★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較

トヨタを代表するセダン、
クラウンアスリート3.5L
マークX3.5L
トヨタのFRスポーツセダンの代表マークXと、
クラウンとしての高級感とスポーツ性能を併せ持つクラウンアスリート。
スポーツセダンという共通点を持つこの2車種。
どっちが速いか数値計算で決着をつけようじゃないか!

訪問者数

クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較

いろいろと似ているクラウンとマークX。
クラウンはロイヤルが快適性を、アスリートがスポーツ性を持つセダンとして販売。
一方、マークXはG'sも出てきて、スポーツセダンとしてホットなモデルとなっています。
いろいろと似ているこの2車種。
その加速特性の違いを数値計算で検証していきましょう!

今回は、エンジン性能曲線のプロットと、車速に対して発揮しうる馬力をグラフ化します!

検索から来られた方は、
1:概要
2:常用域での加速特性

もご覧ください!

フォレスター

スポンサーリンク

クラウンアスリートのエンジン性能をプロット

代表点を決めます。

まずはアスリート。
フォレスター

クラウンアスリートのエンジンの性能曲線(再掲)
フォレスター

トルク曲線から先に求めます。
エンジン性能は、315PS/6400rpm,377Nm/4800rpmと明記されているので、
4800rpmのトルクは明確かつ、トルク曲線の頂点になる。
6400rpmの馬力が明記されているため、逆演算でトルクが決定できる。
その他、トルク曲線の節になっている部分の回転数とトルクを読み取ると、
選ばれた代表点は、
300Nm/1000rpm
370Nm/2400rpm
350Nm/4000rpm
377Nm/4800rpm
360Nm/6000rpm
232kW/6400rpm
となります。
この数値間は、直線近似します。
得られたトルク曲線から、馬力曲線は簡単に得られます。

結果が、
フォレスター

マークX3.5Lのエンジン性能をプロット

次にマークX。
フォレスター

マークXのエンジン性能曲線(再掲)
フォレスター

マークXでも同じことです。
250Nm/1000rpm
350Nm/2000rpm
350Nm/2500rpm
330Nm/3700rpm
380Nm/4800rpm
370Nm/6000rpm
234kW/6400rpm
335Nm/6600rpm
となります。

結果が、
フォレスター

手順1:車速に対する馬力特性

この数値計算の最終目標は、車速に対する馬力特性を導き、その結果から、車速に対する加速度レベルをグラフにします。
エンジン回転数,ギア比,タイヤサイズから、車速が特定できます。
その車速でのエンジン回転数から、発揮している馬力が特定でき、その時の加速力が分かるわけですね。

アスリートの車速に対する馬力特性を見るとこうなります。
フォレスター

次に、マークXの車速に対する馬力特性です。

フォレスター

加速度レベルのグラフを作成

次回は加速度レベルのグラフを作成します。

次回
その4:加速度レベルのグラフ

前の記事:クラウン3.5LとマークX3.5Lの加速特性比較(その2:常用域での加速特性)

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.