回転数が上昇し、あとから速度がついていくような感じです。

ヴィッツの場合、エンジンが小さいのでパワーが足りずエンジン回転数が上昇しているものと思いましたが、プリウスでも同じような挙動となれば、考え方も変わってきます。

こうしたフィーリングの原因として、よく「CVTだから」と言われますが、スバルのCVTの場合にはこのような感じはありませんので、トヨタ特有の味付けということなのでしょう。

結局フィーリングについては、何がいいというよりも好みの問題です。

私個人の場合、加速より先にエンジンだけが先走って回るので、アクセルの踏んだ量に対してどの程度の加速になるのかが判断しにくいです。

初めて乗ったときには、アクセルワークが難しく感じるでしょう。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourのブレーキ

プリウスE-Fourのブレーキは非常に良かったです。

ハイブリッド車特有の、ブレーキペダルがスイッチになっているような感覚が全くありませんでした。

以前に試乗したスカイラインハイブリッドは、ブレーキペダルが軽く、ストロークが長いペダルでした。

ブレーキを深く踏んでも、ブレーキの重みが一定なので、なんだかブレーキを調整するだけのスイッチのような感覚になり、この違和感のあるブレーキこそが、ハイブリッドカーの弱点だろうと思っていました。

プリウスの場合には、こうしたスイッチ感がなく、踏み込めばしっかりと作動する安心感のあるブレーキです。

プリウスはハイブリッドカーなので、ディスクブレーキと回生ブレーキを併用することになるので、違和感を感じるかもしれないという方がおられるようですが、その心配は全くないといえますね。

完成度の高いブレーキだと思います。

プリウスのフロントブレーキです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスのリアブレーキです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourの乗り心地

プリウスE-Fourの乗り心地についてです。

シートについてはサイドのサポートが弱いと思いました。

もう少しホールド性があってもいいかなという感じです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

走行音自体はとても静かです。

エンジンが回っていても停止していても差は感じず、静粛性についてはかなり優れています。

残念だった点は、路面があれた時に足回りからこもった音がすることです

耳に蓋をされるような振動音だったので、この点については要改善なポイントがしますね。

中途半端に足回りの音を抑えるぐらいだったら、いっそのことゴリゴリゴリ・・・とか、ゴロゴロゴロ・・・とか、もっとキレのあるすっきりとした音なら不快感もなかったと思います。

プリウスはツーリングセレクションなどのモデルもあり、GTカー的な用途も考慮しているわけですから、無理やり音を抑え込むぐらいなら、こうした選択肢もありだと思います。

プリウスのフロントの足回りです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスのリアの足回りです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourのエクステリアデザイン

プリウスE-Fourのエクステリアデザインを見ていきます。

なかなか賛否両論のあるエクステリアデザインとなっています。

まずはフロントデザインからです。

デビュー当時はパンチのあるデザインでしたが、街中でも見かけるようになり、だんだん普通になってきました。

そのため、プリウスに乗りたいけど目立ちたくない・・・!という方であっても、そこまで気にせず乗れるのではないかと思います。

フロントをよく見ていると、なんとなくC-HRに似ています。

C-HR自体がプリウスをベースとしているので、どこか雰囲気は似ているのでしょう。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

ちょっと斜めから見ると、塊感のあるデザインだと思います。

鉄球というか、芯の硬さを感じるデザインです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

リアデザインも特徴的なデザインですが、デザインの中に窓を隠すことで、デザインからは想像もつかないリアの視界があります。

視界を確保することは安全上重要なことですし、その視界確保とデザインを両立させたのが、このプリウスのデザインということなのでしょう。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourのインテリアデザイン

プリウスE-Fourのインテリアデザインを見ていきます。

メーター類は写真のようになっています。

エンジンの回転計が装備されないのが寂しいですが、かわりにバッテリーの残量系が表示されます。

大体半分程度になるように維持されている感じでした。

下り坂でエンジンブレーキを多用すると、すぐにバッテリーが満タンになりました。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

コンソールにはカップホルダーもあります。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

後部座席については狭いかもしれないです。

ドライバーのドライビングポジション次第のこともあるでしょうが、助手席の人がくつろいでいると後部座席は苦しいかもしれないです。

この点においては、プリウスの全長が短いので、どうにもならない部分だとは思いますが・・・

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

トランクルームの広さはこんな感じです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

トランクルームは、後部座席を倒すとフラットな空間ができます。

プリウスの場合、写真のようにフラットな空間を作れば、セダンボディでありながらも車中泊もできるでしょう。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

