★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

フォレスター280馬力の理由(考察編その1)

フォレスターXTは280馬力,レガシィDITは300馬力
同じエンジンなのに何が違うか?
加速力,燃費などを評価する。

訪問者数

フォレスター280馬力の理由 考察編

後編記事の最後の考察部分を簡単にまとめていたのですが、
細かい部分説明も含めて、新たに書きました。

検索から来られた方は、
フォレスター280馬力の理由(前編)
フォレスター280馬力の理由(後編)
もご覧ください。

フォレスターtS

スポンサーリンク

これまでの性能解析のまとめ

今から、フォレスター280馬力の理由(前編)(後編)で書いていた内容を簡単にまとめます。
詳細は各記事をご覧ください。
フォレスター280馬力の理由(前編)
フォレスター280馬力の理由(後編)

フォレスターtS

おさらい
300馬力のDITエンジン・・・なぜフォレスターは280馬力?

(前編)(後編)では、この理由について、解析を行いました。
事前知識として、フォレスターはリニアトロニック入力前に、1.129の減速が入ります。
これは、スペックから分かることです。

280馬力であることの大きな理由は、
@リニアトロニックの許容トルクの影響
これは、フォレスターの最大トルク、350Nmとリニアトロニック入力前の減速比分1.129の積、
すなわち、350×1.129=395.15Nmがリニアトロニックに入力されるという話。
「許容トルク400Nmのリニアトロニックをフル活用してます。」って結論でした。

A加速力アップ
馬力が落ちて、なぜ加速が良くなるのか?
リニアトロニック入力「直前」を基準として、性能曲線を描き替えました。

・・・今回は、「A加速力アップ」ついて、詳しく考察を書きたいと思います。

再掲:リニアトロニック入力直前の性能曲線

フォレスター エクセルプロット
1000-4000rpmの拡大が、
フォレスター エクセルプロット

理由1:駆動系が、フォレスター=レガシィなら?

グラフを見る限り同一回転数では、微妙にフォレスターの方が高馬力が出てますね。

もし、フォレスターとレガシィの駆動系が同じ。
つまりフォレスターが300馬力を発揮し、1.129の減速がなかったらどうなるでしょう?

この場合、加速性能に決定的なのはタイヤサイズ。
タイヤサイズはフォレスター>レガシィです。

タイヤ外径は、
レガシィDIT 659mm
フォレスターXT 704mm
路面とタイヤのギア比に置き換えれば、およそフォレスターは1.057重い。
この1.057だけ重い(=加速が悪い)のを低回転域でのパワー差で補っていると考えられます。

レガシィ 2.0GT DIT spec.B EyeSight

タイヤサイズ差を補うチューニング

なぜタイヤサイズが大きいと、加速が悪くなるか?
詳しくは今後記事を追加しますのでお楽しみに。

直感的には、タイヤが静止状態の時、ホイールにトルクTが加わると、
路面とタイヤの摩擦力Fは、タイヤ半径をRとして、
T=F×R
→F=T÷R
このFが推進力になるので、タイヤ半径Rが大きいと同じトルクでも加速が悪い。
正確な話は、記事を追加します。

280馬力の理由@
レガシィと同じパワートレインでは、タイヤ半径が大きいことから、タイヤと路面の摩擦力が小さくなり、加速が悪くなる。

その影響を等価的に低速トルクの太いエンジンにして打ち消している。
この低回転域で若干馬力が高いのが、タイヤの差を打ち消していると言えます。

まだ続きます。

フォレスター280馬力の理由(考察編その2)

目 次
新着記事10選
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.