★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

S660に秘められた真の性能を評価

ホンダの「軽スポーツ」として世に送り出した新型車S660。

S660に秘められた真の能力を示し、同時に最速シフトアップタイミングについて考察する。

訪問者数

S660に秘められた真の性能

ホンダが「軽スポーツ」として世に送り出したS660。

小さい車体に、開発者の思いが凝縮された1台だと思っています。

S660に秘められた真の能力を示し、最速で走ることができるシフトアップタイミングを考察します。

S660

S660のスペック

エンジン
直列3気筒ターボ
64PS/6000rpm
104Nm/2600rpm

S660

車重:830kg
これよりパワーウェイトレシオは、
12.96875[kg/PS]

トランスミッション
今回の記事で注目する6MTの変速比です。
1速:3.571
2速:2.227
3速:1.529
4速:1.150
5速:0.869
6速:0.686
最終減速比:4.875

参考までに、CVT車の減速比も書いておきます。
CVT減速比:3.152~0.577
最終減速比:5.176

S660

S660基本情報

エンジンはミッドシップレイアウト

S660

特徴的なエンジン性能曲線
5000rpm手前から7700rpmまでほぼフラットに最高出力を発揮し続けるエンジン。

S660

本記事の着眼点

何と言っても、
新設計ターボチャージャー採用
高回転型660cc DOHCエンジン

MT車はCVT車に比べて、レブリミットを7000rpmから7700rpmにアップしている。
しかも、最高出力64PSを保ったまま。
この高回転化には何か意味があるに違いない。
それを考えることに開発者の頭脳を読む面白さがある。
限りなく開発者の考えにたどり着いたとき、それが性能評価の醍醐味なのだ。
その考えをベースに性能評価をしていく。 S660

性能曲線をエクセルで再現

フォレスターの時と同様、まずは準備としてエクセルに性能曲線を写していく。
出来るだけ正確に。

代表点を、
1000rpm 60Nm
2000rpm 103Nm
4000rpm 102Nm
5000rpm 47kW
としてプロットし、これらの点の間を直線近似して描いたグラフが、こちら。

S660

車速に対する馬力曲線を見る。

フォレスターの時とは、評価方法を変えてみます。
回転数に対して、車速は簡単に求まります。

フォレスター エクセルプロット

ここでの減速比とは、トランスミッションでの減速比と、最終減速比の積です。
これより、馬力曲線の横軸を、エンジン回転数から車速に変換します。
するとどうなるか・・・

S660の美しき性能曲線

フォレスター エクセルプロット
見事にフラットな馬力曲線が描けます。
軽自動車は、最高出力は64PSまでしか発揮できないようにきめられています。
また、クルマはエンジン回転数が変化すれば、馬力も変化するため、多段変速では、常に最高出力を発揮できているわけではありません。
※だからCVT(無段変速機)が存在するわけです。

S660の場合はどうでしょう?
見事に64PSが発揮され続けます。
MT車のレブリミットが、CVT車の7000rpmから7700rpmに引き上げられたことが大きな要因です。
うまくシフトアップすれば、
すなわち、レブリミットに当ててから電光石火の変速をすれば、
軽自動車における最高出力64PSで加速し続けることができる。
また、CVTとは違い、MTであるので、伝達効率の高さも光る。

S660軽自動車最速の証明

レブリミットの高さと、トランスミッションのギア比が絶妙!
それにより・・・
理由1:最高出力を発揮し続けることができる。
理由2:MTであることの伝達効率の高さ

これらの理由により、電光石火のMT変速が可能な場合は、S660の真の能力を引き出すことができる!ことが示されました。

あとは、運転技術を磨きましょう!
性能を出せるかは乗り手次第です。

S660対普通乗用

S660のパワ-ウェイトレシオは12.96875[kg/PS]
そして、解析結果から、
このパワ-ウェイトレシオを維持したまま加速できるMT車である。
では、軽自動車で実現しうる最高パフォーマンスを持つS660で、普通乗用車に挑みましょう!