プリウスE-Fourの燃費

プリウスの車内の燃費系では、21.2km/Lとなっていました。

かなり燃費がいいです。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

走行距離は114.4km、燃料消費は4.80Lでした。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

ここから計算すると、23.8km/Lです。

メーター内の燃費はかなり厳しめに表示されているのかもしれません。

プリウスE-Fourで感じた不具合について

プリウスE-Fourでドライブ中に、気になる部分がありました。

不具合ではないのなら問題ないのですが、普通に考えるとおかしい挙動です。

摩周湖からの帰り道の下り坂で、Bレンジにしてエンジンブレーキを使用していました。

回生ブレーキだけではなく、エンジンも回りながらブレーキが掛かっている状態で、フットブレーキは踏んでいませんでした。

その時に、突然エンジンがうなりだしました。

フットブレーキで減速しても、どんどんどんどんうるさくなっていきました。

回転計がないので回転数までは不明ですが、かなりうなったので相当な回転数だったと思います。

さすがにヤバい感じだったので、フットブレーキで路肩に停車とエンジンの唸りは収まりました。

ハイブリッドカーの制御は複雑なので、内部でどういった制御がされいるのかは分かりませんが、違和感のあるシーンでしたので、購入を考えている場合にはディーラーで聞いてみてください。

もしディーラーが正常だというのなら問題ないでしょう。

大昔は、スバルでアクセルペダルが戻らない不具合もあったので、そういった類の不具合でなければいいのですが。

ハイブリッドカーの制御は複雑に絡み合ったブラックボックスなので、乗っているときにはどんな制御が行われているのかわからない部分が怖いところです。

おまけ:摩周湖に行ってきた

プリウスとは関係ないことですが、摩周湖に行ってきました。

摩周湖の第一展望台付近は凍結路面もあり、プリウスの雪道性能を試せたのではないかと思います。

そして肝心の摩周湖はというと、雪に覆われて真っ白でした。

夏とは一味違った雰囲気を楽しませてくれました。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

まとめ

今回は、プリウスE-Fourを雪道ドライブしてきました。

トヨタ プリウスE-Fourを雪道ドライブ

冬の釧路で、雪道、凍結路面、シャーベット状の路面などがありましたが、特に問題なく走れました。

したがって、プリウスE-Fourは、雪道でも安心して走れるのではないかと思います。

加速性能については、エンジンの空転感が気になりましたが、ヴィッツでも同様の感覚があったので、トヨタ独自の味付けなのでしょう。

ブレーキについては申し分なかったです。

それ以外のプリウスの魅力は後方視界の広さです。

プリウス以上に後方視界の開けているクルマは存在しないのではないでしょうか?

以上、プリウスE-Fourの雪道ドライブについて、参考になれば幸いです。

関連記事:クルマの性能評価 記事一覧


ブリュの公式ブログ トップページへ

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻

新着記事10選

2019年 6月 10日
西名阪 香芝SA 下りのたこ焼きと天ぷらそばが美味のグルメなサービスエリア/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 10日
レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT "DIT" spec.B EyeSight 5年目車検の見積額!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 8日
東名阪 御在所SA 下り 吉平ラーメンの半チャンセット/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 8日
新東名 駿河湾沼津SA下り名古屋方面 さかい庵の桜海老と野菜のかき揚げうどん/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 4日
都シティホテル大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)に宿泊しました!少し古さの目立つホテルでした。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 6月 4日
名阪国道 大阪方面の道の駅 いが の天ぷらそば/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 29日
寝台特急 サンライズ瀬戸/サンライズ出雲の寝台料金と個室とシャワールーム・自動販売機などの共用設備の紹介/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 27日
東横イン 大阪船場東に宿泊しました!連泊エコプランがお得です!/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 26日
JR東海 東海道新幹線 N700A G32編成 のぞみ417号 新大阪行 乗車体験&車内観察記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 5月 25日
阪急千里線 南千里駅唯一のホテル 南千里クリスタルホテルに宿泊しました!治安面で不安があります。/★ブリュの公式ブログ★


サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.