★ブリュの公式ブログ★

クルマや観光スポットを紹介するブログ。
愛車はレガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT spec.B EyeSight
エンジンスペックは、
300PS/5600rpm
400Nm/2000-4800rpm
最終型ツーリングワゴン
最終型ターボモデル
歴代最高エンジンスペック
最後の特別仕様車

アウディA6 Avantを見てきました。
(1.エンジンについて)

前から気になっていたアウディA6を見てきました!
ディーラーで黒光りするアウディA6に実際に触れて、感じたことをまとめました。

訪問者数

アウディ A6 Avantを見てきました!

前から気になっていたAudi A6 Avantを見てきました!
ディーラーで黒光りするアウディA6に実際に触れて、
感じたことをまとめました。

内外装やエンジンなど、豊富な写真で紹介します!

第一話となる今回は、エンジンについて詳しく見ていきます!

Audi A6

スポンサーリンク

Audi A6 Avant基本情報

エンジンとしては、

1.8 TFSI
直列エンジン4気筒 1.8Lターボ
最高出力:190PS/4,200-6,200rpm
最大トルク:320/1,400-4,100rpm

アウディA6で一番小さいエンジンになります。

2.0TFSI
直列エンジン4気筒 2.0Lターボ
最高出力:252PS/5,000-6,000rpm
最大トルク:370Nm/1,600-4,500rpm

アウディA6の2.0L ターボエンジン。
エンジン出力が252PSと控えめな理由は後述です。

3.0TFSI V6 3.0L スーパーチャージャー
最高出力:333/5,500-6,500rpm
最大トルク:440Nm/2,900-5,300rpm

3.0Lという大排気量ながらさらにスーパーチャージャーによる過給と、
低回転から図太い低速トルクを発揮するエンジンです。

今回紹介するのは展示車の
Audi A6 Avant 2.0TFSI quattroです。
Audi A6

エンジン

アウディのエンジンは比較的前方にあります。
位置としては直4エンジンの最後尾のシリンダーがフロントドライブシャフト上に乗る程度の位置です。
前側3気筒はオーバーハングになります。
※BMWなどは前後重量配分が50:50を狙うのでエンジンが比較的後方にあります。

エンジンとしては2.0Lターボで252PSというちょっと控えめな出力ですね。
このことについて聞いてみたら、
「燃費との兼ね合いで出力を決定している。」
ということでした。
A4 の試乗の時に感じたことから考察すれば、
自分なりの答えとしては、
「ターボ感を消し、大排気量を演出するため」だと思いますね。
A4 1.4TFSIの試乗では、レガシィターボのような荒々しさが感じられませんでした。
まるで大排気量NAの様な走り。
もちろん踏み込めばレガシィの方が速いでしょう。
パワーを出すターボがレガシィとなりますが、
大排気量NAを小排気量ターボで置き換えるダウンサイジングターボの観点で見れば、
アウディのターボになるのかなぁと思います。

乗り比べたら一発でわかるぐらいの差でした。

小型タービンにすれば過給能力は劣り最大加速力は落ちますが、
タービンの慣性モーメントが小さくなるのでターボラグが小さくなります。
すると低回転からターボが効くようになり、ターボ感が消え、大排気量エンジンの乗り味を演出できます。

Audi A6

次回へ

次回はブレーキについて。
2.ブレーキについて

関連記事:試乗日記 記事一覧

↓シェアしていただけたら嬉しいです!↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュの公式ブログ おすすめ記事


Copyright © 2015- brionac-yu-yake.com/ All Rights Reserved.