ヴィッツRS 5MT

ヴィッツRS 5MT
まずはヴィッツRSです。
ヴィッツRSは、トヨタのコンパクトスポーツカーとしてヴィッツRS G'sのベース車両となっている。
隠れたホットハッチと言えるモデルでしょう。
フォレスター エクセルプロット
直列エンジン4気筒1.5L
109PS/6000rpm
138Nm/4400rpm
1295kg(最軽量モデル)
5MT
パワーウェイトレシオは、12.5728[kg/PS]
パワーウェイトレシオでは、僅差でヴィッツRSが上回ります。
エンジン性能曲線が公開されていないので分かりませんが、
もし、馬力曲線が山なりになっていれば、
このパワーウェイトレシオを実現できるのは、6000rpmである一瞬のみ。
そうなれば、加速力自体はS660の方が優れることになります。
実質的に加速力自体はS660の方が良いと推測できます。

旋回性は、
S660 MR 830kg
ヴィッツRS FF 1295kg
エンジン単体の重心高は、どちらも直列エンジンなので、変わらない。
となると、
軽量なのはS660。
前後重量配分が良いのはMRのS660。
前輪の負担は、前輪に駆動力が掛からないS660の方少ない。
これらより、S660の方が、旋回性はよいと思われます。

→ドライバーの力量が同じなら、S660の方が速い。

さらに言えるのが、トヨタの1.5Lエンジンを積んでるクルマと比較しても、速いということ。
例えばアリオンやプレミオも1.5Lエンジンはありますが、
ヴィッツと比較して、エンジンそのまま車体が大きくなり車重が増える、
そして車幅は同じなため、踏ん張りも変わらない。
つまり、走行性能はアリオンやプレミオよりヴィッツの方が優れます。
ということは、ヴィッツより速いS660は、これら2車種より速いということも導けますね。

スイフトXG 5MT

スイフトXG 5MT
おなじみのスイフトスポーツのベース車両。
ただし、今回の比較対象は1.3Lモデル。
フォレスター エクセルプロット
直列エンジン4気筒1.3L
91PS/6000rpm
118Nm/4800rpm
960kg(最軽量モデル)
5MT
パワ-ウェイトレシオは、10.5495[kg/PS]

こちらもエンジン性能曲線が公開されていません。
パワーウェイトレシオでは、スイフトが優れます。
試料が少なすぎて断言は出来ませんが、直線加速ではいい勝負じゃないかと思います。
旋回性は、
S660 MR 830kg
スイフトXG FF 960kg
130kg軽量で、駆動方式もMRとFFの差があるので、
完全にS660が有利と言えるでしょう。
たかが130kgかも知れませんが、元の車重が軽いので、
130/960×100=13[%]軽量と言うことになります。
かなりの差ですね。

→トータルで見ればかなりいい勝負!?

ここで面白いことが分かりました。

んっ!?
もしかしたら、ヴィッツRS 1.5Lより、スイフトXG 1.3Lの方が速いのか!?

まとめ

ここまで、S660の加速性能について考えてきました。

S660

MTモデルのS660であれば、軽自動車の出力規制の64馬力を維持して加速できるので、理想的なパワートレインであるといえます。

カテゴリ:クルマの性能評価


ブリュの公式ブログ トップページへ

目 次
観光スポット3選

・富山県 五箇山
岩魚がおいしい!
道の駅 上平

・北海道 川湯温泉
日本トップクラスの温泉!
KKRかわゆ

・北海道 利尻島
鉄分の多い茶色い温泉
ホテル 利尻

新着記事10選

2019年 4月 20日
廃車寸前の東海道新幹線700系(JR東海所属 C52編成 )乗車体験記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 15日
引退間近の東海道新幹線700系の臨時のぞみ329号(東京~新大阪)乗車体験記/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 13日
SUBARU GT300 R&D SPORTの展示車を見てきた!@東京恵比寿SUBARU STAR SQUARE/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 11日
歴代レガシィとアテンザの比較。レガシィ B4国内生産終了でアテンザターボがレガシィを超える瞬間。/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 9日
ブリュの公式ブログの仕様変更 自動で最新記事一覧を生成するようにしました/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 9日
TOP Page/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 8日
新型スープラはトヨタの挑戦状!レクサスはBMWより格上になる?/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 7日
新型スープラと86/BRZの重心の低さと性能比較と評価。本当にスープラは86/BRZより性能がいいのか?/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 6日
トランスミッションでギア比が大きいとトルクが増幅する物理的仕組みと計算法/★ブリュの公式ブログ★

2019年 4月 2日
紋別プリンスホテルに宿泊しました。天然温泉と改装工事後の綺麗なお部屋が魅力です!/★ブリュの公式ブログ★


サイト内リンク

1.トップページ:ブリュの公式ブログのトップページです。
2.愛車紹介:愛車のレガシィ"DIT"の紹介です。
3.クルマの性能評価:数値計算による性能評価で可視化します。
4.旅ブログ:ホテル、SA、PAを紹介します。
5.試乗日記:試乗した車の感想をまとめています。
6.サイト運営ブログ:インターネット技術に関するカテゴリです。
7.YouTube動画:チャンネル登録お願いします!
8.オリジナルゲーム:オリジナルのブラウザゲームです。
9.更新履歴:最新記事はこちらから。


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.