函館朝市 高田屋 約4万円のタラバガニの紹介・・・!(お刺身・焼きがに)

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.comにお越しいただきまして、ありがとうございます。

今回は、函館朝市のお店 高田屋について紹介します。

高田屋は、お土産 兼 飲食店です。

飲食店では、通常メニューのほか、店頭で販売している海水で泳いでいる海産物をその場で調理してくれるお店。

今回は、店頭の海水の中にいた、なんとなく気になったタラバガニを指名して、

  • お刺身
  • 焼きがに

に調理してもらいました。

タラバガニの単価は1200円/100g(税抜き)で、選んだのが3kgでした。

結局、税込み39,600円のランチになりました・・・!

北海道らしい、行く価値のあるお店だなと思いました。

あの、やっぱり何かと豪快なんですよね・・・(笑)

スポンサーリンク

函館朝市 高田屋の紹介

函館朝市の高田屋について紹介します。

高田屋は、お土産屋と飲食店を両方運営しているお店です。

下の写真でもタラバガニがいますが、まさに目の前の海産物を選んで、その場で調理してくれるお店なんですね。

タラバガニ以外にも、イカや貝類も、同様に調理してくれます。

こちらがお食事処。

タラバガニ以外にもホタテもいますね。

店内にも海水を引き込んでいます。

こちらのタラバガニは、外の展示よりも小ぶりでした。

こんなサイズ感。

何かといろいろ揃ってます。

タラバガニ 1匹(3kg)の料理

選んだのが、外にいたタラバガニ。

なんか一番元気そうだったので指名しました(笑)

3kgのタラバガニでした。

なかなかの迫力。

ふんどしが三角なので、オスのタラバガニです。

※タラバガニを選ぶときには、オスを選んでください。

店内でももう一回写真撮影。

ちなみに、下の写真で赤丸で囲んだ部分のトゲが6本なら、本物のタラバガニです。

※業界用語で「本タラバ」というそうです。

6本でなければ、アブラガニ(アブラタラバ)です。

函館では見たことはないですが、一部ではアブラガニをタラバガニとして販売しているお店があるらしいので、購入の際には注意してください。

お刺身

6本の脚はお刺身になりました。

身はプリプリでしたね。

ズワイガニと違って、繊維っぽい感じで筋肉質でした。

それと太い・・・(笑)

殻からきれいに身がはがれています。

やっぱり鮮度がいいと違うんですね。

このサイズ感。

焼きがに

甲羅とハサミは 焼きがに になりました。

少しバターが入っています。

香ばしさとパターの香り、そしてカニの甘さが程よくまっざっていておいしかったです。

函館朝市 高田屋のメニュー

函館朝市 高田屋の通常メニューです。

まとめ

ここまで、函館朝市 高田屋のタラバガニについて紹介してきました。

総合的にですが、しばらく「かに はもういい・・・」ってなるぐらいの量でした。

北海道を味覚で満喫できるので、北海道旅行の際には、北海道新幹線の玄関口、函館で1日遊んでいくといいと思います。

以上、函館朝市 高田屋のタラバガニについて、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする